アジサイ:栽培、手入れ、開花方法

アジサイ:栽培、手入れ、開花方法

私たちの植物を育てて世話をする方法

あじさい

アジサイには、アジアの東部地域とヒマラヤ山脈だけでなく、南北アメリカにも自生し、特に広まっている、ずんぐりした木質の登山種が含まれます。

植物学的分類

王国

:

植物

クレード

:被子植物

クレード

:真正双子類

注文

:

ミズキ目

家族

:

アジサイ科

種類

:

あじさい

:「主な種」の段落を参照してください

一般的な特性

の名前であじさい 属に属するすべての植物が含まれています あじさい との家族にアジサイ科、アジアの東部地域とヒマラヤ山脈だけでなく、南北アメリカにも自生し、特に広まっている、ずんぐりした木質の登山種が見られます。

彼らには神々がいます ドラム 歯のある葉または葉のある葉で丈夫です。インクルード ほとんどの種では、それらは反対であり、各ノードに3つあります フラワーズ、 円錐花序または円錐花序と呼ばれる多かれ少なかれ球形の花序に集まって、それらは主に不稔性の花、特に外側の花を運び、それらは大きくて花びらのようながく片に置き換えられ、他の花の部分は打ち切られます。 花序 アジサイは、白から赤、ピンク、藤色、青、紫のさまざまな色合いまで、さまざまな色にすることができます。 部分的には植物の遺伝的遺産によって決定され(一部の品種は赤またはピンクのみ)、部分的にはそれらが成長する土壌の種類に依存します:酸反応性土壌では青紫色になりますが、アルカリ性土壌ではピンクやライラックになります。

主なアジサイの種

約40種あります あじさい その中で私たちは覚えています

あじさいオルテンシス

とも呼ばれている

アジサイマクロフィラ

または

あじさいオプロイデス

L 'あじさい装具 観葉植物として最も栽培されている種です。それは、歯のある縁のある大きな落葉性の葉を持つ半ずんぐりした植物です。この種から、春から夏に咲く赤からピンク、青、白までさまざまな色合いの花で多くの品種が得られました。

花は花序で集められますが、それどころか、大きくてさまざまな色のがく片を持つ萼片では、不稔で取るに足らないものです。

この属の品種は2つのグループに分けられます:

  • オルテンシアグループ:大きな球状の花序(花序)があり、非常に派手で、直径が20 cmです(上の写真)。
  • レースキャップグループ:整形式の花に囲まれた未開花の中央グループによって形成されたわずかに平らな花序(花序)(下の写真)。

ノリウツギ

L 'ノリウツギ それは、白またはピンクの花と歯のある縁のある鋭い葉を持つ、ずんぐりした、素朴な、中程度の高さの種です。

7月から開花し、ほぼピラミッド型の穂花序を生み、高さ6メートルに達する低木です。

アジサイQUERCIFOLIA

L 'カシワバアジサイ 高さ1メートル強の低木で、下側にビロードのような赤みがかった葉があります。

穂に集まった花は、最初は白く、ピンクになります-成熟すると赤くなります。

あじさいサルゲンティアナ

L 'あじさいsargentiana それは高さ3メートルに達することができる直立した低木です。

夏に咲く種で、肥沃なライラックの花と​​不稔の白い花があり、平らな花序を生みます。葉は上ページが美しい濃い緑色、下ページが薄緑色です。葉も枝も厚手のダウンで覆われています。

アジサイ樹木園

L 'アジサイarborescens それは大きな卵形-披針形の葉を持つ低木です。

それは7月から始まる大きな白い花序を生成します。

文化的手法

アジサイは多年生の低木で、冬に脱落し、春の3月上旬に再び植生を始めます。それは4月に開花し、アパートでは、かなり明るい場所(ただし直射日光にさらされない)に置かれ、涼しく(温度が16〜18°Cを超えてはならない)、開花が6〜8週間続くことがあります。開花が止まるので)同時に、豊富な水を与えられるので、土壌は常に湿ったままです。

これらの予防策にもかかわらず、私たちがアパートに保管している場合、アジサイの植物を数年連続で再び開花させることは非常に困難です。最良の解決策は、最適な温度と湿度の条件が守られていない場合、アジサイが枯れ始めるときに庭またはテラスの大きなプランターに移植することです。これは通常2〜3週間後に発生します。

ウォーターホース

春夏の時期には、あじさいの水やりが豊富で頻繁に行われる必要があります。そのため、基質は常に湿気があります(ただし、浸さないでください)。

また、葉に頻繁に(石灰質でない水を)噴霧して、植物に適した湿気の多い環境を作ることをお勧めしますが、過度の湿気はカビや寄生虫の発生を助長する可能性があることに注意してください。

肥料のホルテンス

春夏には、灌漑用水に液体肥料を加えて、週に一度アジサイに肥料を与えることをお勧めします。

あじさいは、カリウムを大量に取り除く植物です。 N:PK(窒素:リン:カリウム)の年間除去率は平均して1:0.7:2.3であると計算されているため、この規則に従う肥料、つまりカリウムの高力価を配布することをお勧めします。

花のホルテンス

アジサイの開花期は種によって異なり、春から夏にかけて常に発生します。

剪定ホルテンス

剪定は非常にデリケートな操作です。

屋外の植物の場合、寒い気候 冬の終わりに剪定して、枝、葉、その他すべての乾燥した部分を刈り取り、若い枝を寒さから守るのは良いことです。地域にいる間 温暖な気候、それは開花直後に剪定して、植物が翌年に提供する側芽を放出できるようにすることができます。

屋内アジサイ植物用、9月に剪定することができ、枝ごとに最大2つの芽を残し、寒い環境に置きます(屋根付きのテラスでは問題ありません)。

ほとんどすべてのアジサイが頂芽から咲くと想定する必要があります( アジサイパニキュラータ です アジサイarborescens それは新しい枝に咲くので、春に剪定することができ、剪定すべきではないアジサイを登ることができます)したがって、より多くの芽が放出されるほど、花序が多くなり、前に枝を切らないように注意する必要があります開花(これにより、翌年に花を咲かせる側芽が発生します)、しかしそれ以降。

カットするパーツ 明らかに、最初のつぼみのペアを切り取った花と乾いた枝です。彼らは自分自身をカットしません その年の間に成長した枝は、上部につぼみがあるので簡単に認識できます。

花の色-土壌型アジサイの種類

あじさいの花の色は、土壌の反応に影響されます。ピンクの花の品種は酸性土壌(pH 4.5)で育つと青に変わり、青い花の品種はアルカリ性土壌(pH 7.5以上)でピンクに変わります。中間値(pH 4.5〜7.5)では、色は濃い青、水色、水色、ピンク、濃いピンクの中間色になります。

ピンクの品種から始めて、青い花を得るために、アルミニウムが土壌に加えられ、Kが豊富な施肥が行われます。2OとPが貧しい2または5 これはリン酸アルミニウムの沈殿を引き起こします。実際には、7月から9月にかけて、水1リットルあたり5〜10グラムの硫酸アルミニウムを使用して5〜7回の灌漑が行われます。

ホルテンス乗算

アジサイは挿し木によって繁殖します。

開花が終わったら、長さ約10〜15cmの開花枝から頂端挿し木をすることができます。組織のほつれを防ぐために、かみそりの刃または鋭利なナイフで切ることをお勧めします。組織への感染を防ぐために、切断に使用するツールが清潔で消毒されていることを確認してください(できれば炎で)。

下の葉を取り除いた後、切り取った部分を根圏形成粉末に浸して発根を促進します。次に、肥沃な土壌の一部である粗い砂の穴の1つで形成されたコンポートにアジサイの挿し木を配置します。葉の挿し木で、写真のように並べます。次に、土をやさしく圧縮するように注意してください。

箱またはポットは透明なプラスチックシート(またはフード付きバッグ)で覆われ、土壌を常にわずかに湿らせます(発根植物を室温の水で濡らさず、石灰質ではない)。毎日プラスチックを取り除き、土壌の湿度をチェックし、プラスチックの結露を取り除きます。最初の芽が現れ始めたら(約40日後)、アジサイの刈り取りが定着したことを意味します。その時点でプラスチックが取り除かれ、同じ種類の土で直径10 cmの小さなテラコッタポット(箱に根を張った場合)に移されます。このポットは屋外と日陰に置かれますが、寒さとドラフト次の春に大きな鉢に植え替えられるので、屋内に移動する前にもう1年待つ必要があります。

寄生虫および病気のホルテンス

端に沿って茶色に変わり、カールする傾向がある葉

この症状は、水やりが不十分であることを示しています。
救済策:水やりを調整します。

葉の静脈間の多かれ少なかれ広範囲の黄変は、芽の発育不良と白化を伴う

これは一般に、土壌中の過剰な石灰岩が原因で、鉄とマンガン(葉の緑色色素であるクロロフィルの基本成分)の正しい同化を妨げます。
対処法:わずかに酸性の土壌(泥炭が豊富)と非石灰質の水を使用することをお勧めします。鉄とマンガンの硫酸塩、またはセクエストレンなどのキレート化合物(鉄の同化を可能にする)を投与することも有用です。

茎の潰瘍形成、葉の中心静脈の肥大および開花の不規則性を伴う植物の不十分な発達

アジサイには線虫(数ミリメートルの長さで地面に生息する虫のような植物食虫)が蔓延している可能性があります。
対処法:この場合、植物が鉢植えの場合は、根を注意深く掃除した後、土壌を交換することをお勧めします。一方、植物を屋外で栽培する場合は、市場で一般的に見られる殺虫剤である粒状殺線虫剤を使用することができます。

後で白いカビで覆われるようになる植物の緑の部分の赤みがかった黄色の斑点

これはいわゆる「ホワイトマル」(Erysiphepolygoni)であり、その白っぽい風解は下側の葉に現れますが、上側の葉では緑色のままであるか、わずかに赤みがかっています。この病気はアジサイ植物のすべての緑色の部分に影響を与える可能性があり、影響を受けた若い芽は変形しているように見えます。

救済策:侵入が非常に広範囲にわたる場合、強い侵入の場合には硫黄または他の殺菌剤に基づく処理で戦います。これが不足していて、いくつかの領域に限定されている場合は、影響を受けた部分を迅速に排除するだけで十分です。

花びら、つぼみ、花柄に茶色のハローがあり、その後灰色のカビで覆われる光点

これはいわゆる灰色のカビです(灰色かび病)非常に特徴的です。その攻撃は、湿度の高い環境で好まれます。

救済策:感染した部分を排除し、環境を換気し、湿度を下げることで、簡単に戦うことができます。それが非常に普及している場合は、優れた保育士から簡単に入手できる特定の殺菌剤による処理を使用できます。

葉、葉柄、新芽の壊死性の切り欠きが乾燥して裂ける

この症状は、アスコキタ属、セルコスポラ属、フィロスティクタ属、セプトリア属などのさまざまな真菌剤によって引き起こされる可能性があります。患部には、直径1〜5cmの丸い葉の斑点があります。患部は黄ばんで乾燥した葉になっています。これらのきのこは、高湿度、不均衡な施肥、過剰な作物密度によって好まれます。

救済策:アジサイの感染した部分を取り除き、環境を換気し、湿度を下げ、優れた保育士からすぐに入手できる特定の殺菌剤で処理します(攻撃写真 アスコキタ sp。カンパニュラ)。

黄色に変わり始め、黄色と茶色でまだらに見える葉

葉が黄色に変わり始め、これらの症状がしわくちゃになった後、それらはほとんどほこりっぽい外観になり、落ちます。注意深く観察すると、特に葉の下側にいくつかの薄いクモの巣が見られます。この症状では、非常に迷惑で有害なダニである赤いクモの攻撃が発生している可能性があります。

救済策:葉への噴霧の頻度を増やし(湿度が不足すると増殖が促進されます)、おそらく、特に深刻な蔓延の場合にのみ、特定の殺虫剤を使用します。あじさいの植物がそれほど大きくない場合は、湿った石鹸の綿球を使用して、葉を掃除して害虫を機械的に除去することもできます。その後、すべての石鹸を取り除くために、植物を非常によくすすぐ必要があります。

植物に白っぽい小動物がいる

小さな白黄緑色がかった移動性の昆虫に気付いた場合は、ほぼ確実にアブラムシの存在下にあるか、一般にシラミと呼ばれています。虫眼鏡でそれらを見て、側面の写真と比較してください、それらは紛れもないです、あなたは間違って行くことはできません。

救済策:アジサイの植物を、優れた保育士からすぐに入手できる特定の農薬で処理します。

キュリオシティ」

今日市場に出回っているさまざまな種類のアジサイは、日本で栽培されている種から得られたものです。'あじさい大葉1790年にヨーロッパで導入されました。


ビデオ: 花木鉢植えアジサイの春剪定整枝方法スキマde園芸