ゾーン7の日陰植物–ゾーン7の気候における日陰の園芸

ゾーン7の日陰植物–ゾーン7の気候における日陰の園芸

投稿者:Ilana Goldowitz Jimenez、植物科学者兼ライター

日陰に耐え、興味深い葉や美しい花を提供する植物が強く求められています。この記事では、ゾーン7での日陰の園芸に関する提案を提供します。

葉の関心のためのゾーン7日陰植物

アメリカのツボサンゴ(ツボサンゴアメリカーナ)は、サンゴの鐘としても知られ、北米原産の美しい森林植物です。それは主にその魅力的な葉のために栽培されていますが、それは小さな花を生み出します。この植物は、地被植物として、または国境での使用に人気があります。珍しい葉の色や葉に銀、青、紫、または赤のマーキングが付いたものを含む、多数の種類が利用可能です。

ゾーン7の他の観葉植物には次のものがあります。

  • 鋳鉄工場(Aspidistra elatior)
  • ギボウシ(ギボウシ spp。)
  • ロイヤルシダ(ゼンマイregalis)
  • グレイズセッジ(スゲグレイ)
  • ギャラックス(ギャラックスウルセオラタ)

顕花ゾーン7日陰植物

パイナップルユリ(ユーコミスautumnalis)は、部分的な日陰で育つことができる最も珍しい花の1つです。ミニチュアパイナップルのように見える印象的な花の房をトッピングした長い茎を生成します。花はピンク、紫、白、または緑の色合いで来ます。パイナップルユリの球根は、冬にはマルチの層で保護する必要があります。

ゾーン7の他の顕花植物は次のとおりです。

  • シュウメイギク(アネモネxハイブリッド)
  • バージニアスウィートスパイア(Itea virginica)
  • コロンバイン(オダマキ spp。)
  • アリサエマトリ(テンナンショウ)
  • ソロモンのプルーム(Smilacinaracemosa)
  • スズラン (スズラン)
  • レンテンローズ(ヘレボルス spp。)

日陰に耐えるゾーン7低木植物

カシワバアジサイ(カシワバアジサイ)それは一年中庭に興味を追加するので日陰のための素晴らしい低木です。春の終わりか初夏に白い花の大きな塊が現れ、夏の終わりに徐々にピンク色に変わります。秋には大きな葉が赤紫色に変わり、冬には魅力的な樹皮が見えます。カシワバアジサイは北アメリカ南東部に自生しており、一輪または二輪の花の品種が利用可能です。

ゾーン7の日陰のその他の低木は次のとおりです。

  • ツツジ(シャクナゲ spp。)
  • スパイスブッシュ(リンデラベンゾイン)
  • メープルリーフガマズミ属の木(ガマズミ属acerifolium)
  • マウンテンローレル(カルミアラティフォリア)
  • シモツケ(Spiraea thunbergii)

この記事の最終更新日


ガーデンシェードの種類

ほとんどすべての庭と裏庭は、日中のある時点で日陰になりますが、日陰の部分の量と質に影響を与えるいくつかの要因があります。

家と庭の向きは重要な考慮事項です。南部の露出は1日のほとんどが太陽で満たされ、西部の露出は午前中は日陰になりますが、午後までは光でいっぱいになります。

あなたの庭の中や周りの構造に応じて、日陰の質は異なります。成長する植物を選択する際に考慮すべき3つの主なタイプの日陰があります。

部分的な日陰は、1日の一部(毎日3〜6時間)だけ日光を浴びるスポットとして定義されます。

まだらの日陰通常、落葉樹の枝や葉が日光のすべてではなく一部を遮る地域で見られます。まだらの日陰にある植物は、通常、1日あたり約3時間の日光に相当します。

フルシェード日光がほとんど当たらない場所です。針葉樹の下や北の壁や構造物が一日中すべての光を遮る場所でよく見られます。


グランドカバー

スプルース/デビッドボーリュー

"data-caption =" "data-expand =" 300 "data-tracking-container =" true "/>

スプルース/デビッドボーリュー

日陰の領域で繁栄する古典的なグランドカバーの問題は、いくつかが少しうまく繁栄することです(それらは侵襲的である傾向があります)。米国北東部の庭師のための1つの安全な(非侵襲的)選択肢と1つのそれほど安全ではない(潜在的に侵襲的)選択肢を見てください:

  • バンチベリー (Cornus canadensis):非侵襲的で、ゾーン2から7で成長します。
  • 忍び寄るマートル (ビンカマイナー):非常に便利ですが、潜在的に侵襲的です。ゾーン4から8で成長します。

草は一種の地被植物と見なされているので、最も日陰に強い草の1つはトールフェスクグラスであることに注意してください(Festuca arundinacea)。草の親戚、 スゲ 「スパークプラグ」(日本の斑入りスゲ)も、良い日陰の庭の植物です。最後に、一部の人々はそれと戦うのではなく、日陰の地域でコケを育てます。


ビデオを見る: 7月14日火の注目銘柄本日の株式相場振り返りと明日の注目銘柄を解説