シソを育てる方法:この芳香性のハーブについて知る必要があるすべて

シソを育てる方法:この芳香性のハーブについて知る必要があるすべて

あなたはのファンですか ハーブ?次に学ぶ エゴマの育て方 そしてあなたを発見する プロパティ あなたの庭にそれほど一般的ではない植物を持っていることは素晴らしい策略かもしれません。

また、シソは とてもシンプル 育成する。

この記事では、このハーブについて知っておく必要のあるすべてのこと、それを育てる方法、そしてその後どのように使用できるかについて説明します。

さぁ、始めよう!

シソ:一般的な特徴

の家族に属する シソ科, 果樹のシソそれは 毎年恒例の草本植物 アジアから来て、特に中国、韓国、日本、インド、ベトナムで栽培されています。

シソは東から来る植物です

この植物の存在 2種類:

  • そこ シソfrutescentvar crispa、主に日本で使用されます 食品目的
  • そこ シソfrutescentvar frutescent、食品目的だけでなく、 ハーブ;実際、この植物から貴重な油が抽出され、その葉や根も使用されています

これら2つの品種の違いは、特に種子の比重に関して、形態学的レベルです。

  • クリスパ品種の1000個の種子の重さは1.5gです
  • 果樹の品種の1000の種子は4gの重さです

これらの重さと味の違いを除けば、ペリラは構造と花序がバジルに似ています。原産国では高さ1メートル半に達することができますが、ここでは約60cmで止まります。ザ・ 代わりに、それらはハート型で反対側にあり、栽培されている品種に応じて、先のとがった端と赤または緑があります。

彼女の 花序、バジルのように頂端で、10月から種子を生産します。

彼の 香水、アニスからレモンバームに至るまで、強くて芳香があります。

シソ:食用

今見てきたように、特に日本では、シソは主に 食品目的.

しかし、この植物のどの部分が食用ですか?答えは簡単です。事実上すべてです。

ザ・ 新鮮な部品、 とも呼ばれている 紫蘇、として使用できます 副菜 または 装飾;いい加減にして 種子代わりに、 食用であり、産業目的にも使用されます。

キッチンで使用できるパーツを具体的に見てみましょう。

  • あなたは使用することができます 熟した葉 豆腐や天ぷらのトッピングとして、 スプラウト とより多くの葉 若い人たち それらはサラダに優れているか、または乾燥させてハーブティーまたはスパイスとして使用されます
  • あなたは私を使うことができます 未熟な花 スープや新鮮な豆腐のおかずとして、 熟した花 彼らは優れた揚げ物です
  • あなたは保つことができます 種子 塩で、またはご飯や天ぷらのスパイスとして使用します。あるいは、あなたはそれらを調理して消費することができます
  • L ' シソの 代わりに、それは種子のコールドプレスから得られ、マヨネーズ、豆腐、サラダに使用されます。

ただし、これらすべてを使用するには、庭やバルコニーで育てる方法を知っている必要があります。

幸いなことに、それは非常に簡単です。

シソ:栽培

シソ シードから複製します そしてそれは他の植物との相乗効果で非常にうまく機能するので、とりわけ鉢植えと庭の栽培の両方に適しています。ザ・ 接地 2つの基本的な特性のみが必要です。

  • それは違いない 少し湿っている
  • それは違いない 非常に肥沃です

3月から7月まで畑に播種することもできますが、 苗床:

  • 表面的に播種する 3月から7月まで
  • コンパクト 地形
  • 苗床を温室またはバルコニーに置きます 15°Cから20°Cの間の温度
  • 維持に注意してください 基板 常に ウェット
  • 20日間待ちます 発芽
  • 半分かもしれません あなたは地面またはより大きな鉢に芽を移植することができます

曝露、日陰または完全な太陽の下で少し位置を優先することをお勧めします。この植物はまた、風、大雨または干ばつに非常によく耐えることができます。

そこ 理想的な温度 シソを栽培するには、常に18°C以上に保つ必要があります。

栽培方法によっては、気温が下がった場合に備えて植物を保護する際に注意する必要があります。

  • 自己 オープングラウンドに植えられた、必ず1つ実行してください 根おおい わらと葉で
  • の場合 鉢植えで育つ、それらを1つに移動します 加熱された温室 (作り方を調べてください)または家の中

施肥や灌漑に関しては、地面に植えられたシソは、鉢植えのシソよりも要求が厳しくありません。そこ 受精 実際、それは植える前まで必要ではありませんが、 水やり 土壌を数日間乾いた状態に保つように注意しながら、3週間に1回練習します。

シソは健康で強くなるためにいくつかの簡単なケアが必要です

シソ:プロパティ

この草本植物はまたのために使用されます 装飾目的:実際には、さまざまな種類の鳥、特に葉や種子の飼料として使用できます。

伝統的な漢方薬では、シソはいくつかの点で有用であると考えられています。

  • を強化します 免疫系
  • それはで便利です 病気 炎症性の起源
  • を防ぎます 細菌感染症
  • プロパティがあります 抗アレルギー, 酸化防止剤 です 抗炎症薬

シソについて知っておくべきことはこれだけです。 成長しやすく、キッチンに最適。あなたはただすぐに始めなければなりません。

よくやった!

この記事の情報は不完全または不正確だと思いますか?私たちの改善に役立つレポートを送ってください!



野生のスベリヒユ:あなたが知る必要があるすべて

Portulaca oleracea:庭、畑、菜園に広く見られる食用植物。

そこ 野生のスベリヒユ またはスベリヒユオレラセアは、菜園や庭で自発的に育つ雑草です。多くの人が雑草だと考えていますが、食べやすく、複数の栄養価が高いのが特徴です。

用語で スベリヒユ さまざまな種類の植物を指すことがあります。たとえば、 スベリヒユ グランディフローラ、色とりどりの花が咲き乱れるので、観賞用としてもお使いいただけます。野生のものとは異なり、それは食用ではありません。

そこ 野生のスベリヒユ 次の特性によって認識できます。

  • それは小さな白い房を持つ明るい色の丸い葉を持っています
  • その茎は水平に発達し、非常に枝分かれしています。

この記事では、この植物の最も興味深い側面をすべて深めるつもりです:それに関する簡単な歴史的メモ、その栄養特性、それを栽培して世話をする方法、なぜそれを雑草と見なすのか、そのライフサイクルは何ですか、とキッチンでそれを使用する方法に関するいくつかのヒント。


地元の伝統のバジルとオレガノだけでなく、オリエンタルノートもますます高く評価されており、エキゾチックなタッチでディナーを豊かにすることができます。ただし、知っておく必要があるのは、これらの植物も育てることができるということです 庭やバルコニーで。 に専念するための素晴らしいアイデア 園芸 特別なディナーに特別なタッチを加えます。

健康への目

スパイスやハーブは、とりわけ、夕食や食べ物に新しい味を与えるための良い方法であるだけでなく、 塩の使用に代わる優れた方法。実際、ナトリウムの過剰摂取は体の敵ですが、これは味をあきらめる必要があるという意味ではありません。実際、風味はこれらの自然の要素によって正確に与えることができます 健康に害を及ぼすことはありません.

どの植物を育てるのか

芳香植物専用のあなた自身の庭を育てる方法は?実際、庭、テラス、またはバルコニーのメンテナンスはすべての人のためではありませんが、 専門家の助けを借りて 最高の植木鉢を選ぶのを手伝ってくれて、その秘密を明かしてくれるTizianoCodiferroのように 完璧な緑色の親指、それは子供の遊びになることができます。

最初から始めましょう、何を育てますか?バジル、ローズマリー、オレガノ、ミント。

バジル、地中海の味

卓越したイタリアのアロマハーブから始めてみませんか?ザ・ バジル に欠かせない要素です 地中海料理。それがペストであろうと、マルゲリータピザやトマトサラダを豊かにするために呼ばれる香りのよい葉であろうと、バジルであなたは本当にノーとは言えません。ふりはほとんどないが、透明な植物。 、非常に、そして 適度な熱。これらはこの芳香性のハーブの必要性です。屋内での栽培に最適です。窓枠に置いた瓶に種を入れるだけです。 南向き 常に土壌を湿らせてください。少しの忍耐と自家製バジルの準備ができています。

ローズマリー、秘密は湿度です

紛れもない香り。ザ・ ローズマリー 最高の匂いを感じさせます。この芳香性のハーブも南部の露出を好みますが、このルールはこの家族のほとんどのメンバーに適用されると言えます。管理が難しいですか?絶対にそうではありません、あなたが常に注意を払うべき唯一のことはそれです 地面の状態。水はあまり好きではありませんが、完全に乾いたままにしないでください。リスクは、その特徴的な香りの針なしでそれを見つけることです。

オレガノ、過去の香水

おそらく、最も簡単に育てることができる芳香性のハーブです。 オレガノ 両方の熱に耐性のある植物です-これは結果として生じる可能性があります 干ばつ -およびal コールド。すべての土壌はこのハーブの栽培に適しています、重要なことは根が腐敗するのを防ぐことです 水の停滞の場合。良い排水は、この香りのよいハーブの唯一の主張です。播種時期は?冬を好む人もいれば、春に植えることを選ぶ人もいます。もう一つの小さな注意:苗が芽を出し始めたら、隣人の根を妨げることなくそれぞれが成長できるように、それらを適切に配置するのは良いことです。

ミント、夏の間ずっと

フレッシュで香り高く、心地よい。そこ ミント 夏の色と味を思い起こさせます。それはスペースを必要とします、それが隣人を窒息させる危険があります、しかしそれはまた鉢で育てられることができます。他のハーブとは異なり、それは多くの光を必要とせず、私を好む 湿った土壌.

この投稿は気に入りましたか?次にn次のものをお見逃しなく、The Cat on theRoofニュースレターを購読してください:心配しないでください、私はあなたにメッセージを殺到しません:あなたはブログ投稿を要約した毎月の電子メールだけを受け取ります。 ここをクリックして、メールアドレスを入力してください。


ミントを植える時期

ミント植物は、最適なサイズに達すると、長さが最大1メートルの茎と、緑から紫までの色のかなり厚い葉を持ちます。その葉はまた、ミントの古典的な風味を与えるエッセンシャルオイルが豊富です。ミントを育てる方法。根が年々拡大する傾向があるミントを育てるには、新鮮で腐植土が豊富で日当たりの良い土壌を選択してください。秘密は春に根を分けることです。高さ約40〜60cmの多年生植物で、葉は私たちの有機体の健康と幸福に重要な特性が豊富です。それを栽培し、冬でも繁栄させるなどの鉢植えのミント。ミントの剪定方法、収穫方法、挿し木による再現方法。ミントを育てて、どんな料理にも良いモヒートにも使えるようにするためのヒント(モヒート用のミント植物、アドホックな品種)ミントは、自然療法として、そして多くの人にとって、料理に使用される最も有名な芳香性ハーブの1つです。他の用途。一年中いつでも植えることができる植物で、室内に最適です。それはほとんど世話を必要とせず、またアリ、ノミおよび他の一般的な雑草を植物から遠ざけます

ミントは多くの種類の土壌や気候に適した植物であるため、鉢植えや地面でミントを育てるのは想像以上に簡単です。だから、常に新鮮で良いミントを家に直接持っておくための役立つヒントやアドバイスが満載の実用ガイドをお見逃しなく。ミント植物に関しては、異なる品種ではなく実際の異なる植物であるミントとミントを混同しないでください!ミントという用語は、Mentha属のすべての植物を識別します。他の種類のミントの中でも、Menta spicataについてはすでに説明しましたが、野生のミント(mentha arvensis。ミントは、ミントさび病やラムラリアメンティコラなどのさまざまな病原体の影響を受ける可能性があります。リゾクトニアソラニクーンは植物の成長を遅らせ、マクロフォミナファセオリアシュビーは腐敗による根の死を引き起こします。ミントは多くの異なる品種で利用可能な草本植物であり、ほとんど必要ありません。あなたがそれらの適切な世話をすれば、維持し、何年も続く。しかし、植物は非常に侵襲的であり、com ..することができます。

ミントは、有名なモヒートのように、輸液やカクテルなど、さまざまな用途に広く使用されている芳香植物です。果物や野菜の店で見つけることができますが、家で育てれば、はるかに新鮮で香りがよくなります。 。それはアラスカからケニアまで見つけることができるほどさまざまな気候でよく生きる植物ですが、春は寒くて湿気があり、夏は暑くて乾燥している場所でより一般的です。ここから、非常に明るい場所がエッセンシャルオイルのより多くの形成と長い日を好むとしても、それは完全な太陽と日陰の両方で成長することができるということになります。

ポットでミントを育てる方法。ミント植物はあなたのハーブ園のための完璧な出発点です。それらは非常に侵襲的であり、それらの根が周囲の土壌に寄生するため、通常は鉢に入れられます。成長する。バジル、ミント、ローズマリー:蚊よけ植物を発見今すぐスプラウトミントペンシルをパーソナライズして植えて発芽させましょう。子供、大人、パーソナライズされたギフトに最適なグリーンでエコロジカルなギフトのアイデアです。バジル、タイム、マジョラム、ミント、もっと欲しいときにハーブを植えることもできます

鉢植えのミント、育てて世話をする方法-LEIT

  • それらが完全に乾いたら瓶に入れておき、冬の間は注入や癒しの風呂を作るためにそれらを使用してください。ミントはどんな土壌でも、できれば単独ででもよく育ちます:それは近くの植物を圧倒する傾向があります。家でミントを育てる方法。植える方法は次のとおりです
  • それは非常に耐性のある植物であり、暖かく乾燥した気候で育てられた場合、葉に大量のエッセンシャルオイルが含まれます。冬や特に雨の時期には、葉がつかないようにプラスチックシートで植物を保護することをお勧めします濡れて損傷している..庭や鉢に適した土壌。ミントはあらゆる種類の土壌に適応します。
  • この植物の種子はある程度のゲルを持っているので
  • ペパーミント、学名Mentha×piperitaは、シソ科(またはシソ科)の植物科に属する多年生草本植物です。実際には、このタイプは、自発的に成長する2種のミント、MenthaaquaticaとMenthaspicataの自然なハイブリッドです。それは1696年にイギリスの植物学者ジョン・レイによって発見され分類されました。

ミントの剪定は楽しい作業です。植物はカットが行われるたびにミントの香りの新しいバーストを放出します。。剪定はそれらを抑えることもできます。ミント植物をいつどのように剪定するかを知るためにこの記事を読んでくださいミントは、特にそれに含まれるエッセンシャルオイルが薬、マウスウォッシュ、キャンディー、歯磨き粉、バスオイルに使用されているという事実のために、最も普及して栽培されている芳香植物の1つです、シャンプーこれに加えて、新鮮な葉はキッチンやリキュールやカクテルの準備に広く使用されていますミント植物高さ40〜60cmの多年生植物で、木質の茎と緑から緑までさまざまな色があります訪問:植物ミントミント品種ミントは、特にその中のエッセンシャルオイルが訪問するという事実のために、最も普及し、栽培されている芳香植物の1つです:ミント品種ミント品種ミントは、多くの用途を持つことができる草本植物です。個人の衛生用品を作るために使用することも、皿や飲み物に添えることもできます。確かに地図を利用できることには利点があります。ミントを苗床から鉢に移植する方法を一緒に見てみましょう

ミントはかなり一般的な植物であり、美食の分野だけでなく、医療や化粧品の分野でも使用されています。この植物を家で育てるのはそれほど複雑ではありません。実際、この操作は経験の浅い人でも実行できます。いくつかの簡単で基本的な手順に従うだけです。したがって、このガイドではその方法を説明します ミントは、鉢植えと庭の両方で最も成長しやすい芳香植物の1つです。緑の親指がなくても、隣人を驚かせたい人に最適です。。最も硬くて霜を除いて、ほとんどすべての温度に耐性があり、ミント植物はたっぷりとすぐに成長します。ミントは多くの利点があることに加えて、寄生虫を倒すのに役立ちます。

どれくらいの頻度で水をやる そこ ミント?夏には2〜3日ごとに水をやらなければならない植物であることを知ってください:冬にははるかに少なく、1回だけで十分です。ミント植物は、新鮮で紛れもない香りで私たちを満たしてくれるだけでなく、私たちの庭を私たちのバルコニーに飾りますその美しい強烈な緑で。成長の進化は非常に速いので、時間の経過とともに侵入して非常に広い場所を占める可能性があるため、与えられない場所に配置することをお勧めします。いつハーブを植えるか。 2018年8月18日。専門家にご相談ください。無料の契約書をダウンロードしてください。ミント。最高のモヒートの侍女であるミントは、3月と一致する(必ずしもそうとは限りませんが)美しい日が来るとすぐに植えることができます

ミントを育てる方法-無駄にしないでください

ミントは草本植物で、種によって異なりますが、高さは数センチから1メートル強になります。一方、ミントは雑草と同様に異常な発達をしているため、幅の発達は予測できません。そのため、庭に植える場合は、利用可能なスペースを石や装飾的な凝灰岩で区切ってください。 Mentha longifolia L.-ワイルドミント:これらの植物は最大高さ3〜12 dmに達します。生物学的サイクルは多年生植物です。生物学的形態はscaposehemicryptophyte(H scap)です。イタリアの領土の牧草地、小道、小川の端は一般的な植物(島を除く)であり、どこにでも見られます。種子から植物を育てるのは不可能ではないにしても非常に難しいので、ミントは最初に切断する必要があります。そのため、家で育てるには、買ってから枝を切り、グラスやお椀に入れて、根をつけて葉を出すのが理想です。このため、この植物を育てようと思ったら、土壌の排水能力に注意を払う必要があります。水の停滞は、私たちの植物にとって致命的となる可能性があります。残りの部分については、ミントはすべての気候条件にかなり耐性のある植物です:それは完全な太陽または日陰にさらされる可能性があり、冬の間はわらでそれを保護するのに十分です。

ペパーミント(Mentha×piperita)は、多年生の草本植物で、匍匐性で芳香が強く、Labiate科(シソ科)とMentha属に属しています。それは、MenthaaquaticaとMenthaspicata(Mentha viridisとも呼ばれます)のハイブリッドです。この植物はヨーロッパ原産であり、栽培は世界中に広まっています。苗が一年生(ミント、オレガノなど)の場合は、せいぜい数週間以内に植え替える必要があります。植物が多年生植物であるため、庭に数年滞在する必要がある場合は、数年後にラベンダーを植える時期を植え替える必要がある可能性があります。温暖な地域では秋に播種し、寒い地域では春に播種することをお勧めします。播種の問題を克服するために、挿し木法を使用して苗を増やすことを考えることができます。ミント植物は、土壌を常に湿らせておくために定期的な水やりを好みます。花が咲くのが見えたら、行ってトリミングしましょう。ミントを使います。多くの場合、ミントの栽培は純粋に装飾的な目的で行われますが、これまで見てきたように、多くの目的に使用できます。庭の新鮮なミント植物は、魚料理、リゾット、サラダ、ズッキーニなどの野菜の風味付けのためにキッチンで役立ちます

鉢植えのミント、それを育てる方法-グリーのアイデア

  • しかし、たとえばバルコニーにさまざまな植物を植えて配置するにはどうすればよいですか?最も一般的で使用されているハーブを考慮に入れて、いくつかのヒントがあります。アロマコーナーで見逃せないハーブは、バジル、ローズマリー、セージ、タイムなどの定番のハーブで、マジョラム、チャイブ、ミントを簡単に加えることができます。
  • 採れたてのミントは、そのフレッシュで強烈な香りのおかげで、多くのレシピで使用されていますが、多くの場合、乾燥および冷凍ミントは優れた代替品になり得ます。たとえば、乾燥したものは肉やスープなどの調理済み料理の調味料に最適ですが、冷凍したものは調味料としてだけでなく、温かい飲み物と混ぜると繊細な風味を与えます。
  • aと切断:どこから始めればよいか。ミントは非常に長寿命の植物です

ミントの植え方-9パス

  1. ミントは、ストロンまたは夏の終わりに準備された挿し木で再現します。それは非常に活発な植物であり、どんな種類のトッピングにも耐えることができるので、大きなしわが寄ることなく必要な葉を取り除くことによってそれを使用してください。開花に関しては、5月か6月に、地上数センチのところを切って収穫します。
  2. ミント植物:それを栽培し、増殖させるためのすべての秘密-期間:3:02。大賀21,936ビュー。 3:02。ゼロからファーマーへ。芳香剤:成長するバジルとミント-持続時間:8:22
  3. あなたがそれを上回れば、あなたは決して間違っていません。ミントは持っていませんでしたが、とても気に入ったので、川のほとりから取り出して、他の芳香性のハーブと一緒に庭に植えました。さて、最初(昨年)は小さかったのですが、今ではかなり大きくなっています(たとえそれを選んだとしても、葉を上から選ぶのか下から選ぶのかはあまり見ていません。!:食べ物
  4. 私の中庭、プーリア、サレント半島では、1月の最初の数ヶ月に霜と雪が降る、異なる色のブーゲンビリアの2つの健康な標本を長年植えてきました(例外的なケース、レッチェではほとんど雪が降らないため)植物は埋められました花壇や豊かな土壌では、すべての葉が枯れてしまいます。質問:いつそれらを剪定できますか?また、剪定はどのように行われますか?

鉢植えや地面でミントを育てる:それを行う秘訣

  • の特性と利点 ミント. そこミント、キッチンだけでなく、その有益な特性のために、それは自然療法としても使用することができます、実際には そこ ハーブティー ミント 優れた消化器であり、に対して有用です そこ 胃炎と痛みを伴うけいれん..乗り物酔いに苦しんでいる人にも役立つので、手元に置いておく必要があります そこ ハーブティー
  • ミントはかなり自律的な植物であり、水やりに関しても特別な必要はありません。土壌が乾燥しているときは、必要に応じて水をやります。常に湿気を保ち、湿りすぎないように注意してください。土壌が特に排水されていない場合は、土壌または小石に砂を追加できます
  • ミント(Mentha piperita、L。1753)ミントの育て方に関するすべての方法を知るためには、まずこの植物を知る必要があります。ミントはシソ科(レモンバームなど)に属しています。多年生の草本植物で、その葉は台所で使用され、独特の香りがあります。
  • ミント寄生虫:カタツムリとナメクジ。これらの昆虫の特徴は、筋肉質の足を持っていることです。足は動きますが、這うことができます。粘液は常に足から出てきます。これは乾燥すると、いわゆる銀染色を引き起こします。これは、植物に存在することを警告する信号です。
  • ミントを植える植物の方法も春に行うことができますが、植物の材料が完全に熟したとき、早い時期と後で行うことはできません。秋にミントを植えます。気候に応じて、春、夏、秋など、一年中いつでも茎と根を持つミントの葉を植えます

ミントを育てる方法-グリーのアイデア

  • まず、植えたいものを決める必要があります。そして最も重要なのは、いつ植えるのかを決めることです。どの芳香性のハーブを植えるかローズマリーからバジルまで、チャイブからセージまで、ここにあなたが庭、菜園、あるいは家庭でさえ植えることができるすべての芳香性植物の完全なリストがあります。リストを表示するには、ここをクリック>&gt
  • サルビアオフィシナリス植物。セージ(Salvia Officinalis)はシソ科のずんぐりした植物であるため、ミント、タイム、オレガノ、ローズマリーなどの他の重要な芳香性ハーブの親戚です。
  • ミントの種を植える時期。ミントは、地中海とアジア地域の料理用ハーブです。それは、おいしいものから甘いもの、さらには飲み物まで、多くのレシピで際立って特徴的です。それは丈夫な多年生植物であり、急速に成長し、しばしば侵略的になります
  • 挿し木で育てることができる植物は、もう一つの非常に簡単な挿し木で、簡単に根付くのはミントです。挿し木が根付いたら、。
  • ミントはとても素朴な植物で、成長しやすい土壌はある程度の湿度のある土壌です。アドバンス曝露。この植物の好ましい場所は完全な太陽の下です。ミントの花序。移植技術
  • 庭にミントを植える方法ミントは最も有名なスパイスの1つであり、それなしでは多くの料理やお気に入りの飲み物の味を想像することはできません(有名なモヒートを覚えておいてください-夏、海、そして至福の怠惰)
  • 挿し木で繁殖させたい植物は、室温で約2/3の水を入れた瓶に入れ、植物の種類にもよりますが、数日間そのままにしておきます。先に述べたように、たとえ水を切ることが多くの植物で機能するとしても、プロセスはすべての人にとって同じではありません

ミント栽培-アロマティック-メンターの栽培方法

ミントの使用は古くから文書化されています。すでに古代エジプト人とローマ人は、葉が時間とともに放出する特徴的な香りと香りのためにそれを使用していました。実際、ミントは複数の用途が可能な草本植物であり、キッチンにも新たな関心が集まっています。これが、家庭でも栽培でき、簡単に収容できる理由です。ミントは芳香の強い香りがあり、人気が高まっているため、自分のベランダで育てて、いつでも手元に置いておくことができます。ミントは丈夫な植物であり、成長が非常に簡単です。非常に完璧な結果を気にする必要はほとんどありません。それでは、ミントを育てる方法を一緒に見てみましょう

ミントを育てる方法(写真付き)-wikiHo

庭、屋内、バルコニーで一年中育つ6つの多年生芳香植物。多年生の芳香植物、したがって常緑樹は、庭を飾るのに最適で、料理に風味を与えるためにキッチンで非常に便利です。また、いくつかはそれらをさらに装飾的にする美しい花を与えます。この記事では、6つの多年生の芳香植物について説明します。いたるところに育ちます。ローズマリーは、ソース、ロースト、おいしい調味料などの準備のために、成長が簡単で、キッチンで多くの品質と非常に多様性を備えた観賞植物の美しさを組み合わせた植物です..さまざまな種類の植物によく適応する植物緑の葉と明るい青から淡いピンク、白までの色の花を持つ土壌私たちがミントについて話すとき、それは通常植物に関連付けられています。 1。これは通常、最も有名なペパーミントです。自家栽培と言えば、ミント植物はほとんど考えません。ほとんどの場合、彼らはウェットが大好きで、多くの条件にうまく適応します。特別な機能。植物:Glacial MintまたはRotundifoliaは、シソ科の匍匐性の多年生草本です。それはふさふさした形で発達し、20から80cmに達することができます。高さで。それはヨーロッパ中で育ちます。花:その花は白または紫の色の細長い先のとがったスパイクです。ハッカRotundifoliaはスパイクまたはスパイク花序によって特徴付けられます

ミントを植えるのに理想的な季節は、気温と湿度の両方が植物の成長に適している春です。 2.ミントは幅が大きく広がり、十分なスペースが必要なため、かなり大きな容器を選択します。夏に植物が開花しなくなったら、土壌表面から5cm上に成長した茎を切ります。ミント植物に挿し木を増やすことも可能です。鉢が非常に混雑している場合は、鉢を垂直に置き、植物の根を抜いて植物を若返らせる必要があります。

ミントの種まき方法-10パス

ミントは草本に他ならず、このような壊死した葉を見ると、それは根系に影響を与える問題にすぎない可能性があります。それは、過剰な水、ウイルス、または過剰な水の結果である線虫などの寄生虫による根腐れである可能性がありますミントは、オープングラウンドよりもポットの両方で安全に育てることができる植物です。 Richiede delle annaffiature regolari e generose soprattutto durante il periodo estivo. E' importante non bagnare le foglie quando si annaffia in quanto l'evaporazione fa perdere oli essenziali La menta è una pianta aromatica abbastanza resistente che ben si adatta alla coltivazione in serra, in vaso o all'aria aperta. Il periodo ideale per il trapianto è quello a cavallo tra i mesi di marzo e di aprile quando cioè le temperature diventano decisamente più miti coltivare la menta in vaso è più facile da fare che da dire, io ad esempio se devo moltiplicare le piantine quando prendo un rametto dalla pianta grande per usarlo in cucina, stacco le foglie e lo metto in un bicchere d'acqua, dopo pochi giorni si vedono già spuntare le prime piccolissime radici, dei piccoli filamenti quasi trasparent

Menta: coltivazione, proprietà e benefici della menta

La menta, o meglio le mente (genere Mentha), sono piante appartenenti alla famiglia delle Lamiaceae ampiamente diffuse nel Vecchio Mondo. Dalla menta piperita a quella romana, fino alla menta acquatica, le specie sono moltissime così come le cultivar ottenute dall'uomo per selezione o incrocio di specie differenti La pianta della menta, coltivata dal 1700 in Inghilterra, si diffuse nell'Asia, nel Nord America e in Australia. Oggi è molto diffusa un po' dovunque e coltivare menta in casa o in giardino è diventata un'attività piuttosto frequente che consente di avere un'erba aromatica da usare in cucina La Menta piperita è una pianta rinomata e utilizzata fin dall'antichità, tanto in ambito culinario quanto in ambito erboristico.Il suo intenso profumo, il suo verde brillante e la semplicità di propagazione ne fanno un'aromatica tra le più apprezzate e amate, anche semplicemente per abbellire orti e giardini. In ambito di coltivazione la Menta si adatta bene alle condizioni di clima. La Menta Piperita è una pianta erbacea perenne ,stolonifera,appartenente alla famiglia delle Labiate . Si riproduce per semina in primavera in file distanti 30 centimetri,per divisione dei cespi in aprile o settembre ,per talea a settembre.Predilige climi temperati e luoghi semi ombreggiati ma sta bene anche in pieno sole.Necessita di un terreno sciolto e ben drenato ,di innaffiature regolari. Questa piante sono caratterizzate dall'emissione di un odore molto gradevole in quell'area in cui vengono piantate. Grazie alle loro proprietà, è possibile usarle senza alcun problema per preparare piatti succulenti. In questa guida sarà illustrato quando è il momento giusto per potare le piante aromatiche. Come piantare le erbe aromatich

La menta è una pianta aromatica preziosissima, non solo per i suoi innumerevoli benefici ma anche per il suo forte sapore, che piace alla maggior parte di noi adulti e dei bambini e che permette, in questo modo, di aromatizzare moltissimi piatti senza abusare di zucchero o sale.. Essendo perenne e molto resistente (si parla di pianta infestante!), la menta è semplice da coltivare in casa. La Menta Piperita è una pianta alta da 30-70cm circa, con steli eretti e radici rizomatose che si espandono notevolmente nel suolo. Le foglie sono opposte, semplici, lanceolate e ricoperte di una leggera peluria di colore verde brillante, nella maggiore parte della specie contengono delle ghiandole ricche di oli essenziali che conferiscono il caratteristico aroma Quando gambi e foglie diventano friabili, togliete le foglie e chiudetele ermeticamente in contenitori o vasetti. Come coltivare la menta in vaso Scegliete un vaso largo circa 30-40 cm ( acquista su Amazon ) per una singola pianta Come rendere speciali le vostre ricette con un profumo in più? Oggi vi proponiamo un'erba aromatica deliziosa: la menta. Menta e mentuccia Se ve lo state chiedendo, sappiate che menta e mentuccia non sono la stessa cosa, o, meglio, esistono circa 600 varietà di menta. La menta deriva dalla specie Mentha pulegio, mentre la mentuccia dalla Calamintha nepeta, nota anche con i nomi comuni di. La menta è anche ampiamente usata per il trattamento di varie malattie, specialmente quelle associate a disturbi nervosi. Per i principianti che stanno pianificando di coltivare la menta, Come e quando piantare il basilico per le piantine a casa Piantina

Come Coltivare la Menta in un Vaso (con Immagini

La menta è una pianta, ed in quanto tale, può essere attaccata da diverse malattie, quasi sempre fungine: marciume radicale, attacco di insetti, parassiti e funghi, causano la morte della pianta. La menta può essere attaccata persino dalla ruggine, per cui, è necessario utilizzare tutte le manovre preventive, affinchè la pianta non si ammali La menta (genere Mentha) è una pianta erbacea perenne che si declina in molte specie. Appartiene alla famiglia delle Labiate ed ha un sapore leggermente piccante e un forte aroma.Cresce in Asia, Africa ed Europa, preferendo le zone soleggiate, ma anche la mezza ombra. Nota fin dall'antichità, questa pianta trova largo uso sia come ingrediente della cucina naturale per scopi alimentari, che. Quando due foglie genuine si formano sui germogli, la pianta può essere immersione, piantare la menta in vasi o contenitori appositamente designati. Lo sai? La menta coltivata dai semi ha sia vantaggi che svantaggi rispetto alla propagazione vegetativa: cresce più lentamente, ma mantiene più a lungo la struttura delicata O è adeguato per la coltivazione di menta piperita a casa. Come usare la pianta di menta piperita . È possibile mantenere una piantagione di menta piperita semplicemente per le sue deliziose foglie seghettate e fiori delicati o per la fragranza speziata rilasciata quando le foglie vengono schiacciate tra le dita

Quando piantare la menta — come coltivare la menta - la

La pianta della Menta ha spesso un portamento prostrato e, di norma, raggiunge un'altezza compresa tra 40 cm e 90 cm (15-34 in), per contro si espande molto velocemente ed i suoi tralci possono trovarsi a diversi metri di distanza dalla posizione in cui è stata piantata Come coltivare la citronella. La citronella, insieme ai gerani, è una delle piante più note che vengono utilizzate per tenere lontane le zanzare in modo naturale. Proprio da questa pianta viene. La menta è una pianta erbacea ottima in cucina ma anche per la nostra salute, è infatti ricca di proprietà benefiche: favorisce la digestione, è rinfrescante La pianta di camomilla non presenta particolari problemi, è infatti una pianta molto rustica. Proprietà medicinali. La camomilla viene consumata principalmente previa infusione in acqua calda. E' un blando sedativo, e possiede varie proprietà: toniche, antispasmodiche, analgesiche, e digestive La menta è una pianta aromatica e officinale perenne presente in numerose specie.. La più diffusa e famosa è la Menta Piperita originaria dell'Europa e coltivata in tutto il mondo.. L'origine della menta così come quella dell'origano di cui abbiamo parlato precedentemente risale a miti e leggende. Mentha era una ninfa amata da Plutone che fu trasformata con un incantesimo in.

Come Coltivare La Menta In Casa Massimiliano Ricciard

La salvia ananas è una pianta erbacea perenne suffruticosa, alta fino a 120-150 centimetri e larga fino a 90-100, originaria del Messico e del Guatemala, dove vive nelle foreste di pino e di quercia ad un'altitudine di 1800-2700 metri. È molto apprezzata sia per il colore rosso fiammante dei fiori sia per le foglie, che quando sono spezzate emanano un forte aroma di ananas, commestibili ed. Questa erba aromatica è detta anche nepitella, nepetella, nepeta, mentuccia, mentastro. Informazioni generali Descrizione della nepetella. È simile alla menta nell'aroma, viene utilizzata in cucina per aromatizzare, carne, pesce, funghi e specialmente i carciofi.. Tra le varie proprietà, regolarizza l'intestino e aiuta a mantenere il benessere di tutto l'organismo MENTA Nel linguaggio dei fiori simboleggia la memoria. E' una pianta molto comune, talvolta anche infestante, che esiste in numerose varietà, con foglie dal colore verde intenso e molto profumate, con ampi impieghi in pasticceria, in profumeria e in fitoterapia


È un’erba molto utilizzata in cucina, assieme a menta, basilico, timo, aneto e prezzemolo, per insaporire praticamente qualsiasi cibo, verdure, carni, insalate, formaggi, pesce, sughi e ripieni, ed è indispensabile soprattutto sulla pizza. E perfino dolci. In particolare si prestano le mele e il cioccolato.

Un piatto semplice insaporito con l’origano è la bruschetta pomodoro, mozzarella e olive. Si fa, ad esempio, con fette di pane casereccio da far grigliare sulla piastra o nel tostapane per pochi minuti, pomodori, mozzarella, olio extravergine di oliva, olive nere (facoltative), origano e sale.

Si tagliano a piccoli pezzi i pomodori, si salano, quindi si taglia anche la mozzarella a fette, mentre si cosparge il pane con olio extra-vergine, poi su queste ultime si dispone la mozzarella, i pomodori, si cosparge di origano a piacere aggiungendo ancora un filo d’olio.

Per finire, si mette tutto in una teglia e si inforna per 3-4 minuti, si guarniscono, infine, le fette di pane con qualche fogliolina di basilico e si servono calde.


Nonostante il clima particolarmente rigido, il mese di gennaio offre già alcune piante fiorite. Il genere più diffuso è quello delle piante da bulbo. Le più diffuse sono:

  • Ciclamino, molto apprezzato per la sua resistenza al freddo e per i suoi fiori colorati che sbocciano proprio in inverno. Si consiglia di proteggerlo dalle gelate notturne e di ripararlo in pianta nei periodi più freddi
  • Tulipani, molto elegante, è rinomato per il suo profumo intenso e dolciastro
  • Narciso, facile da coltivare, in vaso o in giardino, richiede pochissime cure e attenzioni
  • Amaryllis, uno dei più grossi bulbi commercializzati con fioritura invernale. Ogni stelo floreale produce da 4 a 6 corolle con diversi toni di bianco, rosa, rosso, rosa-arancione e salmone, talvolta striati di bianco.
  • Primula, il suo fiore resiste fino a giugno ed è disponibile in tante tonalità, ideale per piccoli vasi.
  • Viola, con una fioritura che dura fino a primavera inoltrata, vanta molteplici colori e sfumature. Perfetta per bordure in giardino e piccole fioriere in terrazzo.
  • Erica, sempreverde perenne impiegata per la decorazione di giardini e terrazzi anche nella stagione invernale. I suoi fiori sbocciano tra l’estate e l’autunno, ma nelle regioni con clima più mite, la fioritura può risultare prolungata ed avvenire anche a gennaio
  • Cavolo ornamentale, colorato e semplice da mantenere sul balcone o in spazi ristretti
  • Elleboro, noto anche come “Rosa di Natale”, fiorisce tra dicembre e gennaio
  • Agrifoglio, molto utilizzato per realizzare composizioni natalizie, è caratterizzato da un verde intenso e da bacche rosse
  • Bucaneve, resiste benissimo alle temperature più rigide, anche sotto zero
  • Amamelide, ad eccezione dell’hamamelis virginiana, tutte le varietà di questa specie fioriscono a partire da gennaio. La particolarità del suo fiore sta nel fatto che prende vita sul ramo ancora spoglio
  • Cactus di Natale, molto resistente, può rifiorire per molti anni nel periodo compreso tra Natale e l’Epifania
  • Daphne, arbusto spontaneo tipico della fascia alpina e subalpina
  • Gelsomino d’inverno, il suo giallo solare dona un assaggio di primavera
  • Rododendro, è noto anche come “Rosa delle Alpi”, per indicare la sua propensione a fiorire col freddo
  • Mahonia, arbusto sempreverde che produce pannocchie color giallo carico costituite da numerosi fiori profumati che sbocciano nel periodo gennaio-febbraio
  • Skimmia japonica, pianta sempreverde originaria dell’Asia centrale e del Giappone, è l’ideale come pianta da balcone invernale sia per la sua crescita lenta che per le sue bacche rosse che resistono sui rami tutto l’inverno
  • Gaultheria procumbens, pianta a fioritura invernale perfetta per realizzare centrotavola natalizi. Caratterizzata da piccoli fiori a campanula, bianchi o rosa, e bacche rosse

Nel mese degli innamorati, la rosa la fa sicuramente da padrona in quanto il fiore più diffuso da regalare a San Valentino.

Ma a febbraio ci sono molti altri fiori belli da coltivare e da regalare. Ecco alcuni dei fiori di stagione di febbraio:

  • Anemone, appartenente alla famiglia dei ranuncoli, comincia a fiorire a febbraio e si trova in tanti diversi colori: bianco, rosa, viola, azzurro e rosso. Si dice sia una pianta magica portafortuna
  • Tulipano, elegante e delicato, è il fiore simbolo dell’Olanda. Appassisce abbastanza velocemente ma è di rara bellezza
  • Mimosa, il fiore nelle zone più calde fiorisce già a febbraio, tanto che è al centro di alcune feste di questo mese invernale, come la festa della Mimosa di pieve Ligure.
  • Erica, pianta di brughiera resistente al freddo e al vento, fiorisce in inverno con deliziosi fiori viola raccolti in piccole spighe. Regalate le piantine da mettere sul davanzale!
  • Crocus, uno dei primi bulbi a fiorire, dona eleganza con i suoi calici viola o gialli e lo stelo allungato.
Crocus spuntano dalla neve
  • Calendula, conosciuta soprattutto come pianta officinale dalle proprietà calmanti e lenitive, vanta fiori giallo-arancio che assomigliano alle gerbere
  • Ciclamini,
  • Viole del pensiero, di qualunque varietà, è un fiore che ci accompagna durante tutto l’inverno. Basta mantenere umido il terriccio e somministrare regolarmente un fertilizzante liquido per piante da fiore
  • Dalia, nota per la bellezza e i colori dei suoi fiori che possono avere forme diverse (grandi e piccoli, con petali aperti e piatti o arrotolati a nido d’ ape, singoli o in gruppo)
  • Pratoline, molto simili alle margherite, ma più resistenti, fioriscono a febbraio e sono davvero romantiche
  • Ranuncolo, ricco come una rosa e disponibile in tanti colori
  • Fresia, profumatissima, è splendida in bianco o in giallo
  • Cymbidium, classica, elegante e raffinata. Molto particolare la variante verde mela
  • Giacinto, di color blu, bianco o rosa, è sempre profumatissimo

Video: ベランダ菜園いなか暮らし初心者のハーブ種まき種