カマッシア

カマッシア

カマッシア(カマッシア)は、ユリ科に属する球根状の開花多年生植物です。自然の条件下で、花は米国、カナダで育ちます。そこでは、植物の多い山の斜面や、湿気の多い春と乾燥した夏の気候の広大な草原に避難します。

花の驚くべき美しさは多くのブリーダーを魅了しています。カマッシアは多くのメンテナンスを必要としません。しかし、私たちの緯度では、植物はエキゾチックと見なされ、非常にまれにしか育ちません。

カマッシアの花の説明

1つの球根の直径は5cmを超えません。皮膚はうろこ状のプレートで構成されています。茎の長さは20〜100cmに達します。葉は基底ロゼットに由来し、青みがかった濃い緑色をしています。花は星の形に似ています。それらは小穂の花序を形成します。園芸家によって育てられたカマッシアの種は、さまざまな色のパレットによって特徴付けられます。品種の中には、白、青、乳白色、ライラックの色調があります。

中部気候帯で育つカマッシア品種の開花は春の終わりに始まるので、この球根状の花は遅咲きの多年生植物に属しています。ユリのような星型のつぼみが香りのよいブラシに集まります。

オープンフィールドにカマッシアを植える

種から育つ

敷地内でカマッシア植物を育てるには、種子を使用するか、球根を分割します。種まきに最も適した時期は夏の終わりです。花壇は、土地1平方メートルあたり4 kgの割合で、土壌を泥炭または腐った有機肥料と混合することによって耕作されます。

健康な苗木は、成層化しないと種子からは現れません。成層期間は少なくとも5か月続く必要があります。最良の結果を得るには、庭師は冬の播種を行うことをお勧めします。秋の真っ只中、花壇が掘られ、狭い浅い溝が組織され、そこに種が注がれます。苗が頭を出すときは、個々の芽の間の距離が30cmになるように間伐します。

カマッシアの苗

丈夫なカマッシアの苗を育てるには、あらかじめ種を用意しておきます。湿った砂をまぶして冷蔵庫に保管し、春になるまで袋に包みます。この間、次のように材料が硬化し、将来的には発芽にプラスの効果があります。播種活動は3月上旬に始まります。

カマッシアには大きな種があります。 2〜3痩果は1つのポットに収まり、不要になります。そうしないと、後でピッキングに時間を費やす必要があります。種子の深さは1cm以下です。苗のある花壇には十分な水を与え、余分な水が鍋から確実に排出されるようにします。

成長と発達の過程で、植物は適度に水を与えられます。鉢を拡散光の下に置くことをお勧めします。そうすれば、苗は上に伸びることなく均一に成長します。花の多年生植物に使用されるミネラル組成物を繰り返し与えることは、利益をもたらすだけです。育てられた苗木は、オープングラウンドに入る前に硬化させる必要があります。成熟したカマッシアの苗木の植え付けは、暖かい天候のときに積み替え法によって現場で行われ、1つの茂みから別の茂みまでの間隔を30cmに保ちます。種子から植えられた花は5年で咲き始めます。

球根の繁殖

球根はまた、発達した根系を備えた非常にまともな苗を生産します。植え付け後3年目に、母球根は5〜8個の娘球根で生い茂ります。開花が完了した後、巣は掘り起こされ、室温で空気がアクセスできる暗い部屋に保管されます。カマッシアの球根が乾燥するのを防ぐために、地面に植える直前に分離します。感染と感染を防ぐために、材料は過マンガン酸カリウム溶液で消毒されます。

緩い基質の植え付け深さは約15cm、重いものの場合は10cm以下です。球根を花壇にグループで配置すると、植え付けはより装飾的に見えます。

庭でカマッシアの世話をする

庭にカマッシアを植えて世話をすることは難しくありません。庭の明るいコーナーや明るい部分的な日陰にある場所は、花壇をレイアウトするのに理想的です。日陰では、花柄が伸びて青々と茂り、花は茎に長く留まります。

土壌

肥沃な環境で湿ったローム質の中でカマッシアを育てる土壌を選択することをお勧めします。そうすれば、植物は魅力的で細くなります。

水やり

自然の雨の湿気の流れがない場合、サイトは定期的に水をまき、浸水を防ぎます。そうでなければ、腐敗プロセスが始まり、球根はすぐに死んでしまいます。

トップドレッシング

養分が不足している土壌は、シーズン中に数回施肥されます。春に最初に葉が現れるとき、2回目-花柄が形成されるとき。開花多年生植物のためのミネラルの通常の複合体が適しています。時々土がほぐれ、雑草が取り除かれます。

越冬

カマッシアは耐寒性があります。この球根状の多年生植物の越冬は問題なく起こります。花壇用の追加の避難所は組織されないように許可されています。最初は、若い苗木は単に乾燥した葉または泥炭の薄層でマルチングされます。

カマッシアの病気と害虫

カマッシアは多くの害虫に抵抗することができます。球根の鱗で腐敗病巣の発生につながる真菌感染症の症例はめったに観察されません。予防策として、植栽材料は地面に送られる前に完全にエッチングされます。弱く感染した球根は回収できます。それらは掘り起こされ、患部は切り取られ、切り取られた場所は殺菌剤で処理されます。

根球根に脅威を与える最も危険な昆虫の1つはダニです。損傷の痕跡は、葉身の変形、白い斑点のあるプラーク、カビ、腐敗の形で現れます。葉がカールし、球根が収縮します。

感染した巣はすぐに集めて燃やさなければなりません。その後、植栽地に殺虫剤を散布するか、イラクサの葉の溶液で処理します。溶液を準備するには、新鮮なイラクサに沸騰したお湯を注ぎ、5日間醸造します。濃縮物を1:10の比率で水で希釈します。予防のために、球根を土に植える前に熱湯で消毒しても害はありません。

緑の植物を食べるナメクジは、手で集めるか、トラップや餌を使って敷地内に配置する必要があります。

写真付きカマッシアの種類と種類

カマッシア属は数が少なく、6種しか含まれていません。文化的な種が含まれます:

Camassia leichtlinii

ほとんどの園芸家はこのタイプのカマッシアに精通しています。自然界では、植物は粘土基質と穏やかな気候の天候によって支配される地域に住んでいます。私たちは主に米国の領土について話している。花柄のある本枝は丈夫で力強く、高さ約1.4mに達することができます。花序は直径5cmを超えない花冠で構成されています。花の色は青で、紫色の標本もあります。優勢です。多年生植物は、その装飾効果を維持しながら、4年から5年まで1か所で成長することができます。

カマッシアロイヒトリンの最も有名な品種:

  • 明るい青色の花冠を持つcoerulea;
  • アルバは白い花を持つ品種です。
  • セミプレナ-クリーミーなテリー花序;
  • ソフトピンク-星のような淡いピンクのブラシが花の茎を飾ります。
  • サカガウィアは、白い縁取りの葉と美しいクリーミーな白い花を持つ珍しい品種です。

Camassia cusickii

通常の茂みの高さは80cm以下ですが、最も長い茎が40cmに達することのない小さめの標本もあります。この品種のゆるく開いた花冠は淡い青色で塗られています。それらは青々とした花序に織り込まれています。野生の多年生植物は、海を見下ろす山の斜面を登ることを好みます。根の巣は急速に成長し、茂みから重要なジュースや栄養素を引き出すので、少なくとも数年に一度は母球根を分割することをお勧めします。

オランダのブリーダーによって育てられたズワーネンブルクの品種は注目に値します。植物は巨大な青い花冠によって区別されます。

Camassia quamashまたは食用(Camassiaquamashsyn。CamassiaEsculenta)

花は中程度の高さで、花序には30〜40個の花冠が含まれています。それぞれの直径は約4cmです。品種は青と淡い紫の色合いで、時には白で表示されます。

品種のうち、言及する必要があります:

  • 青いメロディー-金色のおしべと葉が付いた深い青色の花冠。両端は白で縁取られています。
  • オリオン-品種の高さ80cm、天国のトーンの花序。

ランドスケープデザインのカマッシア

植物が衰退するとすぐに、すべての地面の部分も重要なプロセスを終了します。 8月上旬には花壇が空になりますので、後から花がいっぱいになるので気をつけてください。

カマッシアは、新芽の高さと品種の色を考慮して栽培されています。背の高い多年生植物のグループに属する花の種は、花壇の中央または生け垣として好意的に見えます。庭の植物は、増加を考慮して植えられた場合、それほど魅力的に見えません。そうすれば、花は隣接する植栽を閉じません。下の品種は、石庭に置くか、縁石に沿って植えることをお勧めします。カマッシアは、自然の貯水池の素晴らしい装飾になります。花は湿気に強いです。


春に夢中。パート3:晩春

春の最後の時期、つまり春の終わり、または夏の前は、緑豊かな草、咲く庭園、そして待望の暖かさのための肥沃な時期です。この期間中、スズラン、パンジー、凶暴、デイジー、ワスレナグサ、フロックス、ライラック、ジャスミン、バードチェリーなど、咲く可能性のあるすべてのものが咲きます。このリストは長期間継続することができます。しかし、私たちはあなたの注意を、多種多様なものによって区別され、庭のモダンなデザインで長い間価値のある場所を獲得してきた装飾的な弓に注目したいと思います。この気取らない球根状の植物は、春の終わりに咲き始め、美しさのピーク時に長期間凍結します。大小の紫と白のボール-花序は、フォーマルガーデンと田舎のガーデンの両方でフラワーガーデンを有利に強調することができます。ほんの数種類の観賞用タマネギが、5月から8月まで続く風景に明るいアクセントを加えます。装飾用の弓が主役を演じるヨーロッパの春の庭園を散歩してみましょう。

ローカスフレバムガーデン

数年前、オランダの庭の所有者であるLocus Flevumは、ガーデニングアートの古典的な要素を現代建築と結び付けるという任務を自らに課しました。そして、起業家の若いカップルのそのような大胆な決定は報われました:LocusFlewumは現代の園芸の例です。巧みにそして素晴らしい想像力で、構成は生け垣、池、アーチ、トレリス、多年生植物と球根状の花を含みました。

春の終わりには、庭は南部の国々の特徴である喜びを放ちます。そして、家の白いファサードと砂利道は、冬に忘れられていた、休暇前の陶酔感の始まりの感覚を高めるだけです。今年のこの時期、観賞用のタマネギの花序の紫、青、紫のボールがプライベートガーデンを可能な限り明るくします。丈夫な桃のピンクの花と集水域の紫と赤の花序は、彼らを陽気な仲間にします。 2つの例は、互いに対照的な花の形を示しています。優雅な植物に囲まれた、観賞用タマネギのコンパクトなボールは自然で魅力的に見えます。そして、逆に、総状花序の花序を背景に、装飾的な弓のグラフィックの厳しさはより顕著です。

クリスチャンバールガーデン

5月、春の球根状の花のほとんどがすでに色あせており、多年生植物がまだすべての栄光を咲かせる準備ができていないとき、ドイツのシュレスヴィヒホルシュタインにあるバルの庭は浮かぶ紫色のベールで覆われているようです。観賞用タマネギの開花の時が来ました。キャットニップと巨大なタマネギ(Allium giganteum)は、大きな草の繊細な緑と絡み合って、楽観主義と活力を醸し出す庭全体のトーンを設定します。

バルの庭は卓越性の追求です。庭の建築家は、1つの色と数種類の植物を使用して、装飾的な玉ねぎで作られた花畑の視覚的な拡大と開放性の効果を実現しました。美しい和音にこぼれる見事に配置された音符のように、フラワーボールは春の終わりと夏の到来を告げる独自の魅力的なメロディーを伝えます。観賞用のタマネギの花序は、庭全体に散らばっている緑色のツゲの木のボールに正式に反映されています。

庭の球形は偶然ではありません。結局のところ、ボールは人間の文明の最も重要で古代のシンボルの1つであり、宇宙と世界秩序のシンボルです。庭が常に魅力的であり続けるために、このモデルによるそのデザインは、特定の先見性を必要とします。キャットニップと装飾的な弓の暴動がゆっくりと消えていくと、フロリバンダのバラがソロの役割を果たし始めます。翡翠色に輝く観賞用玉ねぎの種莢だけが春を彷彿とさせます。

Svenja Schwedtke Garden

庭の植物は、すべての創造的なものと同様に、時代の傾向に左右されます。 50年代に人気の長い茎のティーローズと、今日流行しているイングリッシュブッシュローズを覚えておいてください。多くの場合、トレンドの変化は、珍しいアイデア、カリスマ性、忍耐力で、私たちの好みや見解に影響を与えることができた個性に関連しています。例としては、デビッドオースティンのバラやピートウドルフのプレーリーガーデンがあります。しかし、球根状の植物、特に観賞用のタマネギの世界では、SvenjaSchwedtkeとRainerKumetatが、この植物の膨大な多様性と美しさに目を向けました。 2人の情熱的な庭師は、球根状の花の現代的な使用の先駆者です。 10年間、装飾用のタマネギの花序の明るい帽子が、スイスのホルシュタイニシェ(ドイツ)の端にある果樹園のテーマ別のデモンストレーションガーデンを飾っています。

秋に特別に作られた球根状の花の市場には、好きな品種をたゆまず注文する何百人もの訪問者が集まります。選択を失った人々のために、Svenja Schwedtkeは次の実用的で効果的なアドバイスを提供します:庭全体に安価なPurple Sensation球根を惜しみなく植え、専用のGlobemasterを使用してアクセントを追加します。

Lesdéessesvertesgarden

ベルギーが素晴らしいプライベートガーデンの国であることに驚く読者もいるかもしれません。ことわざにあるように、「ノブレス・オブリージュ」-ポジションが義務付けています!そのような結論は、光沢のある真ちゅう製のドアプレートに注意を払うだけでよいことを示唆しています。その存在は、訪問者が男爵、王子、またはある種の伯爵夫人の家に入ったことを示しています。 KathleenとDanielDe Sy-DeSmetではまったく異なります。ここでは、義務的な立場ではなく、どれだけ良い味が優勢です!

獣医師の夫婦の庭は通りから部分的にしか見えないという事実にもかかわらず、それは魅力的な第一印象を与えます:本当の大草原の前庭! 21世紀のランドスケープデザインへの移行は完璧です。キャスリーン・デスメットは、優雅な草とコンパクトな球状のツゲの木の茂みを完璧に組み合わせています。荒れ狂う草の海は、セージと観賞用の濃い紫色の玉ねぎで飾られています。

そして、太陽はその金色の光線で特定の復活をもたらすので、ここではこれ以上の色は必要ありません。プラスの効果を得るには、そのような草原の風景は確かに多くのスペースを必要とします。 「Lesdéessesvertes」では、プレーリーの植栽は約200m2の面積をカバーしています。丘陵地帯は、ピラミッドとコーンで飾られたきちんと整えられたイチイの生け垣によって視覚的に遮られています。庭の植物は、葉と花のグラフィカルに単純な構造を持っています。したがって、波立たせられたギボウシの葉と白い帽子の優雅さから注意をそらすものは何もありません-観賞用タマネギの花序。

球根状の花の植え付け場所の選択

春と秋には、何百もの種と何千もの種類の球根状の花がアマチュアの庭師を魅了します。失望を避けるために、着陸地点を選択する際に従うべきいくつかの条件があります。ドイツのミリアムミュンヘンは彼女の経験を共有しています。彼女の雇用主は47年間、Kiepenkerlブランドで花の球根を販売しており、その中には多くの新製品があります。

球根状の花は、よく咲くのに日当たりの良い場所だけが必要ですか?
マリアムミュンヘン、キーペンケル:

植物の種類によって異なります。一般に、背が高く、開花が遅く、大きな花が咲く球根状の花や結節性の植物は、大量の開花のために多くの日光を必要とします。これらには、古典的な水仙とエゾライチョウ、チューリップと装飾的な弓が含まれます。ユリ、グラジオラス、ダリア、カンヌなど、夏に咲くあらゆる種類の植物も太陽が大好きです。しかし、早春と春の開花のすべての花は、低木の明るい色合いで素晴らしい気分になります。これは、繊細なスノードロップ、春の植物、クロッカス、森の木、アネモネ、キオノドックス、春の白い花、カンディク、ムスカリ、ヒヤシンス、森のチューリップ、花序の白いボールを持つ野生のニンニクに適用されます。

濡れた場所に球根状の花はありますか?
マリアム・ミュンヘン、「キーペンケル」:

もちろん、ここでも非常に湿った土壌を好むエゾライチョウをお勧めしたいと思います!ヨーロッパのカンディクと春の愛好家は、湿った土壌で気持ちがいいです。遅いチューリップと一緒に、カマッシアは咲き始めます、その球根も湿気を好みます。湿性草地のクロッカスの中から、クロッカストマシーニを選ぶべきです。

球根状の花のトップドレッシング

球根状の花の受精に関しては、相反する意見もあります。私たちは、Neudorffの専門家であるSabineKlingelhöferに、有機肥料の的を絞った使用を好む確かなアドバイスを求めました。

どの球根状の花が受精を必要としますか?
サビーネ・クリンゲルホーファー、ノイドルフ:

すべての球根状の花は、球根に蓄積する青々とした開花のための栄養素を必要とします。森のチューリップ、春の花、スノードロップ、ブルーバード、キオノドックスなどの春の小さな前触れは絶対に要求が厳しくありません。春先に厚さ1cmの堆肥を散布するだけで、芝生にクロッカスやスノードロップが生えた場合は、定期的に芝生に栄養を与えることで栄養分を完全に満たすことができます。通常、追加の施肥は必要ありません。一シーズンしか咲かない短命のチューリップは、追加の肥料を必要とせず、庭や浴槽に興味深いアクセントを付けます。

大輪の球根状の花では状況が大きく異なり、毎年青々とした開花が見込まれます。これらには、例えば、水仙、エゾライチョウ、観賞用タマネギ、および多年生のチューリップとヒヤシンスが含まれます。彼らはたくさんの栄養素を必要とします、そしてそれは球根状の植物のために彼らに特別な肥料を与えることによって彼らに提供します。

肥料を与えるのに最適な時期はいつですか?
サビーネ・クリンゲルホーファー、ノイドルフ:

実践によると、施肥に最適な時期は3月末で、最初の緑が現れ、球根が新しい栄養素を蓄積し始めます。このとき、球根状の花用の特殊肥料を使って対象を絞った施肥を行う必要があります。

受精は何に貢献しますか?
サビーネ・クリンゲルホーファー、ノイドルフ:

一方では、窒素、カリウム、リン酸塩などの栄養素が青々とした花を咲かせます。これは私たち全員が球根状の花に期待するものです:信頼性が高くカラフルです!一方、特定の微生物は、根の活動と球根内の栄養素の蓄積を刺激します。そして、その結果、私たちは何を得るのでしょうか?力とエネルギーに満ちた植物は、来年の壮大な開花で再び私たちを喜ばせるために、植生の一時停止に入ります。赤ちゃんの球根の形成のために、摂食植物は栄養素の過剰な蓄えを使用します。

春は一年で最も素晴らしい時期であり、新しい計画、アイデア、そしてそれらの成果の時期です。私たちがお話しした春の庭は、魅惑的な春の香りであなた自身の庭を作るきっかけになると信じています。ですから、躊躇せず、躊躇しないでください。大胆にビジネスに取り掛かる!

CarmenSzadzikとMelittaKolbergによる本「VerrücktnachFrühling」から(CarmenSzadzikとMelittaKolbergによるCrazyAbout Spring)

翻訳:LesyaV。
特にインターネットポータル用
ガーデンセンター「あなたの庭」

エラーに気付いた場合は、必要なテキストを選択し、Ctrl + Enterを押して編集者に通知します

コメント:

コメントはまだありません。コメントを追加できます。
これを行うには、登録またはログインする必要があります。


カマッシア

著者KlimovE.A。、著者による写真。

カマッシアはまだロシアの花の栽培者にはほとんど知られていません。

私たちは、母国ではまったく異なる基準で評価されているとは考えずに、ほとんどの顕花植物の独自性と開花の美しさを評価しています。これらの植物にはカマッシアが含まれます。この属の名前は、フレーザーとロイヒトリンカマッシアの球根を食べるインド人の地元の部族に由来しています。これらの植物の生息地は、北アメリカの温帯の山の牧草地です。カマッシアは、開放的で日当たりの良い場所、粘土質の土壌、春の湿気、夏の乾燥を好みます。カマッシアは厳しい霜によく耐え、害虫による被害を受けません。植物が数年間移植されない場合、それらの開花はより壮大になるだけです。カマッシアは、岩の多い庭、石庭で特に優れています。私たちのコレクションにあるこの属の7種のうち、次のものは20年以上にわたって美しく成長しています。

- カマッシアkvamash (Camassia quamash)は1827年に記述されています。その生息地は、西アメリカとカナダの山の牧草地です。球根は球形で、黒く、直径2〜3cmです。カマシアクバマッシュは初夏に2週間咲きます。直径3〜4cmの青紫色の花が30個以上咲き、高さ40cmの花房に咲きます。A岩場や岩場のために特別に作られたこの種「オリオン」の素晴らしい品種:高さ20cm、花は濃いメチルブルーで、その青々とした、開花さえも小さな庭で鮮やかな効果を生み出します。

- カマッシアロイヒトリン (Camassia leichtlinii)1837年にドイツの庭師M.Leichtlinにちなんで名付けられました。この種の故郷は、バンクーバー湖からカリフォルニアまでのアメリカ西部の粘土山の牧草地です。球根は卵形で、直径3cmまでです。カマッシア・レイトクリナは6月に咲きます:高さ50cmから直径4cmまでの60本の青い花までのブラシで。この種の青、紺、紫、白の形があります。コレクションに興味深い:カマッシアセルレア(Coerulea)とブルーライラックの花カマッシアアルバ(アルバ)と白い花、カマッシアセミプレナ(セミプレナ)とセミダブルクリームの花。

- カマッシアフレイザー (Camassia fraseri)旅行者D.フレイザーにちなんで名付けられました。その生息地は、ペンシルベニアからミネソタまでの山岳斜面です。球根は球形で、色は茶色で、直径は最大3〜4cmです。高さ30cmまでの珍しい花の総状花序は、直径4cmの葉で最大20個の青紫色の花をつけます。

- カマッシアクジカ (Camassia cusickii)1888年にS.ワトソンによって記述されました。アメリカ西部のタイガ地帯で成長し、海抜1800mに達します。この属では珍しいのは、この種の球根です:それらは幅広の卵形で、長さ8 cm、直径4 cmまでです。カマッシアKuzikの花序は、高さ1メートルまでで、直径5cmまでの水色の花が80個あります。

- カマッシアハウエル (カマッシアhowellii)。その生息地は、オレゴン州南部の湿性草地です。球根は球形で茶色です。カマシアハウエルの花房は高さ50cmで、30〜90個の紫青色の花をつけます。

カマッシアは、娘の球根または種子によって繁殖します。開花後、カマッシアの葉は黄色に変わり、乾きます。 7月下旬から8月上旬にかけて、巣を掘り、娘の球根を分離し、根を傷つけないようにします。すぐに新しい場所にカマッシアを植えることができます。掘った後、カマッシアの球根は植える前に最大1ヶ月間木箱に保管することができます。球根が乾くのを防ぐために、少し湿らせた泥炭に入れます。
種子によるカマッシアの繁殖は長くなりますが、より多くの植栽材料を得ることができます。植物が開花した後、5〜10個の黒い種子が入った種子カプセルが形成されます。すぐにカマッシアの種を2cmの深さまで植え、水と根おおいを植えます。通常のケアで、カマッシアの苗木は4-5年間咲きます。

Gardenia.ruサイトの毎週の無料ダイジェスト

毎週、10年間、10万人の購読者のために、花や庭に関連する優れた資料、およびその他の有用な情報を提供します。


着陸カマッシア

カマッシアは種子と球根によって繁殖しますが、後者の方法が最も簡単で便利です。チューリップ、水仙、ヒヤシンスなど、他の球根植物に関連して使用されている技術とほとんど変わりません。球根は開花後すぐに掘り起こし、摂氏約20度の換気された日光の当たらない場所に2〜3週間置きます。その後、冷暗所に保管します。植える直前に、球根の巣を分割する必要があります。

晩秋に球根を植えたほうがいいです。土壌が軽い場合(砂質および砂質ローム)、腐植土、泥炭、またはローム質のポンドで満たす必要があります-1 m 2あたり4〜5kg。軽い土壌では、植え付けの深さは3球根の直径であり、重い土壌では2直径です。

種子繁殖も使用できます。種子は、長期的な成層(約5か月)が必要なため、秋にも播種されます。種子繁殖中の開花は4〜5年で期待できます。


庭で育つカマッシア

カマッシアは肥沃で緩い土壌を好みますが、重い庭の土壌でも繁栄します。
カマッシアロイヒトリンは、日当たりの良い場所でも、庭の日陰のある場所でも、気分がいいです。

カマッシアの球根が耐えられない唯一のことは、土壌中の停滞した水です。この場合、球根はすぐに腐って死んでしまいます。
乾燥した春、および開花期の極度の暑さと干ばつでは、この植物は水やりが必要になります。

カマッシアの球根を植える場所を庭で選ぶときは、開花後すぐに植物の空中部分が枯れてしまい、花畑には空きスペースが残ることを覚えておく必要があります。したがって、7月末に、この場所を別の植物(夏または多年生)で飾る必要があります。この植物は、後に成長期を開始し、夏の後半によく成長します。

Camassia Leuchtlinは、さまざまな花壇のグループ植栽に最適です。カマッシアは庭の木の下でよく育ちます。その長い花序は、芝生や大きな針葉樹を背景によく見えます。

Gardenia.ruサイトの毎週の無料ダイジェスト

毎週、10年間、10万人の購読者のために、花や庭に関連する優れた資料、およびその他の有用な情報を提供します。


ビデオを見る: 北西の採餌者Ep 5カマス