豆の健康上の利点と害

豆の健康上の利点と害

古代ローマとギリシャでは、豆がメインディッシュでした。彼女はその安さとタンパク質の量のためにグラディエーターの食事の90%を占め、そのおかげで筋肉量が発達しました。非常に長い間、この製品はロシアでの装飾としてのみ機能していました。香り高く絶妙な花を咲かせるつる植物としてフランスから持ち込まれました。豆はおもちゃや装飾品を作るために使用されました。 12世紀頃から食品に使われるようになり、豆の効能と味わいが高く評価されました。さらに、それによる害はほとんどありません。

小豆と白豆の正しい組成

肉はたんぱく質が多いと考えられていますが、炭水化物や繊維は含まれておらず、豆が最も豊富です。 微量元素、ビタミン、繊維のバランスの取れた含有量により、単一製品として使用できます。

100 gには、品種、鮮度に応じて、次のものが含まれます。

  • カロリー量260-300kcal。;
  • 炭水化物48g。
  • でんぷん44gr .;
  • 脂肪酸0.2g;
  • 20〜25gのタンパク質;
  • 脂肪2グラム;
  • 食物繊維13グラム;
  • 水12-16gr。;
  • 炭水化物3-3.5g;

豆には、グループB、PP、A、C、およびビタミンEのすべてのビタミンが含まれています。この組成物は、骨および軟骨組織の適切な形成に必要です。妊娠初期の妊婦は、活発な成長期の思春期の子供と同様に、これらのビタミンで体を飽和させる必要があります。さらに、インゲンを楽しむことができます。

ビタミンEは、ビタミンAおよびCと組み合わせて、視力に有益な効果をもたらします。

微量元素のセットは、この料理を週に1〜2回食べることで、必要な物質で体に栄養を与えるのに十分な幅があります。

マンガン、亜鉛、フッ素、シリコン、クロム、銅、ヨウ素など。豆は鉄分で多くの食品の中でトップであり、100gあたり6mgに達します。製品。これにより、貧血の場合や手術後にヘモグロビンを回復させることができます。

カロリー量

カロリーが十分に高いので、フィギュアにとって危険ではありません。体重管理のアスリートは、タンパク質と繊維が豊富な豆を恐れることなく食べます。この使用の健康上の利点は明らかです。

カロリー量が約300kcalの場合、これが乾燥製品の重量であることを考慮する必要があります。茹でたもの100g、これは約150kcalです。したがって、ロビオを安全に食事することができ、体型が悪化する心配はありません。

体重を減らしたい人が平均1000-1200kcalを持っていると思われる場合。 1日あたり200〜300 kcal。昼食時には、テーブルをいっぱいにしておくにもかかわらず、大成功を収めました。

食物繊維が多いため、豆は消化の問題を解決します、モノダイエットを選択したり、炭水化物食品を間食する習慣がある人を迫害します。

利益と害

製品に含まれる微量元素とビタミンの量を考えると、その利点を過小評価することは困難です。豆の最も重要な利点は、タンパク質、炭水化物、食物繊維のバランスです。複合施設で肉、穀物、果物を食べるようなものです。完成品はカロリーが非常に高いですが、同時に非常に満足のいくものです。

豊富なビタミンセットにより、寒い時期でも元気で元気に過ごすことができます。 昼食時に食べる部分は、ウェイトウォッチャーが大好きな夜遅くまで満腹感を味わうことができます。

筋肉組織の構造に関与するタンパク質が大量に含まれているため、アスリートは必然的に豆を食事に取り入れます。

絶食している人や菜食主義者は、調理されたマメ科植物を食べればタンパク質の摂取について心配する必要はありません。

空腹時の肉は固く禁じられていますが、タンパク質は常に必要です。この製品のおかげで、信者や菜食主義者の食事には、心のこもった健康的で安価な料理があります。 この製品は利尿作用があり、腸の運動性を改善します。

生豆には有毒な化合物が含まれているため、食べるのは危険です。熱処理だけでは皿を固定することはできません。豆を水で沸騰させる必要があります。

次の場合にのみ体に害を及ぼす可能性があります。

  • あなたはしばしば、または大量に豆を食べます。
  • 生豆を食べる;
  • 微量元素の吸収を妨げる動物性脂肪と組み合わせてください。
  • 消化管、膵臓、膀胱結石の病気があります。

薬効と健康上の利点

食品の利点に加えて、それは有機起源の医薬品として使用することができます。

  1. それは素晴らしい利尿剤です。 これらのマメ科植物が食事に含まれている場合、腫れや高血圧との闘いは非常に容易になります。
  2. 過労、倦怠感、うつ病で、 豆の皿はあなたが形を取り戻すのに役立ちます 感情的な状態の原因となる微量元素が含まれているためです。
  3. 女性の体は生殖器官の適切な機能のために有益な糖類と微量元素を必要とします。
  4. 子供たちは筋肉と骨組織の調和のとれた発達のために食事に豆を必要とします、腸の適切な機能、ビタミンと微量元素の体への供給。
  5. 男性の泌尿生殖器系は予防を必要としません 前立腺炎などの炎症性疾患、および慢性-前立腺腺腫など。

女性と男性の禁忌

マメ科植物を食べることの禁忌である多くの病気があります。それ:

  • 胃炎および潰瘍、腸閉塞;
  • 膵炎;
  • アレルギー;
  • 糖尿病、またはその疑い;
  • 糖尿病、および未知の性質の他の皮膚病;
  • 尿路結石症。

病気の疑いがある場合は、危険を冒してはいけません。必ず医師の診察を受けてください。

調理用途:沸騰する前にどれくらい浸すか?

豆料理は、南部地域、コーカサス、および一部は中部地域の料理で一般的です。

お粥、マッシュポテト、スープはそれから作られています。優れたペストリーやピューレを作るものもあります。

料理は簡単です。 あなたはいくつかのルールを知る必要があります:

  • 豆を冷水に一晩浸してから調理します。浸したとき、それはその有益な特性を失うことはありません。時間にどれだけ浸すかはタイプによって異なります。
  • 調理中は皿に塩をかけないでください。豆を茹でた後だけにしてください。
  • 豆の味、柔らかさ、香りが失われるので、皿を塩漬けにしすぎないでください。
  • 2時間以内で調理します。

最も有名な豆料理は、もちろん、スープとロビオです。

スープはエンドウ豆と同じように作られ、想像力の空間があなたの切り札になります。燻製肉と組み合わせると魅力が失われませんが、まずは香ばしい肉を使わず、玉ねぎの燻製とお好みのスパイスだけで調理してみてください。

ロビオは有名なグルジア料理です。実際、それはゆでた豆で、香辛料、ハーブ、トマトでたっぷりと味付けされています。 コーカサスで一般的と考えられているシンプルな料理。 結局のところ、小豆または白豆を浸してから沸騰させることは難しくありません。

それぞれの料理は有益であり、病気を引き起こす可能性があります。あなたの好みの好みは有益であるはずです。 豆は3つの製品を置き換える製品です。 したがって、あきらめるべきではありません。


緑色の豆の利点と害

何世紀も前に、古代エジプト人、中国人、南アメリカ人はインゲンの価値を発見しました。人々はそれを食べることだけでなく、それから様々な薬や化粧品を作ることも学びました。 16世紀にサヤインゲンはヨーロッパに持ち込まれましたが、ここでは人体への利点は認められませんでした。豆は観賞用植物としてのみ成長し始め、人々はそれを食べませんでしたが、花と登山の芽を賞賛しました。

18世紀になってようやくヨーロッパ人は豆を食べ始めました。最初に穀物を食べ、次に鞘を食べました。しばらくすると、味が良くなり、ジューシーでやわらかい新種の豆が栽培されました。このようにして、後にフランスと呼ばれるインゲンが得られました。

現在、美しい花を咲かせ、貴重な食品となる豆は20種類以上あります。


構造

ミネラル成分に関して、最も重要な定量的指標(100ミリグラム/ 100グラム以上)は次のとおりです。

  • カリウム
  • カルシウム
  • マグネシウム
  • 硫黄
  • リン。

微量元素のうち、豆はアルミニウム、ホウ素、マンガン、銅、亜鉛が豊富です。グループBのすべてのビタミンとE、PPが含まれています。エネルギー量-300キロカロリー/ 100グラム。


薬効成分は何をしますか

豆にはクレンジング特性があり、尿を溶かして駆動します。利尿作用は主に穀物の皮によって発揮されます。豆は消化するのに長い時間がかかり、厚い物質を生じさせます、特に白豆は胸と肺を柔らかくし、体に膨満感を与えます。

豆は食事特性が良いので、さまざまな胃腸疾患、腎臓、肝臓、膀胱疾患、心不全の食事栄養に使用されます。

豆はなだめるような性質を持っているので、豆料理を食べることは神経系に有益な効果をもたらし、落ち着きと自己満足を提供します。

豆は歯の健康に非常に有益です:食物の定期的な消費は歯石の形成を防ぎます。これは、その抗菌特性によるものです。

また、豆料理は結核に非常に役立ちます。


豆の利点-11の健康上の利点

糖尿病に役立つ

豆には、インスリンと特性が似ている独特のアミノ酸であるアルギニンが含まれており、血糖値を下げるのに役立ちます。豆はカロリーが低く、糖尿病を含む多くの病気の食事栄養で高く評価されています。

消化器系の機能を改善します

豆は食物繊維の良い供給源です。不溶性繊維と水溶性繊維の2種類の繊維が含まれています。水溶性食物繊維は、食物から吸収するコレステロールの量を減らしますが、不溶性食物繊維は、消化と腸の運動性を高めるために適切な量の食物を提供します。豆や他のマメ科植物を食べた後、栄養士は消化器系が余分な繊維を適切に使用するのを助けるためにもっと水分を飲むことを勧めます。

心臓血管系にプラスの効果があります

豆は食物繊維が豊富で、コレステロール値を大幅に下げることができます。豆に含まれるこのような繊維の含有量は、ホモシステインのレベルを下げるのに役立ち、心臓発作、血管および心臓病の可能性を大幅に減らします。さらに、マメ科植物に含まれるマグネシウムは、一般的に健康な心臓血管機能をサポートするのに役立ちます。

肌を癒します

豆には亜鉛が豊富に含まれており、健康な肌を維持する上で重要な役割を果たしています。亜鉛は皮脂腺の適切な機能を助け、汗の生成を促進します。さらに、豆に含まれる葉酸は、新しい皮膚細胞の形成に役立ちます。定期的な細胞の更新は毛穴の詰まりを取り除き、にきびの発生を減らします。したがって、豆の摂取は肌の健康を改善するのに有益です。

倦怠感を和らげます

倦怠感、無気力、肉体的および精神的疲労、倦怠感および脱力感-これらの不快な症状はすべて、マメ科植物に含まれるマグネシウムの助けを借りて軽減することができます。豆のマグネシウム含有量は、疲労を大幅に軽減することができます。また、神経系、血管、筋肉をリラックスさせます。豆を定期的に摂取することで、筋肉痛を軽減し、頭痛、片頭痛、さまざまな喘息の症状を和らげることができます。

関節リウマチの症状を和らげる

関節リウマチは、特に足首、足、指、手首に関節の炎症と脈動する変形とこわばりを引き起こす、深刻で長期にわたる進行性の疾患です。豆には最適な量の銅が含まれているため、豆を頻繁に摂取することはこれらの炎症性疾患を軽減する効果的な治療法です。銅は特定の酵素活性を刺激し、関節、血管、靭帯の弾力性を維持するために重要です。

風邪を治療します

一般的な風邪は、主に耳鼻咽喉科の臓器に影響を与える上気道のウイルス感染症です。豆を摂取すると、体の免疫システムが改善され、風邪や咳からも保護されます。この製品は鉄の吸収を確実にし、したがって、感染に対する体の抵抗力を高め、ウイルスとの戦いを刺激します。

アルツハイマー病の予防

アルツハイマー病は、実際には、早期の狂気の主な原因でもある脳機能の一般的な悪化により、中高年に発生する神経衰弱です。ビタミンBは正常な脳機能に必要な栄養素であり、豆にかなりの量が含まれています。神経、脳、細胞に栄養を与え、アルツハイマー病などの加齢性疾患の予防に役立ちます。

骨を強化します

豆に含まれるカルシウムとマンガンは骨組織を強化し、それによって骨粗鬆症(骨がもろくなり、もろくなる状態)を防ぎます。さまざまな研究により、葉酸レベルが低いと、骨粗鬆症に関連する骨折、主に女性と男性の股関節骨折のリスクが大幅に高まることが示されています。豆には、健康な骨を維持するために不可欠なビタミンKも含まれています。

若返り効果があります

豆には、強力な老化防止特性があり、体組織へのフリーラジカルによる損傷を制限する抗酸化物質が含まれています。このように、この製品は、環境要因や不健康な食品によって引き起こされる長期的な問題から皮膚や臓器を保護するのに役立ちます。

白内障を治療します

白内障は最も一般的な眼疾患であり、その主な原因は体内のビタミンCの不足です。豆にはこのビタミンが大量に含まれているため、眼への血液供給を増やすのに役立ちます。


豆ができます

この製品には多くの利点と幅広い用途があります。しかし、誰もが食事に豆を使用することは常に可能ですか?

子供のための

有用なビタミンと微量元素が含まれているため、マメ科植物は子供に推奨されます。しかし、それらは他の野菜と一緒に、例えばシチューの形で徐々に食事に取り入れられるべきです。

妊娠中

妊娠中の女性が食事に豆を加えることは可能であるだけでなく、妊娠中の女性にとって非常に必要な有用な微量元素が大量に含まれているため、必要です。

これは中毒症の優れた治療法です。多くの女性は、妊娠中の食事でマメ科植物を一貫して使用すると、つわりが大幅に減少することを発見しました。

この製品には銅も含まれており、妊婦にとって非常に有益です。銅はヘモグロビンの成分の1つであり、妊娠中は正しいレベルに維持する必要があります。若い母親が以前にこれらの豆を食べたことがない場合は、豆の味がそれほど目立たない他の成分の存在下で、スープの助けを借りて食事に導入する必要があります。

授乳中

母乳育児の期間中、母親の食事は可能な限り多様で強化されるべきです。しかし、多くの人は、授乳中に豆を食事に使用することは、赤ちゃんのガジクに寄与する可能性があるため、それだけの価値はないと考えています。しかし、研究はこの意見に反論しています。もちろん、子供がガスを持っている場合は、しばらくの間この製品をあきらめる必要があります。しかし、赤ちゃんの胃に問題がなければ、マメ科植物を使用する必要があります。さまざまなビタミンや微量元素が、母親の体だけでなく、赤ちゃんの体も強化します。


害と禁忌

小豆は特定の病気にはお勧めできません。たとえば、 鼓腸 マメ科植物の代表として、それはガス生産の増加を引き起こします。ただし、製品を沸騰させる水にミントを加えると、この効果の発現を減らすのに役立ちます。 苦しんでいる人のために豆を食べることはお勧めできません 痛風プリンが含まれているので。プリン化合物の分解生成物は尿酸であり、腎臓では処理できず、体内に蓄積して病気を悪化させます。

小豆は消化が難しく、胃腸に問題のある人への使用が制限されています。病気(胃炎、胃潰瘍)の場合は、マメ科植物の使用を除外することをお勧めします。

小豆はビタミンとタンパク質の最も豊富な供給源です。これは、体に必要なものすべてを提供し、免疫力を強化し、妊娠中の多くの問題を回避することを可能にする重要なダイエット製品です。ただし、体に害を及ぼさないように、準備と消費の明確なルールを順守する必要があります。


ビデオを見る: ゆっくり解説本当のたばこの話をしようメリットあるの