クテナンテ-クズウコン科-クテナンテ植物の世話と成長の方法

クテナンテ-クズウコン科-クテナンテ植物の世話と成長の方法

私たちの植物を育てて世話をする方法

クテナンテ

ザ・ クテナンテ それらは非常に広く普及しており、葉の美しさと栽培のしやすさの両方で高く評価されています。

植物学的分類

王国

:

植物

クレード

:被子植物

クレード

:単子葉植物

クレード

:ツユクサ類

注文

:

ジンジベラレス

家族

:

クズウコン科

種類

:

クテナンテ

:「主な種」の段落を参照してください

一般的な特性

ジャンル クテナンテ の家族のクズウコン科 南アメリカの熱帯湿地に自生するが、主にブラジルの南東に集中しているいくつかの種が含まれています。

これらは常緑植物で、ほとんどが槍状の長いペティオレートの葉の美しさのおかげで観賞用植物として非常に普及しています。薄層は、濃い緑色から明るい緑色、黄色、銀まで、さまざまな色の多数の縞模様が特徴です。 、種や品種によっては白になります。

開花は、アパートで育てられた植物ではまれですが、黄色または白色のラセミ花序に集まった管状の花が特徴です。

主な種

属には約15種があります クテナンテ その中で最も一般的なものは次のとおりです。

CTENANTHE OPPENHEIMIANA

そこ クテナンテoppenheimiana ブラジル原産の低木植物で、美しい長いペティオレートの葉が特徴で、上部は濃い緑色で大きな銀色の縞があり、下部は通常濃い赤色の槍状の形をしています。


注1

それらは、自然界で問題なく高さ2メートルに達することができる匍匐茎の根を持つ植物です。

葉の形やひだが異なる品種がたくさんあります。

CTENANTHE LUBBERSIANA

そこ Ctenanthe Lubbersiana ブラジル原産で、上側に緑と黄色の濃い緑色の線状の葉があり、下側には薄緑色の縞模様があります。


高さ50cmを超えず、自然界でも大きな寸法に達しない植物です。

CTENANTHE BURLE-MARXII

そこ Ctenantheburle-marxii 薄緑色の葉と濃い緑色の縞があります。

シルキークテナンテ

そこ シルキークテナンテ観賞植物として高く評価されているブラジル原産の草本植物です。その特徴は、上のページでは濃い緑色の縁に沿って縁取られた薄緑色で、下のページではアマランサス色である葉です。

文化的手法

ザ・ クテナンテ 植物を育てるのは難しくありません。

冬の最低気温は15°Cを下回ってはなりません。

彼らはたくさんの光を必要としますが、直射日光を避けます。

葉が非常に大きい植物なので、定期的に洗ってほこりがたまらないようにすることをお勧めします。これを行うには、温水で湿らせた柔らかい布を使用するか、浴槽または庭で古典的な「シャワー」を取り、土が浸るのを防ぐために鍋の土を保護します。

葉の磨きとして示されている市場に出回っている製品は、植物に深刻な損傷を与え、気孔を塞ぎ、植物の正常な生理機能を妨げるため、絶対に使用しないでください。

水やり

春から夏にかけての水やりは豊富で、秋から冬にかけては、土壌が乾燥するのを防ぐのに十分なだけ、水やりを大幅に減らす必要があります。受け皿に停滞した水を残さないように十分注意してください。それらは決して許容されません。

それらは良好な環境湿度を利用するため、暑い季節には、植物の周りに湿気のある微気候を作り出すために、定期的に、1日に数回でも葉にスプレーすることをお勧めします。

土壌の種類-REPOT

のために クテナンテ 酸性で特に水はけのよい土壌を使用する必要があります。灌漑用水の排水を容易にするために砂を加える等量の葉と泥炭の土壌によって、良好な混合物を形成することができます。

いかなる場合でも水の停滞を許容しない植物であることを考えると、土壌が呼吸できるようにし、したがって私たちが持っている水やりの誤りを修正するテラコッタポットを使用することをお勧めします。

鉢が小さすぎて植物を収容できない場合にのみ行わなければならない植え替えは、房の分割による植物の増殖を進めることもできる春の初めに行われます。

受精

ザ・ クテナンテ それらは、灌漑用の水で希釈された良質の液体肥料を使用して、春から夏にかけて3〜4週間ごとに施肥され、肥料パッケージで報告されているものと比較して用量が半分になります。

窒素(N)、リン(P)、カリウム(K)などのマクロ要素に加えて、いわゆるマイクロ要素、つまり植物が最小限の量で必要とする化合物も含む肥料を使用することをお勧めします(ただし、ハプールは常に必要です)マグネシウム(Mg)、鉄(Fe)、マンガン(Mn)、銅(Cu)、亜鉛(Zn)、ホウ素(B)、モリブデン(Mo)など、すべて正しくバランスの取れたものにするために重要です植物の成長。

剪定

剪定できない植物です。寄生虫病の媒介となることを防ぐために、徐々に乾燥したり損傷したりした葉だけを取り除きます。

彼らがアパートで繁栄できることは非常にまれです。

乗算

の乗算 クテナンテ それは房またはpertalea(C.lubbersiana)の分割のいずれかによって発生する可能性があります。

植物の茂みの分割による乗算

春には、植物が十分に大きいとき、それは単純に2つ以上の部分に分割され、各部分に少なくとも2つの芽があることを確認し、各部分を別々のポットに植え、「植え替え」の段落に示されているように土壌を使用します。

TALEAの乗算

節のすぐ下で10〜15cmの長さの挿し木を行います。斜めにカットすることをお勧めします。これにより、発根する表面が広くなり、この表面に水がたまらないようになります。かみそりの刃または鋭利なナイフを使用して、生地のほつれを防ぎ、カットに使用するツールに注意してください。組織への感染を防ぐために、清潔で消毒されています(できれば炎で)。

カットされた部分は、泥炭と砂の混合物に等しい部分に配置されたカットの発根を促進するために、根圏生成粉末に浸されます。

ボックスまたはポットは、プラスチックを切り傷から遠ざけるためにスティックを土に置き、湿気の損失を防ぐために弾性でバッグを締めた後、透明なプラスチックシートまたはフード付きバッグで覆われます。温度が21〜24°C前後の家。毎日プラスチックを取り除き、地面の湿気をチェックし、プラスチックから確実に形成された凝縮を取り除きます。

最初の芽が現れ始めたら、それは挿し木が根付いたことを意味します、その時点でプラスチックは永久に取り除かれ、ポットは同じ温度でより明るい領域に置かれ、挿し木が強くなることを期待します。それは十分に強いです大きく、それらは最終的なポットに移植され、成体植物のように扱われます。

寄生虫と病気

葉が変色している​​ように見える

葉が変色している​​ように見える場合は、照明が不十分であることを意味します。
対処法:植物を明るい場所に移動しますが、直射日光が当たらない場所に移動します。

黄色に変わり始め、黄色と茶色に染まったように見える葉

葉が黄色に変わり始め、これらの症状が現れた後、それらはしわくちゃになり、ほとんどほこりっぽい外観になり、非常に厄介なダニである赤いクモの攻撃の存在下で落ちる可能性があります。注意深く観察すると、特に葉の下のページに薄いクモの巣が見られます。

救済策:葉への噴霧の頻度を増やし(湿度の不足はそれらの増殖に有利に働きます)、おそらく、特に深刻な蔓延の場合にのみ、特定の殺ダニ剤を使用します。植物が特に大きくない場合は、湿った石鹸の綿球を使用して、葉を掃除して寄生虫を機械的に除去することもできます。その後、すべての石鹸を取り除くために植物を非常によくすすいだ。

注意
(1)クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(CCBY 3.0)の下でライセンスされたForest&KimStarrによる画像

カラテアゼブラ、ゼブラ植物

ラテン語名: カラテアゼブリナ

.
シノニム: カラテアバイカラー

家族:クズウコン科
原産地:トロピカルアメリカ

開花時期: 春夏

.
植物の種類:熱帯草本植物
.
植生の種類:
多年生の根茎腫
.
葉の種類:
多年草

.
高さ:
100cmまで


Ctenanthe burle-marxii [花瓶Ø12cm|高さ20cm。]

Ctenanthe burle-marxii植物は、クズウコン科に属し、ブラジルの熱帯地域に由来する観葉植物です。それは、卵形から卵形-長方形までの美しい葉を持ち、濃い緑色から銀色までの色の縞があり、下側は濃い紫色で、緑色の茎は紫色を帯びています。スパイク状に集められた白い花を咲かせます。大きな葉は定期的にシャワーの水または湿らせた布で洗う必要があります。

  • 家族:クズウコン科
  • 原産地:熱帯ブラジル
  • 光:直射日光ではなく、たくさんの光
  • 理想的な温度:13°C
  • 散水:土壌を湿らせ、水の停滞、頻繁な噴霧を回避します
  • 土壌:柔らかく水はけのよい、ポット内の普遍的な土壌、ポットの底にある膨張した粘土は、排水を促進します
  • 施肥:月に2回、緑の植物に液体肥料を与えます
  • 繁殖:房の分割


ゲッペルティア

次に、「go-PER-shuh」と発音されるGoeppertia属を紹介します。このセクションのすべての種は、以前はカラテア属に属するものとして分類されていましたが、再分類されました。

この変更の理由は何ですか?

A DNA分析 2012年に実施されたものは、他のカラテアと比較した場合、これらの種のいくつかの遺伝的差異を明らかにしました。この分析に関与した研究者たちは、これらの種が独自の属に値すると判断しました。

以前はカラテアとして知られていた4つの品種:G。makoyana、G。zebrina、G。ornata "Beauty Star"、G。orbifolia。 KristinaHicks-Hamblinによる写真。

したがって、カラテア属のほとんどの種は、後にゲッペルティアとして再分類されました。私はそれを非公式に「2012年の大カラテア再分類」と呼んでいます。

しかし、この属に属する観葉植物は、売り手、買い手、庭師によって今でも一般的に「カラテア」と呼ばれているため、購入するものを探すときは、カラテアを探すと便利です。

の種 この属は起源 メキシコ、中央アメリカ、カリブ海、南アメリカで。

4.コンシナ

Goeppertia concinnaの栽培品種である「Freddie」は、薄緑色と銀色で、濃い緑色のヘリンボーンパターンを持つ尖った卵形の葉を持っています。

「フレディ」は直立した成長習慣を持っており、20インチの広がりで高さ20インチに成長します。

G.concinna生きている植物「フレディ」

「フレディ」があなたの栄養のある友人のように思えるなら、あなたは彼が辛抱強く待っているのを見つけることができます 地形へ.

5.クロカタ

Goeppertia crocataは、紫色の下部を持つ大きな濃い緑色の葉を持っています。葉は波状の質感を持っています。

特定のワニの形容詞は「サフラン色」を意味し、ブラジルからのこの種の鮮やかな黄金色のオレンジ色の花を指します。

Calathea crocataの同義語である学名、およびその一般名の1つである「サフラン色のカラテア」で見つけることができます。

他の一般的な名前である「永遠の炎の植物」も、1〜2インチの大きさの種の派手な花に触発されています。

G. crocataは直立した成長習慣があり、最大12インチの広がりで18インチの高さに達することができます。

この鮮やかな花の種は、わずかに酸性からわずかにアルカリ性の土壌で繁殖します。

6.エリプティカ

Goeppertiaellipticaは長くて先のとがった楕円形の葉を持っています。それは薄い白い縞模様で装飾されたミディアムグリーンの色です。葉の下側は薄緑色です。

G. vittataとしても知られるこの種は、以前はCalatheaellipticaまたはC.vittataとして分類されており、南北アメリカ原産です。

直立した成長習慣で、G.ellipticaは高さ8から12インチ成長し、幅6から8インチです。

花は、現れるとクリーム色になります。

G.エリプティカ4 "ポットの生きている植物

このエレガントな緑と白の観葉植物は、4インチのポットで購入できます。 アマゾンから入手可能なウェキバの葉.

7.包帯

Goeppertia fasciataは大きくて丸い葉を持ち、幅の広い濃い緑色の縞模様と中肋があり、薄緑色から灰色の縞模様が対照的です。その葉の下側は濃い赤から紫です。

ブラジル北東部に自生するこの種は、以前はCalathea fasciataとして分類されていましたが、Marantaborussicaと呼ばれることもあります。

G. fasciataには目立たない白い花があり、通常は屋外で栽培した場合にのみ現れます。

この種は、高さが3〜4フィート、広がりが1.5〜2フィートになる可能性があります。

植え替えるときは、G。fasciataが適度に酸性の土壌よりも強く好むことを覚えておいてください。

8. Kegeljanii

「ネットワーク」は、観葉植物のコレクションに追加したいと思う、Goeppertiakegeljaniiの栽培品種です。

それは葉に印象的なパターンを持っています:美しい緑と黄色のモザイク。モチーフは非常に繊細で、近くで見るとよりはっきりと見えます。

ブラジル原産のこの種は、以前の分類を反映して、さまざまな名前が付けられています。

カラテアに分類されると、C。bella、C。musaica、C。cardiophyllaとしても知られていました。マランタに分類され、M。kegeljanii、M。tessellatevar。と呼ばれていました。 kegeljaniiとM.bella。

そして、その初期の同義語とモニカのもう1つは、葉状腫瘍です。

この名前のマトリックスはさておき、購入する標本を探すときに、「ネットワークカラテア」を検索すると、探しているものが見つかる可能性が高くなります。

「レテ」の葉は楕円形で、わずかに波状の縁が尖っており、特大のヒイラギの葉のように見えます。

2008年に特許を取得し、正式に「PP0005」と名付けられたこの品種は、この種の植物よりも斑入りがはっきりしていて、形が厚い。

「ネット」は直立した癖があり、高さ18〜24インチ、幅12〜18インチに成長します。

G.kegeljaniiライブプラント「ネットワーク」6インチポット

この生きたモザイクをあなたの生活空間に持ち込みたいのなら、6インチの鉢にコスタファームの「ネットワーク」があります。 ウォルマートから入手可能.

9.記章

ブラジル原産のGoeppertiainsignisは、長くて細い先のとがった葉と、その一般名「ガラガラヘビ植物」または「ガラガラヘビカラテア」を与えるパターンを持っています。

その葉は薄緑色から黄緑色で、大小の濃い緑色の斑点が交互に見られます。

ガラガラヘビカラテアは、植物学的にはG. lancifolia、Calathea lancifolia、およびC.insignisとしても知られています。

この種の葉は非常に波打っていて、下側は紫または茶色です。

ガラガラヘビのカラテアは、噴水のような成長習慣が広く見られ、高さと幅が20〜30インチに達することがあります。

6インチポットのカラテアライブガラガラヘビ

この美しい標本をあなたの祈りの植物コレクションに追加するために、6インチのポットでHirt'sGardensから購入するカラテアガラガラヘビを見つけることができます ウォルマート経由.

ガラガラヘビの成長について詳しくは、専用の成長ガイドをご覧ください。 ((近日公開!)

10. Lietzei

今回のまとめに含まれる標本のほとんどは、葉に非常に対称的な模様がありますが、「フュージョンホワイト」はまったく異なり、印象派の手によって描かれたように見えます。

それぞれの楕円形の葉は、緑の斑入りと薄紫色の下部の複数の色合いを持つ白のユニークな大理石のパターンを持っています。

「フュージョンホワイト」は特許を取得した品種であり、このリストの他のゲッペルティアと同様に、「フュージョンホワイト」は再分類されています。

しかし、それはまだ一般的にCalathealietzei「フュージョンホワイト」または単に「フュージョンホワイト」カラテアと呼ばれています。

4 "ポットの生きている植物"フュージョンホワイト "

「ホワイトフュージョン」としても知られるこの栽培品種は、半直立したコンパクトな成長習慣を持ち、高さ6〜8インチ、広がり8〜12インチに成長します。

「フュージョンホワイト」は4インチのポットで利用可能です アマゾン経由のウェキバフォリッジ.

11.ルイザエ

「マウイクイーン」は、カラテア・ルイサエの同義語としても知られる種であるゲッペルティア・ルイサエの栽培品種です。

この品種の先のとがった楕円形の緑の葉は、中肋に沿ってクリーミーな羽のようなパターンを特徴とし、紫色の下側を持っています。

「マウイクイーン」は直立した成長習慣があり、高さ18〜24インチ、幅12〜18インチに達します。

「マウイクイーン」は中性から弱酸性の土壌に保管してください。

12.マコヤナ

Goeppertia makoyanaは、「孔雀植物」とも呼ばれるブラジル東部の種です。どこかで、孔雀の派手な羽のように葉を見つけたようで、名前がついています。

この種は、職人が設計したように見える楕円形の光沢のある葉を持っています-芽はクリーミーで、中程度の緑色の葉の縁と中央の静脈から放射状に広がる濃い緑色の斑点があります。

他の一般的な名前(私が個人的にはるかに説得力があると思う)は「大聖堂の窓」です。

この鮮やかなモニカは、葉の半透明の外観に触発されています-葉の下側を見ると、光が葉を通して輝き、葉の底に同じパターンが現れますが、緑ではなく紫になっています。

2012年の大カラテア再分類の前は、この種はC. makoyanaとして知られており、ベンダーによってそのように説明されることがよくあります。

大聖堂の窓は、広げられるよりも垂直で、高さ2フィート、幅約1フィートまで成長する可能性のある習慣を示します。

1993年に、この種は装飾部門で王立園芸協会のガーデンメリット賞を受賞しました。

6インチポットのCathedralWindows Live Plant

自宅の大聖堂の窓から差し込む光を眺めたい場合は、6インチの花瓶にC.makoyanaを見つけることができます。 American Plant Exchangeから、Amazon経由.

専用の栽培ガイドで、自宅で孔雀植物を栽培する方法の詳細をご覧ください。 ((近日公開!)

13.オルビフォリア

Goeppertia orbifoliaは広くて丸い葉を持ち、銀色と薄緑色から濃い緑色で大胆に縞模様になっており、下部は薄緑色です。

ブラジル東部に自生するこの美しい種は、以前はCalatheaorbifoliaとして分類されていました。

このリストで最大の標本の1つであるG.orbifoliaは、高さ3フィート、幅3フィートまで成長する可能性があります。

この種は、わずかに酸性からわずかにアルカリ性の土壌に適しています。

Goeppertiaorbifoliaの生きている植物

あなたは家で楽しむためにG.orbifoliaを購入することができます 地形から.

14.華やか

Goeppertia ornata、または「ピンストライプ植物」とも呼ばれ、濃い緑色の楕円形の先のとがった葉に薄いピンクがかった白い縞模様があり、画家の細いブラシで急いで芸術的に適用されたように見えます。

ピンストライプ植物は、CalatheaornataおよびG.ornatamajesticaとしても知られています。コロンビア南東部とベネズエラ南西部が原産です。

ピンストライプ植物は直立した姿勢をしています。高さは2〜3フィート、幅は2〜3フィートに達することがあります。

植え替えるときは、G。ornataがわずかに酸性からわずかにアルカリ性の土壌に耐えることを覚えておいてください。

私たちの成長ガイドでクズウコンの祈りの植物を育てる方法についてもっと学びましょう。 ((近日公開!)

「BeautyStar」は、G。ornataの栽培品種で、先のとがった楕円形の薄緑色の葉で、縁が暗く、中心が暗緑色で、葉に薄い「塗装」クリームピンクの縞模様があります。

この種の植物と比較すると、「ビューティースター」は、クリーミーなピンクの縞模様の後ろに明るい緑色のパッチがあるという点で異なります。

種が再分類されているため、発見に問題がある場合は、必ずこの標本を「ビューティースター」カラテアとして検索してください。

G.「ビューティースター」で飾られています。 KristinaHicks-Hamblinによる写真。

直立した癖で、「ビューティースター」は同じ幅で12から18インチの高さに達することができます。

種のように、この栽培品種はわずかに酸性からわずかにアルカリ性の土壌を扱うことができます。

4インチポットのライブカラテア「ビューティースター」

あなたは4インチの花瓶で購入するための「ビューティースター」を見つけるでしょう ウォルマート経由でヒルツガーデンから.

15. Roseopicta

G. roseopictaの種名は「塗られたバラ」を意味しますが、この説明、およびこの熱帯標本の一般名である「バラに塗られたカラテア」は、その葉。

楕円形の葉の羽のようなクリーム色またはピンク色の輪郭に加えて、幅の広い、濃い、薄緑色の縞模様、明るいピンク色の中肋、および広いエメラルドグリーンの縁があります。そして、新しい葉が作られると、紫色の下側が現れます。

この種は、ブラジル、コロンビア、エクアドル、ペルーに自生し、CalathearoseopictaおよびC.illustrusとしても知られています。

G. roseopictaは、高さが12〜18インチ、幅が1フィートです。

この美しい種は、2002年に王立園芸協会のガーデンメリット賞を受賞しました。

4インチのポットに生きたバラG.Roseopictaで描かれた祈りの植物

ピンクに塗られた祈りの植物を自分で購入したい場合は、Hirt's GardenStoreから4インチのポットで見つけることができます。 アマゾンを通じて入手可能.

「Dottie」は、G。roseopictaの栽培品種で、濃い緑色の楕円形の葉がほぼ黒色に見え、ピンクの葉とピンクのリブの薄い羽毛状の輪郭と、赤から濃い紫色までの下面があります。

種の名前が変わったので、この品種の名前も変わりました。ピンク色のカラテア「ドッティ」やカラテア・ロセオピクタ「ドッティ」と呼ばれることもあります。

「Dottie」は、高さが12〜18インチ、幅が12〜18インチになります。

生きている植物Goeppertiaroseopicta「Dottie」

ピンクと黒の「Dottie」があります テレインで購入可能.

G. roseopictaのもう1つの栽培品種である「Rosy」は、大きな丸い葉を持ち、銀色の藤色から明るいフクシアの内部をピンク色の下側で囲む黒みがかった緑色の縁があります。

この品種はC.roseopicta「Rosy」とも呼ばれ、カラテアはピンク色の「Rosy」に塗られています。

この栽培された品種は、1〜2フィートの広がりで、1〜2フィートの高さに成長する可能性があります。

6 "ポットで生きている「バラ色の」植物

「バラ色の」植物であなたの家を明るくする準備はできましたか?

あなたは4インチのポットでそれを見つけるでしょう カリフォルニアトロピカルからアマゾン経由.

16.ルフィバルバ

長い羽の形をした葉を持つGoeppertiarufibarbaは、テクスチャーがすべてです。

G. rufibarbaは、非常に波状の濃い緑色の葉が小さな毛で覆われているため、柔らかくぼやけた感じがします。したがって、この種の2つの一般名、「羽毛カラテア」と「ベルベットカラテア」です。

前述の属の名前の変更により、ブラジル北東部に自生するこの種は、Calathearufibarbaとも呼ばれます。

この祈りの植物は直立した成長習慣を持っており、高さ3フィート、幅18〜20インチまで成長します。その花は派手な明るい黄色です。

毛皮で覆われた羽のあるカラテアは、2012年に王立園芸協会の装飾部門でガーデンメリット賞を受賞しました。

4インチのポットに毛むくじゃらの羽を持つカラテアの生きている植物

毛むくじゃらの羽のカラテアは4インチのポットに入っています カリフォルニアトロピカルからアマゾン経由.

17. Veitchiana

Goeppertia veitchianaの栽培品種である「Flamestar」は、その葉の中にジャングル全体を含んでいるように見えます。

この楕円形の栽培品種の大きな葉は、羽のような輪郭と広い緑の縁の中に、黄色のハイライトとさまざまな色合いの緑を示しています。同じパターンが葉の下側に印刷されていますが、緑の代わりに紫が使用されています。

この栽培品種は、Calatheaveitchiana「Flamestar」または単に「Flamestar」カラテアとしても知られています。このリストの項目の中で、この種類は見つけるのがより難しいことがわかるかもしれません。

「Flamestar」は直立した成長習慣があり、高さ24インチまで成長することができます。

G. veitchianaのもう1つの栽培品種である「メダリオン」は、羽のような模様の大きな丸い葉を持っています。

中肋に沿って薄緑色の炎が見られ、濃い緑色に囲まれています。その後、クリーミーな羽のような輪郭が広い薄緑色の葉の縁に包まれています。葉の下側は紫または茶色です。

この大胆にパターン化された品種は、ピンク色に塗られたカラテアまたはカラテア・ロセオピクタとして説明および販売されることがよくありますが、実際には上記のG.ロセオピクタとは異なる種です。

しかし、家族の類似性があり、これら2つがしばしば混乱する理由は簡単にわかります。

しかし、「メダリオン」にはG. roseopictaの縞模様がなく、モチーフの羽の部分がより大胆で特徴的です。

4 "ポットの生きている植物「メダリオン」

この祈りの植物は、同様の広がりで12〜24インチの高さに成長します。

あなたは4インチの花瓶で購入するための「メダリオン」を見つけるでしょう ウォルマート経由でヒルツガーデンから.

18. Warszewiczii

この美しい種、Goeppertia warszewicziiは、その大きくてビロードのような葉のために、その通称「ジャングルベルベット」と呼ばれています。

ジャングルベルベットの葉は卵形で、先端が先細になっています。葉は濃い緑色で、中肋とバーガンディの下側にエメラルドの輝きがあります。

G.warszewiczii。写真提供:Dezidor、ウィキメディアコモンズ、CC BY3.0経由。

以前はカラテアとして分類されていたこの種は、中央アメリカ原産であり、今でもしばしばカラテアwarszewiczii、C。warscewiczii(スペル「c」)または単に「ジャングルベルベットカラテア」と呼ばれています。

観葉植物として一般的に栽培されているクズウコン科のほとんどのメンバーとは異なり、ジャングルベルベットが咲くと、大きくて派手な花が咲きます。これらの花はクリーム色から黄色、そしてピンク色に変化します。

ジャングルベルベットは最大の祈りの植物の1つであり、直立して成長し、高さ40インチ、幅40インチに達します。

19.ゼブリナ

Goeppertia zebrinaは、先端が先細りの大きな楕円形の葉を持ち、葉の縁で分岐した幅の広い濃い緑色の縞模様のある薄緑色です。葉の下側は緑色です。

縞模様から「ゼブラ植物」として知られるG.ゼブリナはブラジル原産です。この種は、以前はカラテアゼブリナとして分類されていましたが、今でも一般的に「ゼブラカラテア」と呼ばれています。

カラテアゼブラは噴水のような形をしており、高さ2〜3フィート、幅2〜3フィートに成長します。

この種は、1993年に装飾部門で王立園芸協会のガーデンメリット賞を受賞しました。

6インチのポットで生きているゼブラ植物

あなたは6インチのポットで販売されているG.ゼブリナを見つけるでしょう カリフォルニアトロピカルからアマゾン経由.

この縞模様の標本の栽培について詳しくは、カラテアゼブラの栽培に関する記事をご覧ください。 ((近日公開!)


ゼブラカラテアを維持する方法は?

Calatheazebronasiは観葉植物として成長します。明るい場所が必要です 、ただし直射日光なし 、そして弱い光の恩恵を受けます。

暖かさ、成長に理想的な温度をお楽しみください 夏は19〜25℃、冬は13〜21℃です。 。実際、それは-2°Cまで抵抗し、短い霜に耐えることができますが、その後、葉を失い、春に再び始まります。

カラテアシマウマは何よりも必要です 空気が乾燥しすぎると葉の端が茶色に変わるため、美しい状態を保つのに十分な湿度のある雰囲気です。したがって、この雰囲気を与えるために、週に2〜3回雨水をまき散らすか、乾燥の少ない微気候を作り出すさまざまな緑の植物が生息する環境の真ん中に置くか、バスルームに設置するか、粘土のトレイに置くことができますボールと水。

灌漑も少し複雑です。根は常にわずかに湿ったままでなければなりませんが、水に浸さないでください。 カラテアゼブリナエスト たとえば、13の肥料、13の泥炭、13のパーライトまたは園芸用砂などの湿った排水性の土壌に保管されます。深鍋の底には、3〜4cmの土玉が水はけをさらに良くします。灌漑 新鮮な(雨の)水で、それは土壌を永久に湿らせますが、過度に湿らせません。これは、5月から9月までは週に2〜3回の水やりを意味し、冬は7〜10日に1回、水やりの間に下地の表面が乾く必要があります。 Quando le sue foglie sono arrotolate, la zebra calatea ha urgente bisogno di acqua.

Questo terreno piuttosto povero è compensato da un fertilizzante liquido per piante verdi , diluito il doppio rispetto alle istruzioni per l’uso, ogni quindici giorni da maggio a settembre.


Quale pianta si adatta meglio alla tua personalità?

Penso che tutti a un certo punto della vita abbiano fatto un test della personalità o cercato l'aiuto nell'astrologia per capire un po' meglio se stessi. Non si tratta solo di sapere cosa ci piace o cosa ci motiva, perché queste sono cose che possono cambiare nel corso degli anni, ma di capire chi siamo a un livello molto più profondo, la nostra vera essenza. Conoscere noi stessi ci dà informazioni preziose per orientare la nostra vita, anche per scegliere la pianta perfetta. Che tu ci creda o no, c'è una pianta ideale per tutti e il tuo tipo di personalità può aiutarti a trovarla.

Personalità vs Piante

Scegliere una pianta è quasi come scegliere un animale domestico. Le piante sono esseri viventi che dipendono da te per ottenere ciò di cui hanno bisogno per vivere, quindi è importante capire che dovresti adottare quelle che si adattano al tuo stile di vita. Infatti, quando le persone dicono che non sono brave a prendersi cura delle piante e che muoiono tutte, nella stragrande maggioranza dei casi ciò che accade è che hanno scelto una pianta che non è compatibile con la loro personalità e il loro modo di organizzare la vita e il tempo.

Essere onesto con te stesso, capire come lavori, cosa ti piace e cosa sei disposto a fare è essenziale per trovare una pianta che ti soddisfi perfettamente. Conoscere la tua personalità può aiutare a semplificare questo compito, dandoti gli indizi di cui hai bisogno per sapere com'è il tuo approccio all'esperienza della vita e come potresti curare una pianta. Per esempio, se hai una personalità vivace, che ama il rischio e che è sempre in movimento e non sai mai a che ora tornerai a casa o se andrai all'avventura per una settimana, non ti conviene una pianta ad alta manutenzione come una Fittonia che richiede frequenti innaffiature e cure ma una succulenta come la Sansevieria sarebbe perfetta per te.

Il primo passo è quindi fare un test della personalità. Può essere il test delle 16 personalità (che è molto accurato e divertente) o il test Big Five per conoscere un po' più a fondo te stesso e imparare quali tratti sono dominanti nel tuo modo di agire. Fatto questo, puoi leggere la nostra lista e andare a cercare la tua pianta perfetta.

Le piante adatte alla tua personalità

La personalità comprende molte caratteristiche che ti rendono una persona unica. Il modo in cui agisci, le cose che ti muovono a livello emotivo, il modo in cui ragioni di fronte a una situazione, sono tutte parte della tua personalità e sono modellate dall'interazione che hai durante la tua vita con fattori biologici e ambientali. Una persona può avere diversi tratti, che insieme formano la personalità.

Per questo è normale sentire che ci si identifica con diversi aspetti, anche quando possono sembrare contraddittori. Per esempio, si può essere introversi ma con un temperamento molto allegro. Detto questo, se senti che la tua personalità comprende due o più tratti, non bloccarti perché puoi avere tutte quelle piante se vuoi. Per facilitare il processo abbiamo creato due categorie: tratti di personalità e stile di vita, per aiutarti a scegliere quella più adatta a te.

Secondo i tratti della personalità

Estroverso e allegro

Le persone con questo tipo di personalità sono molto curiose, amano le sfide e le nuove esperienze, e amano essere originali. Se sei un estroverso non ti identificherai con una pianta noiosa e semplice, vorrai qualcosa che rifletta la tua personalità frizzante e divertente. Alcune delle piante che faranno al caso tuo sono:

- Ctenanthe Burle Marxii: È un tipo di Maranta che ha disegni molto curiosi sulle sue foglie. Può diventare molto rigogliosa e ha colori incredibili.

- Monstera deliciosa: la monstera non è una pianta esotica, ma ha una personalità espansiva, è rigogliosa e si espande rapidamente. È perfetta per gli estroversi, per le sue dimensioni e la sua forma sorprendente.

- Bromelie: tutte le piante che appartengono alla famiglia delle bromelie sono fantastiche, con fiori che durano a lungo, hanno una bassa manutenzione e hanno foglie sorprendenti.

Molto socievole

Sono persone che ricaricano le loro batterie condividendo con gli altri. Amano lavorare in gruppo e condividere le loro esperienze, sono bravissimi a creare connessioni con gli altri e a creare legami in un batter d'occhio. Sono individui straordinari, del tipo che escono per comprare qualcosa e finiscono con 5 nuovi amici e che sono capaci di far sentire gli altri a proprio agio. Per loro le piante più compatibili sono:

- Nastrini: Conosciuta anche come pianta ragno, la magia di questa pianta è che non solo è resistente e molto facile da curare, ma ogni tanto produce prole, mini-copie di se stessa che fa scaturire con uno stelo. Puoi ritagliare queste piccole piante e regalarle ai tuoi amici.

- Pianta delle monete cinesi: la pilea peperomioides è chiamata anche la pianta dell'amicizia, perché produce piccoli germogli che puoi regalare ai tuoi amici e conoscenti. La tradizione dice anche che questa pianta dovrebbe essere regalata per attirare l'energia della prosperità e dell'abbondanza.

- Begonia Maculata: La prima cosa che colpisce di questa varietà di begonia sono i puntini sulle sue foglie. Preferisce stare in casa, lontano dalla luce diretta del sole ma dove ha abbastanza luce. Ama essere circondata da altre piante ed è molto facile da riprodurre per talea, quindi potrai regalarla a tutti i tuoi amici.

Introverso

Gli introversi sono quegli individui che preferiscono i piccoli gruppi e hanno bisogno di tempo da soli per ricaricare le loro batterie. Un introverso si sente fuori posto nelle attività affollate e preferisce avere il tempo di coltivare il suo mondo interiore da solo. Sono persone meravigliose, perché raggiungono un livello profondo e prezioso di introspezione, quindi possono dare i migliori consigli. Per queste persone le piante più appropriate sono:

- Giglio della Pace: queste piante fioriscono tutto l'anno e hanno anche proprietà purificanti. Hanno un fiore minimalista e bello che si distingue timidamente dalle foglie verde intenso. Si adatta a qualsiasi ambiente, anche con poca luce. Simboleggia la pace, la fiducia e la purezza, quindi è un regalo ideale per coloro che stanno attraversando un momento difficile o un grande cambiamento nella loro vita.

- Gemma di Zanzibar: Le zamioculcas sono piante magnifiche, che non hanno praticamente bisogno di cure. Preferiscono stare in casa, non richiedono annaffiature frequenti e se le lasci sole e a loro agio, ti ricompenseranno con delle belle foglie lucide e molto verdi che sembrano le ali di un uccello.

- Cactus: I cactus sono un tipo di succulente che godono della loro solitudine. A differenza di altre piante che preferiscono stare in un gruppo per mantenere l'umidità, un cactus è abbastanza bello e interessante da abbellire uno spazio da solo. Molto bello, non invasivo, a crescita lenta e molto facile da curare.

Timido

Una persona timida tende ad essere riservata, ha standard più elevati per fidarsi di qualcuno e può trovare più difficile interagire in situazioni sociali, soprattutto quando si tratta di prendere l'iniziativa perché ha alti livelli di ansia. Preferiscono essere poco appariscenti, evitano di essere al centro dell'attenzione, e molti possono essere introversi. Le persone timide hanno solo bisogno di un po' più di tempo per sentirsi sicure e pronte a rivelare la ricchezza del loro mondo interiore. Le piante che meglio si adattano a loro sono:

- Calathea Triostar: questa pianta splendidamente colorata diventerà la protagonista della tua decorazione, soprattutto perché ha l'abitudine di raccogliere le sue foglie di notte e di estenderle in tutto il loro splendore quando c'è abbastanza luce, proprio come una persona timida si permette di brillare quando si sente sicura.

- Violette africane: Le violette africane sono piante che fioriscono quasi tutto l'anno e anche se hanno una dimensione e una struttura abbastanza discreta, ti sorprendono i colori e l'incredibile bellezza dei loro fiori aromatici.

- Edera: Ciò che spicca di più dell'edera è la bella forma delle sue foglie, ma anche il modo in cui cresce quasi senza che ce ne accorgiamo, trasformandosi in una bella cascata verde. Questa bellezza è molto facile da curare e si adatta molto bene a diversi ambienti.

Altruista

L'individuo con questo tratto di personalità ama prendersi cura degli altri. È colui che si preoccupa sempre del benessere del suo gruppo di amici, che è sempre lì per aiutare e offrire sostegno a chiunque ne abbia bisogno. Gli altruisti sono felici quando possono sostenere efficacemente chi ne ha bisogno. Le piante giuste per queste persone sono quelle che hanno bisogno di un po' più di attenzione:

- Orchidea Rosa: Queste piante amano la luce, l'umidità e tutta l'attenzione possibile. Vaporizza le sue foglie al mattino, senza inzupparle, e cerca di riprodurre le condizioni del suo habitat naturale affinché ti sorprenda con i suoi incredibili fiori.

- Calathea Roseopicta: innamorati della forma delle sue foglie e stupisciti della sua abitudine di sollevare le foglie quando cala il giorno. Questa pianta ama l'umidità, la luce indiretta e preferisce non essere spostata troppo.

- Aloe Vera: Anche se questa pianta è molto facile da curare, ha meravigliose proprietà curative. I cristalli che vengono estratti dall'interno delle sue foglie sono ottimi per i problemi della pelle, dello stomaco e anche per trattare l'anemia. È perfetta per coloro che vogliono sempre aiutare gli altri.

Ansioso

Ci sono persone la cui risposta naturale a vari stimoli è l'ansia. È inevitabile per loro pensare più e più volte alle possibili conseguenze, elaborare i diversi scenari e mentre sono pronti per tutti i possibili esiti, il peso emotivo dell'ansia non è facile. Per queste persone, il giardinaggio può essere un ottimo alleato, soprattutto se si coltivano queste piante:

- Lavanda: l'odore di questa pianta è sufficiente per alleviare i sintomi dell'ansia. Puoi metterla nella tua stanza per migliorare il tuo umore e contribuire a fare dolci sogni. Man mano che cresce, puoi usare i suoi ramoscelli per farti dei bagni, fare degli infusi deliziosi e profumare i tuoi cassetti.

- Felce Blu Star: Migliora i livelli di umidità negli spazi, ma questa bella felce può anche aiutare con l'ansia, soprattutto perché è facile da curare e cresce così bene.

Perfezionista

Tutti conosciamo qualcuno il cui obiettivo nella vita è fare tutto nel miglior modo possibile. È quella persona che vuole sempre dare di più, che non ha paura di competere con gli altri e che fa del suo meglio perché gli piace vincere e il suo obiettivo è l'eccellenza. Hanno bisogno di piante con standard elevati, che siano in grado di adattarsi a questa personalità che vuole sempre il meglio.

- Sansevieria: queste piante non solo hanno linee pulite e minimaliste, ma sono anche quasi immortali. Sono in grado di adattarsi a qualsiasi condizione ambientale per crescere e riprodursi con successo. Ha sempre successo, niente può sconfiggerla.

- Uccello del Paradiso: Questa pianta è resistente, accattivante, elegante e, se la curi bene, ti ricompenserà con bellissimi fiori che ti toglieranno il fiato e ti metteranno al centro dell'attenzione.

- Calathea Lancifolia: Le calathee sono note per essere piante più o meno esigenti, ma quando si riesce a capire le loro esigenze diventano gli elementi decorativi più gloriosi che si possano trovare. Ha foglie vistose, motivi interessanti e colori accattivanti.

Secondo il tuo stile di vita

Il distratto

Tutto ti sfugge, forse hai un modo diverso di elaborare le informazioni o sei troppo occupato. Non importa, perché potrai coltivare le piante che più ti si addicono. Nel caso in cui tu abbia dei dubbi, cercate il trio di immortali nel nostro catalogo.

- Succulente: meravigliose, immagazzinano l'acqua nelle loro foglie e richiedono annaffiature molto sporadiche. Inoltre, non hanno bisogno di trapianti, potature o concimazioni frequenti. Sono perfette per te.

- Sansevieria: Questa pianta stilizzata è immortale. Richiede poche annaffiature e attenzioni, non si preoccupa di dove la metti e preferisce anche essere lasciata un po' in pace.

- Pothos: Il potos resiste anche a quasi tutti i tipi di illuminazione, preferisce che ci si dimentichi di annaffiarlo e riesce a sopravvivere con molto poco. Ha bellissimi colori e cresce molto grande, quindi si può riprodurre facilmente.

Il minimalista

Se sei il tipo di persona che preferisce evitare l'accumulo di oggetti che producono rumore visivo, che preferisce linee sobrie e curate, allora hai bisogno di piante che non rompano l'armonia visiva dei tuoi spazi come queste:

- Cactus e succulente: I cactus possono avere una struttura colonnare, linee molto definite e forme geometriche che andranno benissimo con il tuo arredamento minimalista. Richiedono poco spazio e hanno un aspetto magnifico.

- Dracena Lemon: Conosciuta come dragon silver, è una pianta africana caratterizzata dai suoi lunghi steli, coronati da un gruppo di belle foglie. Purifica l'aria e si dice che migliori la concentrazione.

- Orchidea Rosa: Anche se richiede un po' più di cura, amerai il contrasto tra le foglie basse e i lunghi steli da cui spuntano i bei fiori. Se sei un po' più responsabile con le piante, questa sarà la tua preferita.

L'amante degli animali

Questa persona sa che il suo animale domestico fa parte della famiglia e non ha paura di fare i cambiamenti necessari per garantire la salute del suo amico peloso, a tal punto da prescindere dalle piante. Ci sono molte piante d'appartamento che sono tossiche, ma queste sono molto sicure e potrai tenerle anche se il tuo cucciolo o gatto decide di mordicchiarle un po':

- Palma Kentia: perfetta per decorare salotti e altri spazi dove si ha bisogno di verde e un tocco tropicale. La palma Kentia è facile da curare, è bella e completamente sicura per il tuo animale domestico.

- Felce di Boston: preferita da coloro che vogliono aumentare i livelli di umidità in casa, purifica anche l'ambiente. Inoltre regola l'elettricità statica ambientale.

- Olivo: tipico dei climi mediterranei, si può tenere in vaso all'interno o all'esterno. Ama la luce indiretta ed è molto facile da curare.

Il viaggiatore

Se sei il tipo di persona che torna a casa per disfare e preparare nuove valigie, che non ha nemmeno il tempo di fare la spesa perché vive in costante movimento e che viaggia molto sia per lavoro che per piacere, non per questo devi rinunciare ad avere piante naturali in casa se scegli quelle giuste:

- Cactus e succulente: le piante grasse sono bellissime, ci sono letteralmente migliaia di varietà e si possono lasciare per molto tempo senza annaffiare. A seconda di dove vivi, puoi innaffiare ogni 3 o 4 settimane. Se ci aggiungi un sistema di auto-irrigazione, sarai in grado di lasciarle sole a casa per un lungo periodo di tempo.

- Pothos: I potos resistono molto bene alla siccità, anzi la preferiscono. Puoi innaffiarli ogni 1 o 2 settimane, purché non stiano in pieno sole. Queste piante sono quasi immortali, quindi sicuramente le ritroverai vive al ritorno dai tuoi viaggi.

- Tradescantia: Questa pianta è conosciuta come "erba miseria" perché si sviluppa ovunque e sopravvive ad ogni avversità. È molto facile da curare, cresce molto bene, non richiede molte annaffiature o fertilizzanti. Scende a cascata con un portamento ricadente che aggiungerà molto colore ai tuoi spazi.


Come crescere Maranta leuconeura ?

Maranta leuconeur richiede un terreno leggermente acido, contenente humus e drenante: ad esempio, una miscela di terreno di erica al 50% con il 50% di terriccio decomposto. Apprezza l’esposizione alla luce del sole, senza luce diretta del sole. La temperatura ottimale per la crescita è compresa tra 15 e 25 °C.

L’irrigazione e l’umidità sono due fattori importanti per ottenere un fogliame bello e rigoglioso. La radice a freccia ama sempre la terra fresca se le foglie si arricciano, significa che l’irrigazione è urgente. L’irrigazione è abbondante, con acqua fresca (non calcarea), da aprile a settembre da 2 a 3 volte alla settimana, e circa una volta alla settimana o ogni 10 giorni in inverno. La pianta non deve mai essere immersa in una pozzanghera. Durante la crescita, a maranta piace il fertilizzante per piante verdi due volte al mese.

Un’atmosfera troppo secca, soprattutto con il riscaldamento in inverno, danneggia i bordi delle foglie, che si seccano. Pertanto Maranta leuconeura viene spruzzata con acqua dolce più volte alla settimana. Può anche essere collocato su un letto di ghiaia umida o circondato da altre piante verdi.

Cosa succede se la maranta perde i suoi colori e diventa di cattivo gusto? È perché c’è troppa luce. Mettetelo più lontano dalle finestre e aspettate qualche settimana.

Questo substrato permanentemente umido si consuma rapidamente. È preferibile reimpiantare la radice di freccia ogni 1 o 2 anni.


Video: ネフロレピスハッピーマーブルとその他の植物たち2021年1月の記録観葉植物