常緑樹の低木–一年中緑を保ついくつかの茂みは何ですか

常緑樹の低木–一年中緑を保ついくつかの茂みは何ですか

投稿者:The Bulb-o-liciousGardenの著者であるNikkiTilley

針葉樹と同様に、常緑低木の品種を景観に加えることで、一年中興味を引くことができます。しかし、常緑樹の大部分とは異なり、これらの低木には、針葉タイプに加えて、多くの中小葉の品種が含まれています。

常緑低木の種類

針葉低木と広葉低木はどちらも、葉だけでなく興味深いベリーも提供します。造園のための多くの開花常緑低木もあります。

針葉常緑低木

針葉樹の常緑低木が存在し、風景の低くて空のスペースを埋めるためによく使用されます。それらはまた、開花低木の多くにとって優れた背景になります。いくつかのお気に入りが含まれます:

  • ジュニパー –最も一般的な針葉の品種の中にはジュニパーがあります。この広大な常緑樹は魅力的な青灰色の葉を持っています。それは比較的干ばつ耐性があり、これらの条件に適しています。低成長品種はまた、景観の帰化地域にとって理想的な地被植物になります。
  • イチイ –イチイも非常に人気があります。この常緑低木は非常に用途が広く、多くの成長条件でうまく機能します。イチイの低木は直立した成長習慣があり、ほとんどの場合、成長が遅いです。これらの低木は優れた剪定標本であるため、生け垣としての成長に適しています。

ブロードリーフ常緑樹

すべての常緑低木が針状である必要はありません。造園のためのこれらの葉の多い常緑低木も魅力的な選択肢です:

  • ツゲの木 –ツゲの木の植栽のシェアを持っていない風景の設定は何ですか?この成長の遅い常緑低木は、小さな葉と密な成長を持っています。日光や日陰のさまざまな条件に簡単に適応します。しかし、ツゲの木は一般的に湿った、しかし水はけのよい肥沃な土壌を好みます。ツゲの木の低木は、公式または非公式の生け垣として、または基礎植物として育てられます。
  • ホリー –ホリーは、もう1つの一般的に植えられている常緑低木です。英語の品種(I. aquifolium)は人気のあるホリデーアトラクションで、光沢のある濃い緑色のとげのある縁のある葉と真っ赤なベリー(女性の植物に見られる)で簡単に認識できます。チャイニーズヒイラギ(I. cornuta)ただし、男性がいなくても生産でき、ベリーの色はオレンジレッドまたはイエローの場合があります。日本の種もあります(イヌツゲ)、楕円形の葉とブラックベリーを生成します。ホリーズは、混合境界、基礎植栽、および生け垣に最適です。
  • ニシキギ –常緑のニシキギは、一年中ワックス状の濃い緑色の葉を持っています。ほとんど気づかれることはありませんが、この特定の低木は初夏にかすかな白い花を咲かせます。秋までに、植物は魅力的なオレンジピンクのベリーで覆われます。ニシキギの低木は、景観に効果的なスクリーニングや標本の植え付けを行います。
  • カナメモチ –もう1つの一般的な常緑低木は、ベニカナメモチです。多くの場合、生け垣として植えられ、若い春の葉は赤みがかった色に見えますが、赤い先端でフラッシュされた深緑色に成熟します。また、黒くなる赤いベリーを生成します。
  • トキワサンザシ – Firethornは、成長が遅く、ベリーが明るい小葉の常緑低木です。これらの低木は、景観の適切な領域で優れた低成長カバーを作り、基礎植栽としても使用できます。

常緑低木の開花

開花する常緑低木の品種もたくさんあります。ここにいくつかあります:

  • ツツジ/シャクナゲ –常緑のツツジとシャクナゲがおそらく最も一般的です。これらの大部分は、種に応じてさまざまな色合いで春に咲きます。彼らは明るい日陰の領域と酸性土壌を楽しんでおり、グループでまたは標本として国境に植えられているように見えます。涼しい地域のいくつかでは、これらの常緑樹は葉の一部を失う可能性があることに注意する必要があります。
  • クチナシ –クチナシは、もう1つの人気のある常緑低木で、最南端の地域で一年中繁栄しています。革のような濃い緑色の葉と夏の見事な白い花があり、非常に香りがよいです。クチナシは一般的に基礎植栽として使用されるか、日陰の境界線や庭に配置されます。
  • カメリア –もう1つの一般的な常緑低木品種は、ツバキです。光沢のある先のとがった葉と美しい一重咲きから半八重咲きの花で、風景の中で椿を育てるのは必見です。この春のブルマは、水はけが良い限り、日陰から部分的な日陰で繁栄し、さまざまな土壌条件に耐えます。

一年中緑のままである茂みのほんの一部について少し知ったので、あなたはあなたの風景に適したものを見つけることができます。常緑樹の低木を選択するための追加のヘルプについては、最寄りのエクステンションオフィスにお問い合わせください。

この記事の最終更新日

一般的な低木ケアについてもっと読む


あなたの庭のためのトップ10の常緑低木と茂み

常緑低木は、豊かな緑で悲惨な冬の風景に命を吹き込みます。針葉樹の常緑樹のように、常緑低木は季節の庭の植栽のための永遠の枠組みを作成します。春に開花する常緑低木も、秋に魅力的な色とりどりのベリーを生産し、一年中魅力を広げます。ただし、ここで紹介する常緑低木のほとんどは、その弾力性のある葉と、冬の緑の表示が最も歓迎される寒い気候で繁栄する能力で評価されています。

モチノキグラブラ ジェムボックス®インクベリーホリー。写真:実績のある受賞者。

ゾーン: 5-9
曝露: 部分的から完全な太陽
成熟したサイズ: 24-36インチ
紅葉: 濃い緑色

私たちがそれを愛する理由: この矮性常緑樹は北米原産であり、ツゲの木の優れた代替品になります。インクベリーは密集した球形に成長し、地面への分岐が良好であるため、裸足に見えることはありません。

それを植える場所: インクベリーは湿った酸性土壌が大好きで、森林庭園や小川や池の近くなどの湿った場所に最適です。複数のインクベリー植物を植えて小さな常緑の生け垣を形成するか、温暖な気候では1つをコンテナの標本として使用します。それらは小さく、自然に盛り上がっているので、それらは良い境界または縁取り植物を作ります。それらはまた、良好な日陰耐性を有することが知られている。

剪定する時期: 冬の終わりに形を整えるために剪定します。インクベリーは成長が遅いため、ヘッジとして使用しない限り、一般的に剪定はほとんど必要ありません。

シャクナゲ 「ジラールズローズ」ツツジ。写真:Garden World Images Ltd / Alamyストックフォト。

ゾーン: 5-8
曝露: 部分的な日陰
成熟したサイズ: 高さ2〜2½フィート、均等な広がり
紅葉: 濃い緑色

私たちがそれを愛する理由: 「Girard’s Rose」はコンパクトな常緑のツツジで、春には鮮やかなバラ色の花が咲き乱れ、光沢のある緑の葉に変わります。冬になると、葉は深紅の魅力的な色合いになります

それを植える場所: 生け垣として、歩道に沿って、または大量の植栽で使用します。まだらの日陰を好む「ジラールのバラ」は、森や日陰の庭にもあります。強風から保護された場所に植えてください。

剪定する時期: 開花直後に剪定して、サイズと形を制御し、病気や損傷した枝を取り除きます。

ツゲ属microphylla Sprinter®ツゲの木。写真:実績のある受賞者。

ゾーン: 5-8
曝露: 太陽または日陰
成熟したサイズ: 24-48インチ
紅葉:

私たちがそれを愛する理由: ツゲの木は、おそらく形作りや剪定に最適な常緑樹です。そのため、正式な生垣、境界線、さらにはトピアリーを作成するために、庭師が選択することがよくあります。 Sprinter®は、他の品種よりも早く充填できる成長の早いものです。

それを植える場所: 部分的に日陰のある庭に最適な低木。湿った、水はけの良い土壌を好む。冬の葉のやけどを防ぐために、厳しい冬の風から保護された保護された場所に植えてください。

剪定する時期: 剪定が必要になることはめったにありませんが、夏に剪定することができます。

アメリカシャクナゲ(カルミアラティフォリア)。写真:Graham Prentice / Alamyストックフォト。

ゾーン: 4-9
曝露: 部分的から完全な太陽
成熟したサイズ: 高さ5〜15フィート、広がりが等しい
紅葉: 濃い緑色

私たちがそれを愛する理由: このネイティブなニューイングランド南部の常緑樹は、春にその並外れた花のために栽培されることがよくありますが、革のような光沢のある常緑の葉は、庭での装飾的な価値を高めます。印象的なカップ型の花(コネチカット州の公式の花)の色は、バラから白に紫色のマーキングがあり、5月から6月まで続きます。

それを植える場所: 湿った、豊かな、水はけの良い土壌で、完全な太陽または部分的な日陰で育ちます。背の高い木々の下にあるコテージガーデンや森林庭園への美しい追加。シャクナゲやツツジをうまく補完します。

剪定する時期: アメリカシャクナゲはゆっくりと成長するので(1年に1フィート未満)、剪定は最小限に抑えられます。必要に応じて、春に花が消えた後に剪定して、ふさふさした成長習慣を維持します。

ニシキギ 「Aureo-marginatus」ゴールデンニシキギ。写真:Hecos / Shutterstock。

ゾーン: 6-9
曝露: 部分的から完全な太陽
成熟したサイズ: 高さ6フィート、幅3フィートまで
紅葉: 黄色と緑

私たちがそれを愛する理由: 明るく大胆な斑入りの​​葉は一年中色を提供し、これを非常にカラフルな選択肢にします。さらに、メンテナンスが非常に少なく、簡単に拡張できます。

それを植える場所: これは多機能の低木で、アクセントとして、または大量の植栽で単独で使用でき、密な生垣に刈り込むことができます。それは、明るい日陰、完全な太陽、貧弱な土壌、および厳しい条件を含む幅広い条件に耐えます。

剪定する時期: 剪定に最適な時期は開花後の春ですが、時折枝を切り取ることができます。

エリカカルネア 「スプリングウッドピンク」の冬のヒース。写真:©Marjancermelj /Dreamstime.com。

ゾーン: 5-7
曝露: 部分的から完全な太陽
成熟したサイズ: 最大1½フィートの広がりで最大1フィートの高さ
紅葉:

私たちがそれを愛する理由: ヨーロッパアルプス原産のこの丈夫なヒースは、12月から3月にかけて、針のような小さな葉とベル型のピンクの花の長続きするクラスターで高く評価されています。成長範囲の北部では雪の下でも咲きます。花の後には、ブロンズからフォレストグリーンに変わる新しい春の葉が続きます。

それを植える場所: このふさふさした低成長の低木は、地被植物、石庭、および低い境界での使用に最適です。鋭い排水を好むため、土手や斜面でのマスにも最適です。最高の開花は完全な太陽の下で起こりますが、冬のヒースは一般的に夏の間の午後の日陰を好みます。

剪定する時期: 開花後に剪定または刈り取りして、新しい成長を促し、コンパクトに保ちます。

マホニアアクイフォリウム。写真:catus / Shutterstock。

ゾーン: 5-8
曝露: 部分的から完全な日陰
成熟したサイズ: 高さ3〜6フィート、広がり2〜5フィート
紅葉: 秋冬はグリーンブロンズレッド

私たちがそれを愛する理由: 北米西部のこの原住民は、春には明るい黄色の花、夏の終わりには濃いブルーベリーの食用ブドウのようなクラスター、秋には青銅色に変わる光沢のある緑の葉を生み出し、四季を通じて色を提供します。

それを植える場所: 完全な日陰と湿った水はけの良い土壌よりも部分的なものを好むこの茂みは、森林や日陰の庭に自然に選択されます。葉焼けを防ぐために冬の風と太陽からの避難所。

剪定する時期: ヒイラギメギは、その広がりを制御したい場合、またはスペースに対して大きくなりすぎた場合を除いて、剪定はほとんど必要ありません。それは、ベースからの新しい成長を刺激するために、地面まで完全に切り落とすことさえできます。剪定するのに最適な時期は、新しい成長が始まる前の晩冬または早春です。

Arctostaphylos uva-ursi 「マサチューセッツ」。写真:©Sigur1 /Dreamstime.com。

ゾーン: 2-7
曝露: 部分的から完全な太陽
成熟したサイズ: 高さ1フィートまで、広がり3〜6フィート
紅葉: 秋と冬にバーガンディのシルバーグレーのバックを備えたダークグリーン

私たちがそれを愛する理由: この爪のように丈夫な低成長の低木は、しばしばキニニックと呼ばれ、小さく丸みを帯びた光沢のある葉を持ち、春には小さな壷の形をしたピンクがかった白い花のクラスターを生成し、その後冬の間ずっと赤いベリーが続きます。非常に耐寒性があり、風、塩水噴霧、砂質土壌に悩まされることはありません。

それを植える場所: 「マサチューセッツ」のクマコケモモは、厳しい条件に耐える能力があるため、困難な場所に適したソリューションです。斜面や丘の中腹の土壌侵食を制御したり、石庭を自然化するための地被植物として使用します。沿岸地域にも適した低木です。

剪定する時期: このメンテナンスの少ない低木は、サイズを制御したり、枯れた枝を取り除く必要がある場合を除いて、多くの剪定を必要としません。

コトネアスターダムメリ 「コーラルビューティー」。写真:マリアD /シャッターストック。

ゾーン: 5-8
曝露: 完全な太陽
成熟したサイズ: 高さ1フィートまで、広がりは4〜6フィート
紅葉: 秋と冬の濃い緑の赤みがかった青銅

私たちがそれを愛する理由: 「コーラルビューティー」は、一年中見事な人気のコトネアスター品種で、特に秋と冬には、小さくて光沢のある葉が濃いブロンズレッドに変わり、コーラルレッドベリーが豊富にあります。春には、この派手なブロードリーフは、クリーミーな白い花の塊であなたに報酬を与えます。

それを植える場所: 「コーラルビューティー」を庭の日当たりの良い場所の魅力的な地被植物として使用するか、砂防を助けるために土手や斜面に植えます。また、エスパリエに訓練したり、岩や擁壁に掛けたりすることもできます。

剪定する時期: 必要に応じて剪定し、その広がりを形作り、制御します。剪定するのに最適な時期は、開花直後の早春です。

イレックス バツmeserveae ブループリンセス。写真:オンタリオ州ティルソンバーグのポッターズロード保育園。

ゾーン: 5-9
曝露: 部分的から完全な太陽
成熟したサイズ: 高さ10〜15フィート、幅8フィートまで
紅葉: 青緑色

私たちがそれを愛する理由: この広くて直立したヒイラギは、濃い紫色の茎と美しく対照的な光沢のある青緑色の葉で求められています。春の小さな白い花は、雪を背景に見事に見える鮮やかな赤いベリーの豊富さに道を譲ります。

それを植える場所: 基礎の植栽、生け垣、または密なプライバシースクリーンとして使用します。完全な太陽と部分的な日陰を許容します。魅力的な赤いベリーを生産するために、少なくとも1つのブループリンスヒイラギ(その男性の仲間)と一緒に、女性の植物である「ブループリンセス」を植えます。

剪定する時期: きちんとした、きちんとした外観のために、春先に形作るために毎年剪断してください。


あなたの庭のための10の最高の常緑低木

これらの緑豊かな植物のおかげで、屋外エリアを一年中緑に保ちます。

寒い時期でも屋外で過ごす時間が増えている今、庭をできるだけ緑豊かに保つことが重要です。あなたの屋外スペースを一年中最高に見せるために常緑低木に目を向けてください。以下の選択肢のいくつかはプライバシーヘッジに最適であり、いくつかはあなたの庭に形を加えるために作られ、いくつかはいくつかの季節に花を咲かせ、残りの季節には緑のままです。いくつかは美しい暗い葉を持っていますが、いくつかはより賢明で多彩な性質を持っていますが、それらはすべて庭、テラス、またはパティオに興味と多様性を追加します。

南で最も美しい開花低木の1つである椿は、ツバキ科の一部であり、白、赤、ピンクで、いくつかの色でまだらに咲きます。茂みは開花していないときでも緑色のままで、暗くて光沢のある葉があります。


植える場所: 部分的な日陰
USDAハーディネスゾーン: 6から9

より手入れの行き届いた外観を望む人のためのプリムと適切な低木であるツゲの木は、比較的成長しやすく、剪定と形作りが簡単で、病気になりにくいです。それは一年中その美しい緑の色合いを維持し、彼がローマの庭園で最初のトピアリーを紹介したジュリアスシーザーの時代から庭園を飾ってきました。

植える場所: 完全な太陽から部分的な太陽
USDAハーディネスゾーン: 6

ラテン語で「生命の木」を意味するarborvitae低木は、成長するにつれて柱のような形をとるため、大きな生け垣になります。この密集した常緑植物は成長が速く、手入れが簡単で、非常に丈夫です。

植える場所: 完全な太陽
USDAハーディネスゾーン: 3

その学名を与えられたWintercreeper forutnei 植物探検家ロバートフォーチュンに敬意を表して、地面に低く成長し、忍び寄る茎を通して広がります。サポートがあれば、垂直方向にも水平方向にも登ることができます。

植える場所: 完全な太陽から濃い日陰
USDAハーディネスゾーン: 4から9

イチイの植物はそれをハンサムで、どんな庭にも控えめな追加にする柔らかいテクスチャーを生み出します。イチイは、ツゲの木の植物のように、形作りやトリミングによく反応し、病気を防ぐことになるとかなり難しいです。


植える場所: 完全な太陽から部分的な太陽
USDAハーディネスゾーン: 4から8

しだれツガ(カナダツガとも呼ばれます)は、10〜15フィートの高さに達し、優雅なドレープの形で成長します。繊細に見える植物は、実際には非常に丈夫で、完全な日光の下で最もよく働きます。

植える場所: 完全な太陽から部分的な太陽
USDAハーディネスゾーン: 4から8

ツツジの茂みは、春の時期に開花していないときは緑と緑が残り、シャクナゲ科の一員であり、落葉性の植物です。花は赤、ピンク、白、紫でまばゆいばかりです。

植える場所: 完全な太陽から部分的な太陽
USDAハーディネスゾーン: 5から9

ユッカ植物(それが本当の低木であるかどうかについて議論されています)は、四季を通じてその美しいセージグリーンの色合いを保持しています。それは非常に丈夫で、より乾燥した乾燥した地域に最適です。ユッカ植物が老化するにつれて、それはねじれを生み出し、それはすでにその独特の外観に質感を加えます。

植える場所: 完全な太陽
USDAハーディネスゾーン: 5から10

この常緑低木は、冬の終わりから春の初めに咲く黄色い花を誇っています。彼らは最終的に夏の終わりまでにベリーに変わります。アジア、中南米、ヒマラヤ原産のマホニアは、メンテナンスの少ない低木です。

植える場所: 完全な太陽から部分的な太陽
USDAハーディネスゾーン: 7から9

地中海沿岸で生まれたこの芳香植物は、少し湿度の高い暖かい地域で最もよく育ちます。ローズマリーは数フィートの高さに成長する可能性があり、世話をしなければプロットを追い抜くことができますが、冬の間はポットに入れて繁栄を続けることができます。

植える場所: 完全な太陽
USDAハーディネスゾーン: 7から10


モクセイfragrans 香ばしい茶オリーブ 中型から大型の常緑低木です。私たちの南部の気候で簡単に育ち、水はけの良い日当たりの良い場所に植えます。香りのよい茶オリーブは、効果的なプライバシーヘッジとして使用できます。この植物は非常に香りがよく、庭を香りで満たします。滑らかな葉と鋸歯状の葉で示されています Osmanthus x fortunei、フォーチュンのティーオリーブ。


国境とプライバシーのための常緑低木によるヘッジ

プライバシー保護のために他の多くの種類の木と一緒に松の木を植えることは一般的ですが、代わりに低木を使用してみませんか?常緑樹の選択肢が非常に多いため、造園計画に最適な選択肢を見つけるのは困難です。

通路の横に低い境界線を作成したいですか、それとも高くて荘厳なプライバシースクリーンが必要ですか?私たちはあなたの好みに関係なく、あなたがあなたの家に適切な生け垣を選ぶのを手伝います。

生け垣を植えるために常緑樹を選ぶ理由

シャロンのバラなどの低木は落葉性で、シーズンの終わりに葉を落とします。

ただし、Thuja occidentalisなどの常緑樹は、一年中葉を保ち、四季を通じて一貫したプライバシー、防風林、自然の美しさを望む場合は、生け垣のより良い代替手段です。

どの低木が私の庭に最適ですか?

選択する低木の種類は基本的に好みですが、地元の保育園を閲覧する際に考慮すべきことがいくつかあります。最初のステップは、ブッシュの耐寒性ゾーンをあなたの地域と比較することです。

これにより、検索を簡単に絞り込むことができます。歩道や私道を生け垣で縁取る予定がある場合は、成長の遅い低木を探してください。

プライバシーの密な壁を作成するには、ニーズに合った成熟した高さの低木を選びます。害虫や病気が植え付け全体を殺すのを防ぐために、1つのタイプだけでなくさまざまな茂みを植えるようにしてください。

生け垣を植えることの利点は何ですか?

生け垣を育てるには多くの目的があります。庭や家の土台の周りに境界線を作成するのに最適です。

背の高い生け垣植物は、風や街路の騒音からの緩衝材として機能し、詮索好きな目から庭をふるいにかけるのにも最適です。生け垣の低木は野生生物の生息地を作り、見苦しい地域を隠し、縁石の魅力を追加します。

ヘッジを維持するにはどうすればよいですか?

維持はすべてヘッジに依存します。ほとんどはメンテナンスが少なく、成長するのにほとんどまたはまったく労力を必要としません。ただし、特定の目立たない低木や大きな低木は、手入れの行き届いた外観を維持するために定期的な剪定が必要です。

生け垣を刈り取る前に、手で剪定します。冬にそれらを切り取って、新しい成長が失われないようにし、下の枝が日光を浴びるように、根元でそれらを広く保ちます。

低木が空気循環と太陽を得ることができるようにしながら、スペースをアピールするためにジグザグの形でヘッジを植えることを検討してください。

ツゲ(ツゲ)

(barmalini / 123rf.com)

この低木には小さな緑の葉があり、クリッピングで形を保ちます。トピアリーを作るのに人気があり、整頓された整形式の生け垣に適しています。ツゲの木にはたくさんの種類があり、硬いものもあります。

これらの常緑樹は、まだらの光または部分的な太陽の下で理想的に成長し、ゾーン6〜8では丈夫です。ツゲの木は成長が遅く、高さが1〜8フィートです。それらは鹿に耐性があり、ボーダーにフォーマルなエレガンスを加えます。

Arborvitae Green Giant(Thuja plicata)–生け垣用の大きな常緑低木

(rott70 / 123rf.com)

クロベの緑の巨人は、ピラミッド型の成長の早い低木です。剪定の必要がなく、サイズが大きいため、プライバシースクリーンや防風壁として最適です。

それは密で柔らかい緑の葉を持ち、丈夫なゾーン2から7の完全な太陽の領域に部分的に繁栄します。この低木はほとんどの土壌に耐性があり、害虫や鹿に耐性があり、干ばつ耐性があり、メンテナンスが少ないです。

Arborvitaeの緑の巨人は、高さが最大60フィート、広がりが最大20フィートの成熟した高さを持っています。

イチイ(Taxus baccata)

(rott70 / 123rf.com)

イチイは均一な形をしていて、密な生け垣として成長します。それは赤い果実と濃い緑色の針を持っており、針葉樹の1つとして分類されます。庭の周りや小道に沿って見事に見えます。

この生け垣は干ばつに強く、お手入れが簡単です。ゾーン2から10までは適応性が高く、丈夫です。イチイは日陰や太陽の下で急速に成長し、種類によってサイズが大きく異なります。高さが2〜4フィートになるものもあれば、高さが30フィートに達するものもあります。

メギ(メギ)–鮮やかな葉を持つ丈夫な生け垣植物

(maykal / 123rf.com)

メギの低木は、豊かなバーガンディから緑と黄色までの色の範囲の葉を持っています。彼らは、春先の黄色い花、夏の間の一貫した葉、そして活気に満ちた秋と冬の葉で、四季の関心を持っています。

これらの丈夫な生け垣植物は、高さ3〜8フィートで成長し、耐寒性ゾーン3〜9で繁殖します。冬の愛の部分と完全な太陽のためのこれらの常緑低木は、メンテナンスが少なく、鹿に耐性があり、干ばつに強いです。

ホリー(モチノ​​キ)

(maykal / 123rf.com)

ヒイラギにはたくさんの種類があり、そのほとんどが生け垣に最適です。ピラミッド型のものもあれば、丸いものもあります。それらは光沢のある緑の葉を持ち、一年のうち数ヶ月間果実を生産します。それらを定期的に剪定して、完璧なヘッジを作成します。

ホリーは、種に応じて、耐寒性ゾーン3〜10で成長し、高さ6〜20フィート以上に成長します。これらの低木は、部分的な日陰または完全な太陽を楽しんでおり、鹿に耐性があり、メンテナンスが少なくて済みます。

中国のキニーネ(Dichroa febrifuga)–開花常緑低木

(noppharat / 123rf.com)

この低木はアジサイ科の一員であり、夏の間は青、ピンク、または白の花のクラスターがあり、その後にブルーベリーが続きます。中国のキニーネは常緑樹で亜熱帯であり、一年中国境を接するのに最適です。

この生け垣の長い楕円形の葉は、赤みがかった黄褐色の茎に生え、美しく見えるように少し剪定することを切望します。中国のキニーネは高さと幅が4〜6フィート成長し、繁栄するよりも部分的な太陽を好みます。このヘッジは、ゾーン8から10では耐性があります。

コトネアスター(コトネアスターダムメリ)

(max5555 / 123rf.com)

コトネアスターの低木には、成長が遅く広大な習慣があるものもあれば、直立して成長するものもあり、生け垣に適しています。

彼らは、春先と夏の間にエメラルドグリーンの葉、赤、ピンク、白の花、そして赤または金色の黄色の果実を持っています。

コトネアスターの平均高さは3〜8フィートで、ゾーン4〜7では丈夫です。この低メンテナンスの低木は、鹿に耐性があり、干ばつにも耐性があり、斜面や砂防に最適な生垣です。

イボタノキ(Ligustrum ovalifolium)–クラシックプライバシーヘッジ

(maykal / 123rf.com)

イボタノキは、ヘッジとプライバシーのために最も人気のある植物の1つです。これらの低木は、春または初夏に白い花が咲く深い緑の葉と、鳥が食べるのを楽しむブラックベリーが続く、古典的できれいな外観をしています。

これらの低木は成長しやすく、種類にもよりますが、高さ4〜15フィート、幅4〜8フィートに達します。イボタノキは耐寒性ゾーン5から9で成長し、部分的または完全な太陽に耐えます。それらはメンテナンスが少なく、干ばつ耐性があり、剪定で簡単に形作ることができます。

ガマズミ属の木(Viburnum opulus)

(animaflorapicsstock / 123rf.com)

スノーボールブッシュとも呼ばれるこの植物は、人気のある顕花低木です。多くの異なる種があります-いくつかは常緑樹ですが、他は落葉樹です。

それらの葉は丸いまたは槍形から歯または滑らかなものまで変化し、それらはすべて白またはピンクがかった花を生成します。この行儀の良いプラントは、メンテナンスが少なく、プライバシーヘッジと砂防の優れた候補です。

ガマズミ属の木の平均サイズは8フィートで、ゾーン2〜9では丈夫です。鹿に強く、干ばつに強く、部分的または完全な太陽の下でうまく機能します。

ゴールデンベル(レンギョウ)–早春の花のある陽気な低木

(tamu1500 / 123rf.com)

これらの低木はオリーブ科に属しています。レンギョウは、春先に明るい黄色の花の長い葉のない枝を持つ直立したアーチ型の形で成長します。

花は青/緑の葉に変わり、この植物の自然な成長習慣は剪定をほとんどまたはまったく必要としません。

これらの植物にはさまざまな種があり、それらはすべて繁栄するために毎日少なくとも6時間の日光を必要とします。ゴールデンベルレンギョウはゾーン4から9で成長し、高さ10フィート、幅5-10フィートまでの成熟したサイズを持っています。

レイランドヒノキ(イトスギ×レイランドヒノキ)

(dbvirago / 123rf.com)

レイランドヒノキは、成長の早い常緑針葉樹で、成長の癖があります。それは狭いピラミッド型から広い円柱状の形状をしており、通常は短い木として成長しますが、小さな常緑の茂みの生け垣として管理できます。

その灰色/緑色の葉と濃い茶色の円錐形の平らなスプレーは、スペースに個性を追加します。

これらの常緑樹は1年に2〜3フィート成長し、迅速なプライバシーを求めている場合に最適です。レイランドヒノキの低木はゾーン6から10で丈夫で、完全な日光または部分的な日陰に適しています。

トキワサンザシ(Pyracantha coccinea)–激しいとげのある常緑低木

(siegfriedkopp / 123rf.com)

トキワサンザシは丸みを帯びた、または楕円形で、濃い緑色の葉、白い春の花、秋と冬の興味を引く赤みがかったオレンジ色の果実があります。それは悪質なとげを持っているので、あなたの庭から望まない訪問者を防ぐために生け垣を植えるのに良いオプションになります。

この植物は、高さと幅が6〜18フィート成長し、ゾーン6〜9では丈夫です。トキワサンザシは日当たりの良い場所で最適な成長を楽しんでいます。それはメンテナンスが少なく、干ばつ耐性があり、最高の鹿に強い低木の中にランクされています。

斑入りアオキ(Aucuba japonica)

(danilevskiy / 123rf.com)

この密集した、直立した、丸みを帯びた低木は、黄金色の斑点のある光沢のある緑の葉の青々とした葉を持っています。小さな紫色の花とクリーミーな白い葯が春の初めから中旬に噴出し、秋には真っ赤なベリーが続きます。

これらの低木は日陰のある地域に適した選択肢であり、ほとんどの種類の土壌に耐性があります。それらはメンテナンスが少なく、ほとんど病気や害虫がありません。斑入りのアオキは、高さ6〜10フィート、幅5〜9フィートに成長し、ゾーン6〜10では丈夫です。

カリフォルニアライラック(セアノサス)–用途が広く自由に開花する低木

(belchonock / 123rf.com)

すべてを備えた生け垣を探しているなら、カリフォルニアライラックがその1つです。この低木は、甘く香りのよい青/紫の花と暗くて光沢のある葉を持っています。それは信じられないほど用途が広く、多くの条件で成長しやすいです。

カリフォルニアライラックは、干ばつ、熱、塩分、およびほとんどの土壌タイプに耐える、問題のない、成長の早い植物です。彼らは春の半ばから冬の初めに開花し、耐寒性ゾーン8から10では完全な太陽よりも部分を好みます。

プライバシーヘッジはあなたの家の周りを造園するための素晴らしい方法であり、常緑低木は一年中緑を表示するための最良の選択です。

あなたが開花低木で行くことに決めるか、きれいな端でよく整えられた茂みを好むかどうかにかかわらず、あなたのための常緑樹があります。

(belchonock / siegfriedkopp / maykal / danilevskiy / 123rf.com)

年間を通してスペースのプライバシーを確​​保しながら自然な境界線を作成するヘッジ用の常緑低木がたくさんあるので、FacebookやPinterestで友達や家族と常緑ヘッジガイドを共有してみませんか?


造園に使用される常緑低木の写真

常緑低木は、一年中物質と色を風景に提供するために使用されます。私たちの写真には、Arborvitae、Boxwoods、Hollies、Junipers、Firs、Pines、Spruceなど、今日の風景で使用されている最も人気のある常緑樹が含まれています。

ツゲmicrophyllakoreana「冬の宝石」

冬の宝石韓国ツゲ
光沢のある常緑の葉を持つ非常に丈夫なツゲの木。植物は剪断によくかかり、優れた生け垣や個々の植物を作ります。 4フィートx4フィートへの成長。

ツゲmicrophyllakoreana「ジュリアジェーン」

ジュリアジェーンツゲ
ライムグリーンの新しい成長を伴う濃い緑色の葉。高さ5フィートx幅5フィートに成長します。

ツゲx「グリーンマウンテン」

グリーンマウンテンツゲ
円錐形の直立した成長で、濃い緑色の葉があります。高さ5フィートx幅3フィートまで中程度の成長。生け垣に使用されます。

Buxus sempervirens x microphylla Koreana

グリーンベルベットツゲ
刈り取られたり自然に成長したりできる魅力的な常緑樹の葉を持つ丸みを帯びた成長習慣。鹿の抵抗は追加のボーナスです。

Buxussempervirens「Variegata」

多彩なイングリッシュツゲ
部分的から完全な太陽の下で成長します。高さ8フィートx幅8フィートまでゆっくりと成長します。多くの場合、生け垣植物として使用されます。

Cephalotaxusharringtonia「Fastigiata」

直立したイヌガヤ
鹿に強い濃い、光沢のある、濃い緑色の葉を持つのんきな垂直成長習慣。

Chamaecyparis pisifera
「フィリフェラアウレア」

金糸ヒノキ
一年中明るい黄色の葉。
定期的なせん断なしで15フィートまで成長します-小さなベッドでトリミングしてください。黄色のアクセント植物として大人気。いくつかの品種は他よりも金色です。

Chamaecyparis pisifera
「ゴールデンチャーム」

ゴールデンチャームスレッド-ブランチサイプレス
完全な太陽。高さ6フィートx幅8フィートに成長します。鹿に強い素敵なカラーアクセント。ゾーン4〜8

Chamaecyparispisifera「ゴールデンモップ」

ゴールデンモップサイプレス
この用途の広いカラフルな低木を太陽の下で育ててください。ブラウジングに対する鹿の抵抗。よりコンパクトで倹約的な形状を維持するために軽くせん断します。

Chamaecyparisobtusa「AureaNana」

ドワーフゴールドヒノキサイプレス
成長が遅い明るいレモンゴールドの葉は、ロックガーデン、コンパクトな風景、または盆栽に最適です。

Chamaecyparisobtusa「Compacta」

コンパクトヒノキ
高さ6フィートx幅3フィートまでのゆっくりとしたコンパクトな成長。部分的な日陰への太陽。興味深い葉。

Chamaecyparisobtusa「Crippsii」

ゴールデンヒノキ
ピラミッド型の成長が遅く、高さ12フィートx幅6フィートになります。部分的な日陰への太陽。冬の風から葉を保護します。

Chamaecyparisobtusa「FernsprayGold」

ファーンスプレーゴールドヒノキサイプレス
完全な太陽の下で最高の色を示す金色のシダのような葉のアーチ型スプレー。

Chamaecyparisobtusa「Filicoides」

ヒノキヒノキ
ピラミッド型の常緑樹で、高さ6フィートx幅3フィートまで成長します。エメラルドグリーンの葉はシダのような外観です。植物をトリミングして、成長をよりコンパクトにすることができます。

Chamaecyparisobtusa「JustDandy」

Dwarf Hinoki Cypress
Globe shaped growth making it wider than tall, good for small spaces. Zone 5 hardiness. It was selected from the best seedlings of ‘Nana Gracilis’ in 1981.

Chamaecyparis obtusa ‘Nana’

Nana Hinoki Cypress
Slow growth to 2 ft tall x 3 ft wide. Sun to partial shade. Interesting dark green foliage.

Daphne burkwoodii ‘Carol Mackie’

Carol Mackie Daphne
Slow growing semi-evergreen with pale pink fragrant blossoms. Best in rich, well drained soils in partial shade with adequate moisture. Leaves have a yellow margin becoming creamy white. 3 ft tall x 4 ft wide. Hardy in zones 5 to 8.

Euonymus fortunei ‘Emerald Gaiety’

‘Emerald Gaiety’ Euonymus
Vine-like moderate to fast growth to 3 ft tall x 5 ft wide. Great for a color contrast with its green and white variegated leaves. Watch for scale insects.

Euonymus fortunei ‘Emerald ‘n Gold’

‘Emerald ‘n Gold’ Euonymus
Moderate to fast growth to 3 ft tall x 5 ft wide. Great for a splash of color with its green and gold variegated leaves. Watch for scale insects.

Euonymus fortunei ‘Sunspot’

Sunspot Euonymus
Moderate to fast growth to 3 ft tall x 5 ft wide. Grow in sun to shade (sun brings out the best yellow variegation). Yellow branches add to the colorful effect of the yellow and green leaves. Deer love to eat these.

Ilex aquifolium ‘Aurea Marginata’

Yellow Edged English Holly
Grow in partial sun in an area with some protection from winter winds.

Ilex crenata ‘Convexa’

Convex leaf Japanese Holly
Evergreen with slow to moderate growth and ‘cupped’ leaves. Needs good drainage. Will get knocked-back by -10F to -20F winter temperatures.

Ilex crenata ‘Green Lustre’

Japanese Holly Green Lustre
Compact evergreen shrub with moderate growth for use in hedges, masses or foundation plantings. Grows 4 ft tall and 8 ft wide in full sun to partial shade. Protect from harsh winter winds.

Ilex crenata ‘Helleri’

Helleri Holly
Compact evergreen shrub with slow to moderate growth in Zone 6 to 9 for use in hedges, masses or foundation plantings. Grows 3 ft tall and 4 ft wide in full sun to partial shade. Flowers attract bees.

Ilex crenata ‘Steeds’

Steeds Upright Holly
Dense, pyramidal evergreen with dark green foliage. Use in hedges or foundation plantings. Zone 6 to 9. Growth to 8 ft tall and 6 ft wide in full sun to partial shade.

Ilex glabra ‘Shamrock’

Inkberry
Evergreen shrub with dark green foliage. Used for hedges, groupings and accents. Slow to moderate growth to 7 ft tall x 7 ft wide.

Ilex meserveae

Blue Princess Holly
Dense, dark blue-green, evergreen foliage makes this hardy holly very popular in the home landscape. Plants can reach 8 ft tall x 8 ft wide. Annual shearing will help shape plant. Females get the red berries late in the season if there is a male Holly in the vicinity.

Ilex meserveae ‘Mesog’

China Girl Holly
Lighter green leaf than the Blue Hollies, yet similar. Hardy, takes shearing well. Growth to 8 ft x 8ft. Red berries.

Juniperus chinensis ‘Hetzii Columnaris’

Green Columnar Juniper
Upright, pyramidal evergreen with bright green foliage on dense branches. Versatile, natural or shaped, used as an evergreen screen, singularly, or as a specimen for topiary. Grow in full sun. Zone 4 to 9.

Juniperus chinensis ‘Old Gold’

Juniperus chinensis ‘Old Gold’
Outstanding gold color with growth to 3 ft tall x 5 ft across.

Juniperus pfitzeriana ‘Saybrook Gold’

Saybrook Gold Juniper
Hardy, colorful evergreen with golden highlights, prune to maintain a compact shape and promote color on new growth. Tolerant of poor soil and air pollution. Growth to 3 feet tall x 6 feet wide. Grow in full sun. Zone 4 to 9.

Juniperus pfitzeriana ‘Aurea’

Gold Coast Juniper
Gold-tipped lacy foliage all year, grow in full sun, growth to 36″ high x 4 feet wide.

Juniperus pfitzeriana ‘Sea Green’

Sea Green Juniper
Mint-green foliage all year, grow in full sun, growth to 60″ high x 8 feet wide.

Juniperus procumbens ‘Nana’

Dwarf Japanese Garden Juniper
Bob’s favorite spreading juniper! Green new growth turns blue-green as it matures, purple tinge of winter color. Prefers full sun.

Juniperus squamata ‘Blue Star’

Blue Star Juniper
Excellent, compact evergreen maintains its shape without trimming. Bright blue foliage. Grow in full sun.

Leucothoe fontanesiana ‘Girard’s Rainbow’

Rainbow Leucothoe
Grow in shade to partial shade. Slow to moderate arching growth to 4 ft tall x 5 ft wide. New leaves are multi-colored with pink, white and yellow. Drooping white flowers. Requires moist soil.

Mahonia aquifolium

Oregon Grape
Often mistaken for holly, this suckering evergreen grows best in partial to full shade in Zones 5 – 8. Moderate growth to 6 ft tall and 5 ft wide with showy yellow flowers in spring followed by bluish-black berries in late summer. Best in shady areas: woodland gardens, groupings or as a foundation shrub.

ウスリーヒバ

Russian Arborvitae
Moderate growth to 18″ tall x 5 ft wide. Prefers moist soil in partial shade with some protection. Flat evergreen sprays make it an attractive plant.

Osmanthus heterophyllus ‘Goshiki’

Variegated Holly Leaf Osmanthus
Dwarf globe-shaped plant that grows 3 to 6 inches per year and takes shearing well. Deer resistant. Zone 4 hardiness. Spring growth flushed with pink turnings creamy yellow in summer.

Picea abies ‘Mucronata’

Dwarf Norway Spruce
Dwarf spruce with compact growth makes it ideal for rock gardens and small spaces. Prefers sun but tolerates partial shade. Grows to a 5 ft height x 5 ft wide. Hardy to Zone 4.

Picea abies ‘Nidiformis’

Bird’s Nest Spruce
Dwarf spruce with compact growth makes it ideal for rock gardens and small spaces. Likes sun but tolerates some shade. 3 ft height x 5 ft spread.

Picea omorika ‘Nana’

Dwarf Serbian Spruce
This compact, slow growing evergreen has dark green needles with silver bands. Tolerates urban conditions well.

Picea omorika ‘Pimoko’

Pimoko Serbian Spruce
Globe-shaped young plant becoming an upright, broad shaped plant over time. Bluish-green foliage. Zone 4 hardiness. Nice rock garden plant.

Picea pungens glauca ‘Globosa’

Globe Blue Spruce
Slow to moderate growth from this dwarf variety of Blue Spruce. Grafted on a ‘standard’ it has an ornamental lollipop look and serves well as a specimen plant. Maintains its shape well on its own, or it can be sheared for a uniform appearance.

Picea sitchensis ‘Papoose’

Dwarf Sitka Spruce
Contrasting needles are dark green underneath and silvery blue on top. Grows to 3 ft tall x 3 ft wide. Excellent evergreen for a dwarf conifer collection, rock garden or along a shrub border.

Pieris japonica

アンドロメダ
Evergreen with pendulous flowers in the spring that resemble Lily of the Valley. ‘Mountain Fire’ variety has red new growth. Slow growth in sun or shade. Watch for damage from lace bugs.

Pinus densiflora ‘Globosa’

Globe Japanese Red Pine
Dark green needles and orange-red bark add interest to this sturdy pine that grows slightly taller than it does wide.

Mugo Pine
Evergreen with moderate growth to 4 ft high and 7 ft wide. Trim new growth in June to maintain tight shape. Watch for sawfly in May.

Pinus mugo ‘Pumilio’

Dwarf Mugo Pine
Slow growth on the true dwarf varieties– standard varieties grow faster. All varieties should have their candles trimmed in June to keep the best shape. Watch for sawfly caterpillars in May.

Pinus parviflora ‘Little Hedgehog’

Little Hedgehog Japanese White Pine
Miniature conifer which grows to 2 ft tall and 3 ft wide. Great for small gardens, rock gardens and shrub borders. Hardy to Zone 5.

Pinus strobus ‘Nana’

Dwarf White Pine
Soft, silver-green needles. Slow, compact growth to 3 ft x 3 ft. Sun to partial shade. Sensitive to salt spray.

Rhododendron ‘Olga Mezitt’

Olga Mezitt Rhododendron
Wavy, vibrant pink, lightly scented flowers on this compact evergreen shrub in spring. Tolerates more heat and sun than other varieties. Zones 4 – 8.

Taxus cuspidata ‘Capitata’

Pyramidal Japanese Yew
Pyramidal evergreen with slow growth to 40 ft tall x 50 ft wide. Tolerates heavy shearing.

Taxus x media ‘Densiformis’

Dense Spreading Hybrid Yew
A dense shrubby form of Yew that lends itself well to foundation plantings. Moderate growth to 9 ft tall x 12 ft wide.

Taxus x media ‘Hicksii’

Hicks Yew
Columnar evergreen with moderate growth to 15 ft tall x 5 ft wide. Can be used for evergreen hedges where deer aren’t a problem.

Thuja orientalis ‘Aurea Nana’

Dwarf Golden Arborvitae
Compact, dwarf evergreen with a pointed globe shape that requires minimal pruning. Bright yellow foliage becomes bronze in winter. Full sun to partial shade. Zone 6 to 9.

Thuja occidentalis ‘Bobozam’

'氏。 Bowling Ball’
Compact globe-shaped growth that doesn’t require any trimming and is good for smaller gardens. Feathery fine evergreen foliage

Thuja occidentalis ‘Hetzi Midget’

Hetz Midget Arborvitae
Dwarf evergreen with slow ball-shaped growth to 2 ft x 2 ft. Ideal for rock gardens and small beds. Grow in full sun.

Thuja occidentalis ‘Little Giant’

Little Giant Dwarf Arborvitae
Small, globe-shaped evergreen with good color through the winter months.

Thuja occidentalis ‘Lutea’

George Peabody Arborvitae
Moderate rate of pyramidal growth to 12 ft tall x 6 ft wide. Golden foliage creates a nice accent.

Thuja occidentalis ‘Rheingold’

Dwarf Golden Arborvitae
Golden-orange foliage year round. Slow growing to 4 ft x 3 ft. Keeps a nice shape without trimming.

Thuja occidentalis ‘Woodwardii’

Globe Arborvitae
Rounded shrub with dark evergreen foliage. Light shearing gives arborvitae additional strength and shape. Watch for deer browsing on most arborvitaes.

Thuja plicata ‘4EVER’

Forever Goldy Arborvitae
Golden-yellow foliage on a compact conifer with quick growth. Orange fall color with red stems during winter.

Thuja plicata ‘Whipcord’

Whipcord Arborvitae
Glossy evergreen foliage grows with a pendulous effect like a mop. Grows to 5 ft. tall x 4 ft. wide.


Best Flowering Shrubs

Shrubs that produce flowers offer the best of both worlds, a bushy plant that can fill a good space in your garden with attractive foliage and beautiful blooms. If you’re specifically looking for shrubs with showstopping flowers, these are some you might like to consider.

Hydrangea (Hydrangea Paniculata)

This flowering shrub, native to China and Japan, is incredibly popular, and it’s not hard to see why. It is low-maintenance, cold hardy, and produces an abundance of showstopping flowers that bloom reliably in spring and can persist right through to winter. The small flowers start out the cream, turning to pale pink as the weather gets cooler. They appear in large full clusters, and bloom best when grown in full sun to partial shade conditions.

Cinquefoil (Potentilla Fruticosa)

This deciduous shrub produces a mass of bright white flowers with yellow centers, which bloom in spring and last right through to the first frost. The abundance of blooms is so intense that it looks as though the entire shrub is getting overtaken by flowers.

The plant itself grows to around 3 feet in height with a similar spread, making a good low border around a garden or colorful hedge. It is a hardy plant, tolerant of both drought and low temperatures.

Butterfly Bush (Buddleia Davidii)

This large shrub offers up clusters of small purple flowers on long spikes, which can measure up to 10 inches in length. They usually appear in midsummer and will persist until the first frost. The deciduous plant also features lance-shaped green foliage and gently arching stems. It is a low-maintenance plant that grows easily in full sun in a range of soils. It is drought-tolerant but will not survive in soggy soil.

Rose of Sharon (Hibiscus Syriacus)

This easy-care shrub has a loose habit, which makes it suited for growing on the back row of borders or as an informal hedge or privacy screen. The large exotic blooms are the star of this plant, flowering from the middle of summer to fall. The blossoms come in shades of blue, white, pink, and red, and resemble the shape of a wide vase. It will grow in full sun to partial shade and is hardy in USDA growing zones 5 to 8.

Camellia (Camellia Japonica)

This evergreen shrub is native to Japan, China, and Korea, growing to a maximum height of around 30 feet. It produces glossy, leathery foliage in dark green, which is oval in shape and reaches a point at the tips.

The leaves typically measure just under 4 inches in length. The plant also bears individual flowers at the end of branches in spring. They can be pink or white in color and have a very simple, wholesome look to them.

Koreanspice Viburnum (Viburnum Carlesii)

This medium-sized shrub also goes by the name of arrowwood. It has a bushy habit and is renowned for its clusters of small white or pink flowers that resemble feathery snowballs. The flowers are borne at the end of stems, held high above the foliage of the plant.

The flowers give way to red berries, which develop to black when they ripen at the end of summer. The foliage of this plant also offers lots of interest through the seasons, with broad green leaves, which are pale green in summer and burgundy in fall.


ビデオを見る: 最新版シンボルツリー園芸専門店店長が教えます シンボルツリーはどれがいいですかにお答えします年春絶対チェックすべきベスト常緑樹編