エキウム属-種子、植物、維持

エキウム属-種子、植物、維持

エキウム、ワイルドで壮観!

ザ・ エキウム もともとは野生の植物ですが、おしべが毒蛇の舌に似ていることからこの名前が付けられています。これらは、ヨーロッパやアフリカの温帯、海洋性、地中海性気候の元の自然な状態で時々見つけることができる植物です。植物は、美しい青緑色の尖った、重ねられた、直立した葉の美しいロゼットを形成し、その連続性、花の茎、数百の小さな花で構成された見事な花のスパイク、多くの場合青い、高さ数メートルに達することができます。エキウムも非常に蜂蜜であり、ミツバチや蝶を無関心に引き付けます。
一年生植物、二年生植物、多年生植物など、耐寒性があまり高くない種がたくさんありますが、ほとんどの種は開花後に消えます。彼らは気分が良いすべての場所で自発的に自分自身を再シードします。

植物名:

エキウム属

植物の種類

•サイクル: 多年生、一年生、隔年
•葉: 持続的
•耐久性: 低-7°C
• 家族: ムラサキ科、ムラサキ科
•港: タフト直立
• エキシビション: 太陽
•アース :排水された軽い土壌
•播種:
•プランテーション:
•切断:
•開花: 4月から9月
•応援: ルーツ
•カルチャーゾーン: 10(フランスとケベックの耐寒性マップを参照)
•起源: ヨーロッパ、アフリカ
•実り多い植物: はい
•薬用植物
•毒性:はい

エキウムの特徴

•耐寒性: 低。エキウムは夜間の低温をよく受け入れますが、日中は光と太陽を必要とします。理想的にはオープンエリアにあり、風によく耐え、石灰岩の土壌を受け入れます。貧弱な石や砂質の土壌はそれにとって完璧な環境です。
開花 :豊富で急成長
•毒性: 花には軽度の麻痺を引き起こす可能性のある物質が含まれており、クラーレ、エキイン、シノグロシンなどの麻痺アルカロイドですが、ごく少量では人体に無害です。 (ウィキペディア)。剛毛は、皮膚との持続的な接触で刺激を与えます。
•健康: ドライフラワーは咳を鎮めるために点滴で使用され、浄化、胸筋、利尿作用があります。

どんな展覧会?

• 太陽

どんな土?

•軽量、排水、貧弱で浅い

エキウムの増殖方法は?

•播種

いつ播種するか

• 秋に

シャゼンムラサキの種まき方法は?

植物は、それが心地よい場所、つまり、土壌、曝露、および気候条件がそれに適している場所で、自発的に簡単に再播種されます。

バケツにエキウムを蒔く方法は?

鉢植えの苗はもっと仮説的です。植物は、結果を満足のいくものにしない変位と移植をかなり適度に評価します。

穏やかな地域の鉢植え:

•砂と培養土を同じ割合で混合したカップを準備します。
•5mmの深さにカップごとに1つのシードを置きます。
•軽く水をまきます。
•バケツを庭に置きます。理想的には涼しい夜ですが、日中は晴れています。
•発芽は非常に速く、2週間から発生します。
•条件や播種する品種によっては、かなり遅くなる場合があります。
•苗が現れたらすぐに移植してください。
•根を深く埋めすぎないでください。
•軽くたたきます。
•最初の数日間は軽くスプレーし、その後はそれ以上スプレーします。

エキウムを所定の位置に播種します。

•理想的な露出条件下で、庭の保護されたエリアに直接播種します。
•土を数センチ緩めます。
•シードを5mmの深さに置きます。
•タンプ。
•軽く水をまきます。

いつ植えるのか

春に植える、しかしそれが凍らない地域では、秋の植栽が適しているかもしれません。

植える方法は?

地中に:

土を準備します:
•土をひっくり返すことなく、スペードの半分の深さまで作業します。

エキウム植物を準備します:
•エキウム植物は、品種によっては大きな対象となり、地面に多くのスペースを占める可能性があります。植え付け距離が80cmから1mになるように注意してください。
•エキウムは移植が好きではなく、繊細です。
•植物を浅く置き、理想的には、根系に触れないように、コンテナの根球を無傷に保つようにします。

鍋(直径50cm):

•鍋の底に、砂利の厚いベッドを置きます。
•庭の土と砂の混合物を準備します。
•ポットごとに1つの植物を置きます。
•水をやさしくたたきます。
•鍋を太陽の下に置きます。

開花エキウム:

•4月から5月から8月から9月まで

インタビュー :

•植物の寿命を延ばすために、開花後に剪定します。

エキウムのいくつかの種/品種:

カナリアンバグロス (Echium pininana):多年草で、高さ4メートルに達することができる水色の花のスパイクがあります。

VIP。一般 (Echium v​​ulgare):60〜90 cmの隔年で、紫がかった青い花があり、花びらから4つの雄しべが突き出ています。 6月から8月に開花します。
品種「ブルーベダー」は、淡いブルーの花がピンクに進化するオリジナルの開花を持っています。

VIP。偽のオオバコ (Echium plantagineum):しなやかな葉と紫がかった花を持つ20〜60cmの二年生種。 侵入種 良好な状態で。

エキウムは庭でよく合います

•セージ、トウダイグサ属のユーフォルビアを植える..。

庭の有無にかかわらず..。

庭で : 固い塊で、岩場で、堤防で。
庭なし: テラスまたは日当たりの良いバルコニーやテラスに鉢植え。

イラストの画像:Echium candicans by

クイックシート:

概要

項目名

エキウムの耳と壮大な花

説明

植物は、尖った葉の美しいロゼットを形成し、美しい青みがかった緑色で、その連続性、花の茎、高さ数メートルに達することができる青いことが多い何百もの小さな花で構成される見事な花のスパイクを重ね合わせます。 。

著者

私たちのウェブサイトからのダニエル

編集者の名前

Jaime-jardiner.com-Ouest-france.frポータルのガーデンメディアパートナー

出版社のロゴ


チェルノブイリ周辺の自然:ベラルーシのポリーシャ州の放射線生態保護区

この記事の著者は、2016年9月29日から10月1日まで、チェルノブイリ原子力発電所の立入禁止区域のベラルーシの部分を訪問しました。彼らの訪問の最初の報告は、 クーリエデラネイチャー N°303(2017年5月から6月)。以下のテキストは異なり、より広範な参考文献を使用しており、ベラルーシで実施された未発表の調査研究を反映しています。

Jean-ClaudeGénotとAnnikSchnitzlerによる

チェルノブイリが何も意味しない人々はほとんどいませんが、ポリーシャが何も意味しない人々はさらにまれです。それでも、ポリーシャはベラルーシの南部地域であり、チェルノブイリ原発事故による被害の大部分を受け取ったウクライナと国境を接しています。 1988年、ベラルーシ側の発電所周辺の除外区域に特別な種類の生態保護区が設立されました。これは、環境省ではなくベラルーシ共和国の緊急事態省の管轄下にあるポリーシャ州無線生態保護区(RREP)です。 2,160 km2(北から南に65 km、東から西に72 km)の領域をカバーするRREPは、原子炉の爆発によって放出されたセシウム137の30%、ストロンチウム90の73%、プルトニウム同位体の97%を受け取りましたチェルノブイリ発電所でn°4。プルトニウム241はアメリシウム241に崩壊し、半減期は432年でした。 RREPで働く740人は、周囲の人々のアクセスを制限し、放射線からの保護を確保し、放射性核種の拡散を回避し、最終的に動物相とフローラ。火器管制はRREP職員の優先課題であるため、環境への人間の介入はファイアウォールの作成、放射性粉塵を回避するための野外への植樹、戦争記念館や墓地の維持にあります。ベラルーシのすべての保護地域と同様に、RREPにも経済的目的と特定の活動があります 「実験的」 畜産、樹芸、養蜂、林業のように、毎年8,000m3の木材を伐採して製材します。

廃屋を取り巻く植生-写真JCGénot

ザ・ "災害"、 ベラルーシ人が言うように、100以上の村のこの地域に住んでいた22,000人が避難したので、人間の悲劇ですが、チェルノブイリ発電所の4号機の爆発からわずか10日後です。村は埋葬され、他の村は放棄されました。老人は家に残り、ホームレスの人は約10年間そこに住み続けました。それ以来、予備の人員と訪問者だけがこの広大な地域に頻繁に訪れました。 RREPの科学者の事務所は、かつて廃墟となったバブチンの村にありますが、管理部門は、保護区の北15kmにあるホイニキの町にあります。 RREPの南、マサニー村では、スタッフが住むことができるように、そこに放射能測定ステーションを設置する前に、過度に汚染された土壌を取り除き、土壌を持ち込む必要がありました。 2016年10月初旬の3日間の訪問中に、地区の学校の黒板にあるこの哀れな碑文を読みました。 " 私たちは戻ってくる ".

木々に覆われた建物-写真JCGénot

しかし、放射線防護原子力安全研究所(IRSN)によると、これらの人々の生活環境は、20世紀の最も深刻な民生用原子力事故によって居住不可能になり、2011年の福島のそれを上回りました。土壌、植物、動物の汚染は、非常に長い間、通常の生活の見通しを妨げます。ベラルーシの田園地帯では、人々が庭を耕し、井戸から水を汲み、川で魚を釣ったり、森でキノコやベリーを集めたりするため、住民は特に罰せられています。 RREPは、年に3日、正教会の休暇中に元住民が故人の墓に来ることを許可しています。それにもかかわらず、廃屋を密猟したり略奪したり破壊したりするための避難以来、多くの侵入がありました。実際、RREPの外側の限界は、アクセス道路のチェックポイントを介してのみ監視されます。最も汚染されたレッドゾーンである約1,400km2のエリアを含むフェンスが、チェックポイントとともにRREP内に建てられました。しかし、30年の間に、柵は多くの場所で損傷を受けており、放射能のシンボルが付いた標識は、人々がこの禁止区域に入るのを妨げません。

ザ・ "災害" 人間の種の2つの大きな側面を明らかにしました:一方では、消防士、ヘリコプターのパイロット、そして溶融原子炉が水と接触して爆発するのを防いだソビエト清算人の英雄主義でさえ、他方では、人間に対する貪欲と軽蔑です。放射能を気にせずに廃屋から家具、木工品、食器を盗んで国内で販売した人々、汚染地域の農産物(牛乳、小麦)と北部の農産物(牛乳、小麦)を混ぜ合わせた公務員コルホーズの生活災害、市場でそれらを販売する。汚染はベラルーシの農業生産の多くを奪い、集団農場の3分の1は放棄されました。避難者に関しては、ミンスクに連れて行かれた人々は別々の近所に住んでいて、 「チェルノビリアン」。何万人ものベラルーシ人が汚染された地域、特に国の南部のゴメル周辺にまだ住んでいると考えるのは単純に非現実的です。 RREPのスタッフは、2週間働いた後、非番になります。それらは毎年監視されており、線量計を持っていますが、私たちを導いた科学者はそれらに線量計を持っていませんでした。それらは1.5m Sv /年を超えてはなりません(シーベルトは、生物に対する電離放射線の生物学的影響を表し、放射線源への曝露後の健康リスクを間接的に表します)。

全国各地で、放射能は森林、野原、沼地を介してパッチ状に分布しています。保護区から80キロ離れた車で来ると、森の入り口に放射能のシンボルが書かれた看板がすでにありました。私たちが持っているガイガーカウンターで示される数値は、µRem /時間です(remはレントゲン相当の人を表し、電離放射線の種類に応じて全身が受ける線量を測定します)。予備のパネルに示されている数値は、µSv /時間です。自分がどこにいるかを知るために、RemからSievert(1 Rem = 0.01 Sv)へのかなり単純な変換を行う必要がありました。

プリピャット川はウクライナとの国境を示しています-写真JCGénot

したがって、道路の脇では0.63 µSv / hを記録しますが、砕石道路では0.43、学校の内側は0.15 µSv / h、外側は0.39、プリピャチ川の端では0.09 µSv / hです。 0.27そしてそこに通じる道で0.45。それはその地域にあります "赤" 最大放射能値は4.11µSv / hで記録されました。これらのセクターで1日1時間過ごす予備軍のエージェントは、1年間で許可される最大線量1.5 mSv /年に達するでしょう。しかし、私たちの野生生物ガイドであるヴァレリーは、夏の間、7日間、フィールドで10時間続けて働くことができます。

排水された畑が再びヨシ原になりました-写真JCGénot

火の見櫓に登って、30年間何が起こっているか、つまり可能な限り植生を再征服し、これを可能な限り景観の規模で測定するだけで十分です。白樺、ポプラ、トネリコ、カエデ、シデ、ヤナギが村の周りの広場に植民地化し、一部の家の中では果樹が野生になり、エキゾチックなバージンツルとホップが納屋の屋根を覆っています。排水路が塞がれていたため、排水された畑は、男性が農業に転向する前の沼地になりました。

目に見える限りの荒れ地-写真JCGénot

以前からのいくつかの松のプランテーションで "災害"、無柄のオークや白樺は自発的に成長し、広葉樹がここに自然に存在することを思い出させます。プリピャチの沖積谷は、砂浜の土手、樹木が茂った島々、そしてオークが点在する乾燥した土壌に適応して草本植物が発達する砂浜のテラスで美しいです。どこでも、荒れ地と自発的な森が発達し、木造家屋や隙間のある窓のあるコンクリートの建物の前に密なスクリーンを形成しています。

植生の前で道路が後退する-写真JCGénot

道路は植物に食べられ、地衣類やコケで覆われています。標識はもはやどこにも通じていません、電柱は今や配線なしで一人です。石棺で覆われた植物はわずか12kmの距離にあり、塔から遠くに見える暗い塊であるため、これは終末後の風景の似顔絵に近い画像です。かかわらず 「見えない悪」、自然は穏やかで穏やかであり、それはあふれんばかりの方法で展開します。チェルノブイリを訪れたフランソワ・テラソンからのこの文章を考えずにはいられません。 「私たちは、人間が生きることができない最初の場所を発明したばかりです」.

植生が壮観であれば、発達した動物相も少なくありません。オジロワシ、ガリッシュイーグル、ポマリンイーグル、イーグルフクロウ、カラフトフクロウなど、ベラルーシの多くの絶滅危惧種がこれらの野生の土地で繁栄しています。サイトが人間によって放棄されて以来、彼らの数は増加しています。畑の人為的な洪水は、ここで国内で最大のオオハクチョウの個体数をもたらしました。広大なヨシ原に生息するにがり、プリピャット川の砂浜に生息するヨーロッパハチクイ、沼地に生息するウズラクイナ、森に生息するナベコウなど、他の種も生息しています。西ヨーロッパでは珍しくなった小さなスズメ目の鳥であるズアオホオズメは、オークやヤナギが点在する氾濫原などの非定型の環境に巣を作ります。ブチイシガメ、またはホオジロクロガメは、ここで好きな環境(溝、運河、川)を見つけ、RREPには、数万人の個体がいる国内最大の個体数があります。砂丘と乾燥した環境を持つ保護区の南の好熱性に関連する種の中で、私たちはロシア南部に自生するカマキリとタランチュラに言及しなければなりません。さらに、1996年のバイソンなど、一部の種は自主的に再導入されました。動物が自由に進化するRREPガードによると、初期個体数19個体から、2020年には174個体に増加しますが、冬に餌を与えられます。ウクライナの除外区域から来たPrzewalskiの馬は、RREPに移住した。 1998年から2004年の間に36人が解放され、2018年の人口は150人にのぼります。

オオカミに関しては、獲物(鹿、ノロジカ、ワピチ、イノシシ)が狩られなくなったため、個体数が増加しました。しかし、オオカミは獲物の数と必要なスペースに応じて領域を分割するため、その数は劇的に増加していません。最近、アフリカ豚コレラによりイノシシの密度が低下したため、オオカミは干ばつ時に捕食しやすい家畜(野良犬)やその他の有蹄動物やビーバーに捕食を移しました。ですから、ここにはベラルーシの他の地域ほどオオカミはいないでしょう。元保護区長によってヘリコプターで追い払われたので、過去10年間でさらに少ないかもしれません。私たちはその存在の多くの兆候を検出することができました:特に川の土手に沿って、2つの乾季の間非常に低い引っかき傷、糞便、痕跡。検問所で働いている森林管理者は、2016年の春に13人の群れを見たと語った。

家の古いタペストリーにクマが残したプリント-写真JCGénot

今日でも、ハンターや地方自治体からは、有害であると見なされ、正式に狩猟可能な種として分類されているオオカミを殺すよう強い圧力がかかっています。しかし、この地域の肉食動物はオオカミだけではありません。クマとオオヤマネコが静かに戻ってきました。私たちはクマの足跡を見て、ミツバチを探して家に入った。

ムースはもはや人間に狩られておらず、恐れが少ないように見えます-写真V.ドンブロフスキー

2回の外出で、10 km2あたり7〜10個体の密度のヘラジカを簡単に観察することができました。最後に、道路を歩き回っているときに車の前を飛んでいたクロライチョウの数が多いことに感銘を受けました。この種は埋め立て地と沼地を利用しており、この鳥はフランスの絶滅危惧種のリストに含まれているため、その相対的な豊富さを強調する価値があります。

Peliadeviper-写真JCGénot

また、いくつかの猛禽類を観察しました:タカ、タカ、オジロワシ、そしてヨーロッパヤマカガシとヨーロッパクサリヘビの2回。ブラントのネズミの複製のいくつかのコロニーは、ラジオトラッキングを使用して木の空洞で識別されています(1)。フォトトラップの設置は、2016年から2018年にかけてジョージア大学と共同で13の異なる場所で3371日間の捕獲を行い、保護区の生物学者がRREP内の哺乳類の数を確認することを可能にしました。実際、100日間の捕獲で88匹近くの動物がいます。写真で最も一般的な2つの哺乳類は、オオカミとウサギです。写真で最も一般的な有蹄動物はヘラジカと鹿です。動物の写真の56%は夜に撮影され、タヌキが最も一般的な動物です。また、ジョージア大学は、フォトトラップを使用して、合計83か所の川の近くと排​​水路の近くに堆積した養殖コイに対するRREP動物の清掃行動を研究しました。

バブチンの保護区からそう遠くないところにあるオオヤマネコの罠にかけられた写真-写真V.ドンブロフスキー

スカベンジャーは、病気の蔓延を防ぎ、特定の栄養素を土壌に取り込むことにより、生態系で重要な役割を果たします。合計10匹の哺乳類と5羽の鳥がスカベンジャーとして検出されました。小型哺乳類とカラス(カササギとカラス)は、利用できるバイオマスの8%未満しか消費しません。主なスカベンジャーは、タヌキ、ミンク、カワウソ、オオカミ、ワタリガラス、ワシです。彼らはバイオマスのほぼ49%を消費しました。別の現象は生物学者によって追跡されます:多くの放棄された建物、家、納屋の野生生物による使用。したがって、床の下に住むアナグマ、屋根裏部屋のワシミミズク、小屋の古い煙突の黄褐色、馬小屋や納屋に避難しているエルクや鹿を見つけることは珍しいことではありません。ジョージア大学の米国チームと保護区の野生生物専門家は、2016年から2017年の冬と2018年の夏に、RREP全体に散在する10の納屋を追跡し、Przewalski馬によるこれらの場所の占領を観察しました。馬は、冬の夜の9つの納屋で35回(655泊の写真トラップのうち)、夏の夕暮れの8つの納屋で149回(1339夜の写真トラップのうち)観察されました。馬のグループは通常、5頭の成馬と1頭の子馬で構成されます。動物はこれらの納屋を睡眠、繁殖、またはぶらぶらするために使用します。この研究により、これらの納屋に頻繁に生息する他の哺乳類、ノウサギ、タヌキ、キツネ、イノシシ、ワピチ、鹿、オオヤマネコ、オオカミを観察することができました。

震災から30年後の動植物への放射能の影響はどうですか?災害直後の自然への強い放射能の影響は容易に確認できましたが、相互作用が複雑であるため、動植物への長期的な影響を示すことは容易ではありません。科学者は、種の豊富さと多様性に対する汚染の影響に関する結果が異なります。汚染地域では花粉交配者の数が減少し、果実の生産量が減少しています。一方、森林環境の線虫に対する電離放射線の影響は中程度です。同様に、森林環境における鳥の個体数の特定の豊富さ、豊富さ、および密度は、電離放射線への曝露レベルの増加とともに減少します。逆に、哺乳類の密度は放射能汚染とは相関していません。大きな有蹄動物(ワピチ、アカシカ、ノロジカ、イノシシ)の個体数は、汚染されていない自然保護区で観察された個体数に匹敵し、オオカミの7倍にもなります。オオカミが受ける放射線を知り、外部被ばくをシミュレートするモデルを検証するために、オオカミのRREPで研究が行われたばかりです。このために、8匹のオオカミが捕獲され、GPS首輪と電子線量計が装備され、2014年11月中旬から2015年5月初旬までの165日から180日の間監視されました。オオカミの平均生息距離は226 km2で、オオカミの中心部です。 。ホームレンジは平均8km2です。オオカミは、時間と空間を超えて、さまざまな量の放射能にさらされます。したがって、オオカミは、追跡中に受けた平均線量の10倍まで12日間曝露されました。実際、オオカミは汚染の程度に関係なく、生存のためにしばしば好ましい環境を持っています。この研究は、モデルが動物がさらされる外部被ばくを過小評価していることを示した。

RREPに動物相が非常に多い場合、それはこの地域の人間による放棄が原因で、狩猟、農林業が停止したのか、それとも電離放射線が動物の個体数に与える影響が少ないのか。科学者たちは、人間の放棄による野生生物への影響を、電離放射線の潜在的な悪影響から分離することは難しいと感じています。種の豊富さと密度の背後には、分子レベルでの有害な影響があります。電離放射線はDNAに直接作用し、遺伝子変異を誘発する可能性があります。また、いわゆる酸化ストレスで細胞に損傷を与える可能性があります。したがって、血球数の異常、脾臓と肝臓、および内分泌系の組織学的変化が微小哺乳動物で観察されています。ツバメでは高率の形態異常(部分的な白皮症、くちばしの奇形、腫瘍)が観察され、生存率も低下しています(2)。さらに、鳥の個体数(サンプリングされた48種の546個体)は、対照地域よりも有意に小さい脳を示し(3)、放射線レベルに応じて白内障が増加します(57種がサンプリングされました)(4)。ある研究では、バッタの子孫が発育、生存、繁殖の成功に異常を示すことも示されています(5)。最後に、多くの感染症の発生により、植物や動物の間で放射能による免疫力の喪失が観察されています(6)。これらの悪影響は主に個人レベルで検出されますが、これらの変化は個体群の維持に影響を与えていないようです。分析のために巣穴で殺された(非常に汚染された)このタヌキの抵抗現象について話してもらえますか?彼は人間にとって致命的な放射能の線量を提示しました!同様に、ある研究では、色の変化によるカエルの適応反応が示されました。立入禁止区域に住むカエルはより暗く、特定の色素が酸化ストレスと戦うのを助けるので、放射線からカエルを保護するかもしれません。

現在まで、電離放射線の潜在的な負の影響を人間が放棄したことによる正の影響を分離するというこの質問に答えるIRSN研究は1つだけです。この研究は、2011年から2014年の期間に被害を受けた福島発電所の周囲50kmで観察された鳥の群集を説明する生態学的データの統計分析に基づいて実施されました。この研究では、鳥の吸収線量と記述的な環境変数、植物周辺の地域の状況(避難地域と非避難地域)、および調査期間が考慮されました。この研究は、吸収線量が人間の有無よりも鳥の総数を減らすことに大きな影響を与えることを示しています。電離放射線により避難したかどうかにかかわらず、鳥の個体数は減少しますが、避難した地域の方が避難していない地域よりも鳥の数が多くなります。

植生に関しては、原子炉の爆発後の最初の6か月間に記録された高線量の放射能だけが樹木に影響を及ぼしました。セシウムが高レベルに達した場所では、幹が曲がり、針が黄色に変わり、針葉樹は特に放射能に敏感でした。針葉樹が存続している可能性のあるひどく汚染された地域では、1993年以来、2〜9歳の若い木の50〜60%が形態異常、すなわち頂芽の喪失を示しています(7)。一方、繁殖能力に関する異常は1995年以降、重大ではありません。RREPの外に播種された松は、屋内に植えられた松よりも速く成長しますが、長期的には、感染した松は発育の遅れに追いつきます。科学者たちはまた、セシウムの10%とストロンチウムの40%が樹木に蓄積され、シダは地衣類よりも多くの放射性核種を蓄積することを発見しました。森林はRREPの51.1%を占めており、今後も拡大していくと思われるかもしれません。 Toutefois, des travaux de suivi de la dynamique forestière spontanée montrent que si le phénomène de reforestation naturelle a bien fonctionné dans les premières années, il semble ralentir actuellement à cause de la couverture herbacée dense (notamment les céréales) dans les anciennes terres agricoles, des sécheresses périodiques qui agissent sur les couches supérieures des sols et de la pression des grands herbivores (bison, élan, cerf).

Les forêts de bouleaux poussent spontanément – photo JC Génot

La répartition des espèces forestières est la suivante : 44,1 % de pinèdes à pin sylvestre issues de plantations dont l’âge moyen est de 55 ans, 7,3 % de chênaies d’origine naturelle ou plantées, 45,3 % de bétulaies (bouleaux) et d’aulnaies naturelles et le reste d’autres feuillus spontanés (frêne, érable, saule, tremble, charme). Les scientifiques de la RREP observent des modifications de ces divers milieux forestiers. Ainsi, les chênes se régénèrent difficilement à cause de l’ombre du sous-étage spontané constitué de charmes et de nerpruns (NDLR : selon Wikipédia, genre d’environ 100 espèces d’arbustes ou de petits arbres de 1 à 10 m de haut) et aussi en raison de la contamination du sol. Les bétulaies sont les forêts les plus représentées avec 30 %, elles ont progressé du fait de leur capacité de colonisation pionnière dans de nombreux milieux tels que champs agricoles, villages, zones inondées artificiellement et progression dans les autres types forestiers. Enfin, les aulnaies marécageuses ont des difficultés à se régénérer naturellement à cause des sécheresses, provoquant de grandes variations du niveau des eaux souterraines et en raison du développement de plantes herbacées denses. Les forêts sont jeunes et seulement 2 % d’entre elles ont plus d’une centaine d’années. Les forêts jouent un grand rôle dans la fixation du césium 137 qui ne s’enfonce pas dans le sol comme l’ont montré récemment des travaux effectués près de Fukushima. Dès lors, les forêts deviennent des réservoirs d’absorption pour ce radionucléide (8).

Plantation de pins sylvestres incendiée – photo JC Génot

C’est pourquoi la surveillance des feux est primordiale pour éviter le relargage dans l’atmosphère des particules radioactives lors d’incendies. Malgré cela, nous avons pu constater des parcelles de pins et de bouleaux entièrement calcinées. D’un côté, ces plantations de pins dans des champs évitent les poussières, de l’autre le pin est très inflammable comme les zones de friche sur les terrains sablonneux lors des périodes sèches en début de printemps et en fin d’été-début d’automne. C’est ce qui s’est produit en avril 2020 côté ukrainien dans la zone d’exclusion avec un feu d’origine humaine qui a brûlé 20 000 ha de végétation et s’est propagé jusqu’à 1,5 km de la centrale. Les autres formations végétales de la réserve sont les champs et les prairies plus ou moins en friche (39,6 %), les marais et zones tourbeuse (3,9 %) et les zones d’eau libre (1,8 %). Notre visite tout début octobre n’a pas permis d’herboriser, mais nous avons pu observer un chenal rempli de châtaignes d’eau, une espèce protégée en Biélorussie. Il existe 45 espèces végétales figurant dans le livre rouge des espèces menacées du pays.

Quel bilan tirer de ces 30 ans de suivi dans la RREP ? Nous n’avions pas besoin d’une catastrophe nucléaire pour nous rendre compte que la nature reprend ses droits quand les humains s’en vont. Le paysage autour de Tchernobyl est celui d’une nature férale qui se développe après abandon des activités humaines. Toutefois, le retour d’espèces absentes de cette région et l’augmentation des effectifs d’autres espèces plus rares à l’époque de l’occupation humaine sont des surprises pour beaucoup d’observateurs. Mais certains résultats montrent que l’abondance et la diversité des espèces peuvent masquer des effets sournois dus aux rayonnements ionisants à moyen et long terme sur des individus, voire les populations de certaines espèces. Seul le suivi continu de la contamination permettra de savoir si, malgré leur faible durée de vie par rapport à celle des humains, la faune subira un effet des radionucléides de longue période.

Nos remerciements vont à Valery Dombroski, Maxim Kudin et Sacha Apanasuk pour nous avoir guidé dans la Réserve radio-écologique d’Etat de Polésie (RREP), et Youri Bogutski et Andreï Prokochin de la réserve naturelle de Berezinsky pour nous avoir permis de nous rendre dans la RREP.

(1) Dombrovski. V.C. 2017. Maternity colonies of Myotis brandtii in the Polesie State Radioecological Reserve. Proceedings of the Theriological School 16 : 144–147.

(2) Møller A.P., Surai P. & Mousseau T.A. 2005. Antioxidants, radiation and mutation as revealed by sperm abnormality in barn swallows from Chernobyl. Proc Biol Sci. 272 : 247-53.

(3) Møller A.P., Bonisoli-Alquati A., Rudolfsen G. & Mousseau T.A. 2011. Chernobyl Birds Have Smaller Brains. PLoS ONE 6 (2) : e16862.

(4) Mousseau T.A. & Møller A.P. 2013. Elevated Frequency of Cataracts in Birds from Chernobyl. Plos One 8 (7) : e66939.

(5) Beasley D.E., Bonisoli-Alquati A., Welch S.M., Møller A.P. & Mousseau T.A. 2012. Effects of parental radiation exposure on developmental instability in grasshoppers. J. Evol. Biol. 25 : 1149-1162.

(6) Geras’kin S.A. 2016. Ecological effects of exposure to enhanced levels of ionizing radiation. Journal of Environmental Radioactivity 162-163 : 347-357.

(7) Zelena L., Sorochinsky B., Arnold von S., Zyl van L. & Clapham D.H. 2005. Indications of limited gene expression in Pinus sylvestris trees from the Chernobyl region. Journal of Environmental Radioactivity 84 : 363–373.

(8) Fukuchi K. & Kon N. 2020. Près de Fukushima, des forêts de césium. Courrier international n° 1566 du 5 au 11 novembre : 30-31


Video: 衝撃絶対に庭に植えてはいけない植物トップ 意外な植物も..驚愕